仕事を知る(公務員・政治・法律/公務員/国会議員政策担当秘書)

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

憧れの職種に関する記事を読んでみよう!

  • 分野を選んでください。

    すべて

    分野を選んで下さい閉じる

  • さらに具体的な職種で絞り込むなら

    すべて すべて

    閉じる

  • 閉じる

「公務員・政治・法律/公務員/国会議員政策担当秘書」の記事

職種を知る国会議員政策担当秘書
国会議員には一人につき3名の公設秘書がいる。政策担当秘書はその一人で国会議員の重要な職務である政策の立案や立法活動をサポートする仕事だ。国会議員が着眼しているテーマについて、自治体や省庁などから情報収集を行って資料をつくる。委員会質問や法案提出の際にはレジュメも作成する。いずれも法的な不備がないかを慎重にチェックしながら進めなければならない。同じ法案づくりに動く国会議員を集めた会合のブッキングも仕事の一つ。長い経験と知識、人脈が求められ、ベテランの議員秘書がこの職に就くことが多い。