気候変動適応に向けたグリーンインフラの経済的価値の評価 - 画像1

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

気候変動適応に向けたグリーンインフラの経済的価値の評価

2020.05.01

提供:京都産業大学

  • 生態系を活かした社会づくりに注目が集まる近年、自然は「守るべき存在」というだけでなく、自然の持つ機能を評価する方法が模索されている。生物学と環境経済学、環境政策学をむすぶことで、社会問題の解決策が生まれる。

    生態系を活かした社会づくりに注目が集まる近年、自然は「守るべき存在」というだけでなく、自然の持つ機能を評価する方法が模索されている。生物学と環境経済学、環境政策学をむすぶことで、社会問題の解決策が生まれる。

次へ
  • 生態系を活かした社会づくりに注目が集まる近年、自然は「守るべき存在」というだけでなく、自然の持つ機能を評価する方法が模索されている。生物学と環境経済学、環境政策学をむすぶことで、社会問題の解決策が生まれる。
  • 雨水を貯める機能を持つ植栽帯。
  • 海外の先進事例を調査する、京都産業大学の西田貴明准教授。パリ、バルセロナ、ロンドン、ブリュッセル、エストニアなど、世界各地のグリーンインフラの成功例を、日本国内でどのように導入・活用するかも重要になる。