日本語を母語としない人々が増えていく社会で、どう共生していくか。 - 画像2

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

日本語を母語としない人々が増えていく社会で、どう共生していくか。

2020.05.01

提供:京都産業大学

  • 京都産業大学の外国語学部アジア言語学科、日本語・コミュニケーション専攻の「日本語教育実習」。外国人に対し、ことばのみに頼らずに日本語を教えることで、コミュニケーション能力を身に付ける。

    京都産業大学の外国語学部アジア言語学科、日本語・コミュニケーション専攻の「日本語教育実習」。外国人に対し、ことばのみに頼らずに日本語を教えることで、コミュニケーション能力を身に付ける。

前へ 次へ
  • 相手が何を知っているのかを考えずに、また、語彙や文の構造などへの配慮をすることなく、無意識に「わかりにくい日本語」を話していないだろうか。自分の母語をコントロールするのも「語学力」のひとつである。
  • 京都産業大学の外国語学部アジア言語学科、日本語・コミュニケーション専攻の「日本語教育実習」。外国人に対し、ことばのみに頼らずに日本語を教えることで、コミュニケーション能力を身に付ける。
  • グループワークを通して、日本語を客観的に分析していく授業。その学びは、多様な価値観や文化を持った人とかかわる力、人と人とのコミュニケーションにおけるさまざまな問題を解決する力にもつながる。