デキる人は塾に行かない!? 高得点が狙える受験勉強法!

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

デキる人は塾に行かない!? 高得点が狙える受験勉強法!

2015.07.15

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

デキる人は塾に行かない!? 高得点が狙える受験勉強法!

学校の授業を最大限活用すれば、受験対策はバッチリできます。授業、宿題、試験に焦点を絞って、効率を上げます。授業中に居眠りして夜塾に行くより、効果的な勉強法を紹介します。

この記事をまとめると

  • 授業中のノートの取り方で学習効率アップ
  • 自宅学習は宿題を徹底的に
  • 模擬試験は復習用ノートを作ろう

成績向上の工夫は授業の受け方の見直しから

皆さんの中に、1週間に何日も塾に通い、忙しい毎日を過ごしている人はいませんか。また、「友達の中には、塾に通わずに勉強しているのに自分より成績がいつも上だ」と悩んでいる人もいるでしょう。受験勉強は限られた時間で最大の成果を上げないといけませんね。そのためには効率よく受験勉強を進める必要があります。まずは第一に、学校での学習において,効率を上げることを考えましょう。

まず、授業の受け方です。授業ではポイントを押さえながらノートをとりましょう。集中して取り組むと、ここだ!!と思える箇所を見出せるはずです。それは、先生の言葉や語調で分かるはずです。もちろん予習していればもっと明確にポイントがつかめます。

さらに先生の説明を聞いていても分からない部分もしっかりノートに記録しましょう。これも大切な作業です。ノートをとると一言でいっても単に黒板を写すということではありません。1時間の授業で自分の頭が働いていることの記録なのです。このような活動が、あなたの知識や記憶を確かなものにしていきます。

宿題で基礎力の確立を

日常の学習では、宿題が出されると思います。皆さんの中には、「宿題が多い」とか「宿題で自分の勉強ができない」などと考えている人はいませんか。そうではなく、一番大事な学習内容を先生がよく考えて課すのが宿題です。大切にしないといけません。初めて学ぶときは、どんな時も類題やここがポイントという内容を繰り返し練習することで本当に理解できるものです。従って宿題はあなたの学習すべき内容を示してくれる道しるべなのです。

ですから、宿題が出たときは、学校から帰ってすぐに取り組みましょう。分からないところがあったらしめたものです。それが分かるまで教科書、教科書傍用問題集、参考書で徹底的に復習しましょう。分からなかった内容などは記録しておくと後で活用できますね。そうすると十分に理解が進むはずです。この繰り返しであなたに基礎力が着実に身につきます。ここで苦労しただけ本物の実力がついていくのです。受験勉強という別物が存在するのではありません。宿題の完全なる消化も受験勉強の一つなのです。

模試は入試の入り口

受験には基礎力は当然必要ですが、それは毎日の授業中心の学習の中で身につけないといけません。しかし、入試問題となると、ほかにも準備が必要です。基礎的知識が活用できるための訓練が必要です。それに、限られた時間内での解答力も必要ですね。ここでは模擬試験の活用を考えます。

模擬試験も定期試験と同じように必ず準備をして受けてください。模擬試験は、これまでの学習の成果を確認する場面といえるでしょう。しかし結果だけに一喜一憂するだけではいけません。これほど受験に直結した場面はないのです。制限時間一杯しっかり集中して解答するのですから一番入試に近い環境での勉強といえます。その結果を大切に保管し、復習用ノートも作ってください。次の模試を受ける際にも見直していくようにしましょう。これらの継続で、次第に分からない問題が解消され、知識量も増加していきます。入試に対応できる実力が付いてきます。


受験勉強対策といってもまずは学校の授業をおろそかにせず、ノートをきちんととる、宿題はすぐに取り組み復習を欠かさない、といった勉強の基本スタイルを確立し、入試問題対策には模試を最大限活用すれば、必ずしも塾に通わなくても、効果的に受験勉強に取り組むことができるはずです。