緑で春らしく! 100円ショップで手に入る植物をインテリアに取り入れてみた!

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

緑で春らしく! 100円ショップで手に入る植物をインテリアに取り入れてみた!

2016.02.29

提供元:マイナビ進学編集部

緑で春らしく! 100円ショップで手に入る植物をインテリアに取り入れてみた!

みなさんにもおなじみの100円ショップ。実はここで、お部屋のインテリアのアクセントになるような、さまざまな種類の「フェイクグリーン」を購入することができるのをご存じですか? フェイクグリーンとは、その名の通り、本物の植物に似せた、植物をかたどったクッズのこと。まるで本物の植物のような見た目が特徴的です。最近人気のある多肉系(サボテンなど)やアイビーなどまで幅広くそろえることが可能です。

今回は、緑のある生活を楽しめむため、3種類のフェイクグリーンを使ったインテリアコーディネートを実際にやってみました!

この記事をまとめると

  • 緑を置くだけで、部屋の見た目や印象を変えられるかも?
  • 100円ショップには、お部屋のコーディネートに役立つアイテムがある
  • 気軽にいろいろ試して、自分好みのインテリアづくりができる

プランター付きのフェイクグリーンで、手軽に緑のある生活を楽しもう!

プランター付きのフェイクグリーン

プランター付きのフェイクグリーン

では、具体的にはどんなふうにお部屋でコーディネートをすればいいのでしょうか? まずは一番扱いやすいともいえる、こんな形のフェイクグリーン。写真のように、グリーンと鉢がセットになっているこのような形であれば、お部屋にそのまま置くだけでもしっかり空間を演出してくれるんです。

ポイントは、正面を向けてただ並べるのではなく、写真のように少し斜めに配置すること。あとは近くに暖色系のものを置いたりすると、コントラストが美しくフェイクグリーンの自然な緑が一層引き立ちます。こちらの商品は100円ショップの中でも200円の商品でしたが、しかし200円でお部屋の一部をイメチェンできるのならば、とってもお手ごろですよね。棚の中にさりげなく置いてもおしゃれに見えそうです。

意外と使い勝手がいい? リング型のフェイクグリーンを有効活用!

リング型のフェイクグリーンを活用

リング型のフェイクグリーンを活用

次は、リング型(輪っか状)のフェイクグリーンを使用してみました。リング型なんて、どう使ったらいいか分からなくなってしまいそうですよね? でもご安心ください。実はこの形、さまざまな用途に応用できるんです。

その中でも、今回は少し珍しい使い方をしてみましたよ。まずは、木の様な質感のカップスタンドを用意します。マグカップなどをここに吊るして、ディスプレイしながら保管することができる優れもののインテリアアイテムです。この先端部分に、リング型のフェイクグリーンを被せてみると……? 少し寂しめな印象だったカップスタンドが、緑が気持ちいい、健やかな雰囲気に変身しました。

ほかにも、既存のグリーンの中に、リングを隠すように埋め込んでアクセントにしたり、ドアノブやフックなどにもそのまま掛けることができそうです。リング型のフェイクグリーンは、みなさんのお部屋に合わせて、意外なところにマッチしそうですね。

フェイクグリーンと100円ショップの花瓶でコーディネート

100円ショップの花瓶でフェイクグリーンをコーディネート

100円ショップの花瓶でフェイクグリーンをコーディネート

最後はちょっとしたアレンジテクニックをご紹介します。100円ショップの商品同士の組み合わせで楽しむ方法です。

今回用意したのは、最近人気のある、ぷくぷくした葉っぱがかわいい多肉系のフェイクグリーンと、小さめの飴色のガラス瓶。花瓶はちょっとしたビンテージっぽさもあっていい感じ。これらはそれぞれ100円ショップで手に入れることができます。写真のようにそのまま中にグリーンを入れて組み合わせ、今回は透き通るようなイメージで統一してみました。

白をべースにしたガラスのテーブルの上に、先ほど組み合わせたグリーンを置きます。透明なガラスと、涼しげな飴色のフェイクグリーンの組み合わせ、清潔感たっぷりのコーディネートになりました!

ポイントは、花瓶の形とフェイクグリーンのボリュームのバランスです。今回のコーディネートでは、下に重心があり、上に向かって細くなっていく花瓶に対して、ボリュームのあるフェイクグリーンを合わせることによって、全体のバランスを保っているんです。お部屋の中にあるものとのバランスを考えながらコーディネートができるようになれば、みなさんももうインテリア上級者ですね!

今回は、大きく分けて3種類のフェイクグリーンの使い方を紹介してきましたが、100円ショップで手に入るものなら、まず何よりも値段がお手ごろで気軽にチャレンジできるのが魅力的ですよね! お店に行って、自分のお気に入りのフェイクグリーンを探す楽しさと、そのグリーンに合いそうなアイテムも併せて探す楽しさ。インテリアのセンスを磨くいい機会にもなりそうです。どの場所に、どのような色で、どのような形のフェイクグリーンを置くのがいいか……自分で試行錯誤しながら、組み合わせ次第で無限大のパターンで空間を演出することができるはずですよ。

このようにインテリアの組み合わせや配置によって、部屋をはじめとした住空間を演出するのが、インテリアコーディネーターという職業の人たちです。そこに住む人にとって快適な空間を演出するために、家具や植物、照明器具などをコーディネートする、インテリアのプロフェッショナルといえる存在です。インテリアコーディネーターの仕事に興味が湧いた人は、今回ご紹介したフェイクグリーンを通して、自分なりにインテリアをコーディネートしてみるときっと楽しいはずですよ。

この記事のテーマ
建築・土木・インテリア」を解説

建築や土木に関する技術を中心に学ぶ分野と、インテリアコーディネイトなどデザインを中心に学ぶ分野の2つに大きく分かれます。資格取得のために学ぶことは、建築やインテリアの設計やプランニングに必要な専門知識、CADの使い方などが中心です。どちらの分野も依頼主の要望を具体化できる幅広い知識とコミュニケーション能力も求められます。

「建築・土木・インテリア」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「インテリアコーディネーター」
はこんな仕事です

主に住宅のインテリアについて、知識とセンスを生かして適切にアドバイスする仕事。「どのような暮らしがしたいか」をヒアリングした上で、その人のライフスタイルに即した住空間のイメージプランを提案する。家具、カーテン、壁紙、照明などを含むインテリアをトータルにプロデュースしていくため、幅広い商品知識が必須となる。また、インテリアコーディネーター自身の生活体験が豊かであることが、アドバイスの説得力につながることもある。

「インテリアコーディネーター」について詳しく見る