アプリで発音や聞き取りが上達!? スマホを使って英会話学習してみた!

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

アプリで発音や聞き取りが上達!? スマホを使って英会話学習してみた!

2016.03.04

提供元:マイナビ進学編集部

アプリで発音や聞き取りが上達!? スマホを使って英会話学習してみた!

みなさんは、「英語の勉強」と聞くと、どんなことを思い浮かべますか? きっと、文法問題や単語の書き取りを連想した人がいるでしょう。また、英語の長文読解をイメージした人も多いかもしれませんね。そのように、今までは日本においては「読み」「書き」を中心とした英語教育が行われていました。しかし、最近の流れとして、英語で「話す」「聞く」ことも重要視されてきています。

この記事をまとめると

  • TOEICスコアのアップに最適なアプリと、RPGを遊びながら英語が学べるアプリをご紹介
  • 難易度の高い「r」と「l」、「b」と「v」の聞き分けに特化したアプリもある
  • 楽しい学習アプリなら、繰り返しの勉強も苦にならない!

英語で「話す」「聞く」能力が求められている?

大学の入学試験における「TOEIC」の利用は、その一つの例といえます。TOEICは、リスニング・リーディングの能力を測るテスト、TOEIC S&Wは、スピーキングとライティングの能力を測るテストです。現在、日本の一部の大学では、TOEICで一定以上のスコアをとると、入試で優遇されることもあります。英語で「話す」「聞く」能力を鍛えれば、今後、役に立つときがくるかもしれませんね。そこで、今回は「英会話学習」にぴったりのアプリを探して、実際に使ってみたのでレポートします。

「TOEIC presents English Upgrader」

「TOEIC presents English Upgrader」

「TOEIC presents English Upgrader」

英会話をはじめるとき、まず目標にしたいのがTOEICのスコアアップです。TOEICには「リスニングセクション」と呼ばれるPart1~4で構成される問題群があります(さらに「リーディングセクション」と呼ばれるPart5〜7を加え、全体を構成)。「TOEIC presents English Upgrader」は、その内の「Part3」「Part4」対策にピッタリのアプリです。

TOEICの「Part3」は会話文の問題。問題用紙に英語で書かれている3つの問題と選択肢を瞬時に読みつつ、聞き取りもする必要があります。「Part4」は30秒弱~40秒を超える長時間の英文内容を聞き取らなければいけません。両方とも、しっかり対策をしていないと点数を取るのは厳しい問題です。

このアプリでは、Part3や4に類似した英文や会話集を多数収録。リスニングモードにおいては、解説役の人が「語法のポイント」を解説してくれるのですが、話し方が非常にうまい上に、ラジオ風の構成になっているので、教材にありがちな無機質な印象はなく、何度でも聞きたくなります。流された文章の「英語」「日本語訳」「フレーズ一覧」も確認することができ、耳だけでなく目で重要ポイントをチェックすることも可能。さらに、「理解度チェッククイズ」で定着度を判定できるという親切設計になっています。

日本でTOEIC試験を実施している「一般財団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会」が提供しているので、信頼度もバツグン。「TOEICのPart3、Part4で得点をかせぎたい!」という人は必須のアプリなのではないでしょうか。

「英語リスニングRPG トイクルヒーロー」

「英語リスニングRPG トイクルヒーロー」

「英語リスニングRPG トイクルヒーロー」

遊びながら、学びたいという人にオススメなのが「英語リスニングRPG トイクルヒーロー」。レトロなグラフィックのRPGを楽しみながら、TOEICに向けたリスニングの対策ができるという新感覚の英語アプリです。

このゲームの主人公は、サラリーマン。TOEICのスコアを上げるように上司から命じられ、英語が苦手なためにげんなりきていました。そんな主人公は、週末にRPGのゲームで遊びながら居眠りをしてしまいます。ふと目が覚めると、なんと謎の王国「トイクル王国」の王子になっていたのです。主人公は、王様から「皇帝ドルドラン」を倒すように命令され、冒険の旅に出ることになります。

街の外に出ると、そこにはモンスターがウヨウヨ。普通のゲームであれば剣や魔法で攻撃して倒していくところです。でも、このゲームは一味違います。モンスターが、TOEIC頻出の英単語をネイティブ並みの発音で言ってくるので、5択の中から正答を選びます。正解すれば、敵にダメージを与えることができるというシステムです。「heavy」と「hobby」など聞き分けがしづらい単語も多いので、遊びながらしっかりとリスニングの力を鍛えることが可能。冒険を進めた先の街で、人々がリスニングのコツを教えてくれるのもRPGらしくて楽しいです。

シリーズものとして、発音力を鍛えるRPG「英語発音RPG トイクルクエスト」もリリースされています。こちらは、iPhoneに搭載されたsiri(音声認識機能)を使い、スピーキングの力をつけられるアプリ。「トイクルヒーロー」と合わせて遊べば、TOEIC対策は鬼に金棒かもしれませんね!
(※2017年1月現在、iPhoneのみ対応)

「英語耳ゲー & 英語耳ゲー2」

「英語耳ゲー & 英語耳ゲー2」

「英語耳ゲー & 英語耳ゲー2」

リスニング能力が高い人でも苦労をするのが、「r」と「l」の聞き分け、「b」と「v」の聞き分けです。どちらも、日本語においては区別しない音なので、きちんと聞き分けるのは至難の業と言われています。

この2パターンの聞き分けのみに特化したアプリが「英語耳ゲー」(rとlの聞き分け)と「英語耳ゲー2」(bとvの聞き分け)です。開始すると英単語の音声が流れるのですが、選択肢が「fry」&「fly」、「pray」&「play」、「grass」&「glass」といった紛らわしいものばかり。筆者は全然正解することができませんでした……。簡単そうに見えて意外と聞き取れないので、ムキになって何度もやってしまいます。シンプルながら、繰り返しプレイしたくなるアプリです。

語学の技術を磨くには、「楽しんだもの勝ち」?

今回、紹介した3つのアプリの共通点は、「楽しんで勉強できる」ことです。「TOEIC presents English Upgrader」は、ラジオ風になっていて親しみやすく、「トイクルヒーロー」はゲーム性が高かったですし、「英語耳ゲー」は何度でもやってみたくなる仕組みになっています。しかも、どれも面白いだけでなく、リスニング力、スピーキング力もつきそうです。一般的に勉強においては、繰り返しが大事と言われていますが、楽しんで勉強できるこれらのアプリなら反復学習も苦にならないと思います。

楽しいアプリで英語力がアップしたあなたは、大学ではさらにほかの語学の勉強に力を注いでみてもいいかもしれませんね。フランス語やスペイン語、ドイツ語、中国語といった語学の学習アプリも続々リリースされています。

これらの語学学習に役立つアプリを使って、ぜひ楽しく学んでみてくださいね。

この記事のテーマ
語学・外国語」を解説

世界中にはさまざまな言語が存在します。言語は思考の原点ですから、それだけ多くの考え方が世界にはあり、言語の数だけさまざまな文化が存在するということです。世界中の人々が幸福に生活するためには、相互理解が欠かせません。その架け橋となるのが語学です。言語の成り立ちや文法、発音などの構造的な特徴を追究し、外国語を習得してコミュニケーション能力を高めることで、国際人としてのグローバルな視野を養います。

「語学・外国語」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「語学(外国語)」
はこんな学問です

専攻する言語を選び、その言語を高いレベルで使いこなせる能力を習得する学問。文法や構造、意味など言語学的な観点からの研究のほか、各言語が使われる地域の歴史や政治、文化なども研究することで、世界への理解を深めることにもつながる。また、言語社会心理や言語教育などより深く踏み込んだ視点からの応用研究を行う学校もある。古典小説などの読解力よりも、実用的な語学力に重点を置く学校が多い。

「語学(外国語)」について詳しく見る