あの芸能人もそうだった! レースカーの大会で、車の横に立っている美女たちって何のためにいるの?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

あの芸能人もそうだった! レースカーの大会で、車の横に立っている美女たちって何のためにいるの?

2016.02.26

提供元:マイナビ進学編集部

あの芸能人もそうだった! レースカーの大会で、車の横に立っている美女たちって何のためにいるの?

レースカーの大会では、車と一緒に美女が写っていることを見たことがあるかもしれません。一体なぜ美女が一緒にいるのでしょうか?

この記事をまとめると

  • ビールの売り子で有名なタレント・おのののかさんは、実はレースクイーンでもあった
  • レースクイーンは華やかなだけでなく、精神的にも体力的にもタフさが求められる
  • レースクイーンの経験が、タレントになって生かされることもある

おのののかさんもやっていた「レースクイーン」ってどんな仕事なの?

多くのバラエティー番組に多数ゲスト出演し、人気を集めているタレントの“おのののか”さん。

雑誌の表紙を飾ったりグラビアに登場したりと、大活躍している彼女は、東京ドームでビールの売り子をしていたことで有名ですが、実はレースクイーンとしても活動していた時期があるのだそうです。F1などのカーレースだけでなく、モーターショーなど、たびたびニュースなどでも見かけることの多いレースクイーンとはどんな仕事なのかをご紹介します。

レースクイーンは1960年代から世界各国のカーレースに存在していましたが、当時は人数も少ない上に肌の露出など目立つ要素がなく、あまり注目はされていませんでした。しかし1980年代中盤、日本の鈴鹿サーキットにチームのロゴが入った水着にハイヒール姿の女性が登場したことをきっかけに、徐々に日本国内のサーキット場にはハイレグ水着(ウエストラインとヒップラインの中間点あたりまで切り込まれて、鋭角ラインになっているもの)に身を包んだレースクイーンが増えていったのです。

1989年から90年代にかけて、「日清カップヌードルレーシングチーム」所属のレースクイーンとして有名になった岡本夏生さんは、現在でもテレビタレントとして活躍しています。このようにレースクイーンとして人気を得たことをきっかけとして芸能界入りしている人も多くいます。

レースクイーンは華やかなだけでなく、ハードな仕事

レースクイーンの仕事内容は意外と詳しく知られていません。彼女たちの主な役割は、サーキット場ではチームのロゴが入った華やかなコスチュームを着てドライバーのために日傘をさしたり、車の横に立って写真に写ったりするなど、チームの広報活動をすることです。そのため、ただ笑顔で立っているだけでなく、チームやスポンサーについての宣伝にまつわるいろいろなことに関わることになります。イベントのステージでトークを行ったり、雑誌やテレビ、ラジオの取材を受けたりするだけでなく、サーキットを訪れたファンへのサービスも彼女たちの仕事です。

サーキット会場にいる間は、ファンに写真撮影を頼まれたりすることもあり、休憩する時間がないほど忙しいこともあるようです。また、夏は暑く冬は寒い中でも露出多めのコスチュームでいなければいけませんし、多くのレースクイーンが参加するレースの場合には特別な控室などが用意されていない場合もあり、トイレで着替えやメイクを自分で済ませることもあるなど、見た目は華やかでも中身はかなりハードで精神的にも体力的にもタフさが求められるようです。

レースクイーンとして培ったものが芸能界で活かされることもある

レースクイーンになるには、アルバイトとして募集が行われたり、モデル事務所に所属してオーディションを受けたりと、内容によってさまざまなケースがあります。レースクイーンを入り口として芸能界への転身を希望している人も多く、イベントコンパニオンやアシスタント、撮影会モデルなどもやりながら芸能界入りするチャンスを待っているようです。

おのさんのようにレースクイーンを経験している人が芸能界でタレントとしても成功することもあります。タレントを目指している人は、レースクイーンをはじめとした、さまざまなイベントで活躍する華やかな女性たちの立ち振る舞いに注目することで、たくさんの人に愛されるタレントとしての素養を身につけることができるかもしれませんよ。

この記事のテーマ
音楽・イベント」を解説

エンターテイメントを作り出すため、職種に応じた専門知識や技術を学び、作品制作や企画立案のスキル、表現力を磨きます。音楽制作では、作詞・作曲・編曲などの楽曲づくりのほか、レコーディングやライブでの音響機器の操作を学びます。舞台制作では、演劇やダンスなどの演出のほか、舞台装置の使い方を学びます。楽器の製作・修理もこの分野です。

「音楽・イベント」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「イベントコンパニオン」
はこんな仕事です

モーターショーなど各種の展示会やレセプション、キャンペーン会場や量販店店頭で、コスチュームを着て展示品の説明や新商品のサンプル配布、受付などを行う仕事。容姿やプロポーションが注目を集め、被写体になる機会も多いため華やかに見られがちだが、長時間の立ち姿勢と笑顔の接客が基本のため、体力勝負の面もある。また、ほとんどは正社員としての雇用ではなく派遣事務所に登録後、催事ごとのオーディションと研修を経て開催地に赴く短期契約。給与は日給や時給で換算。語学が堪能だと高給になる傾向にある。

「イベントコンパニオン」について詳しく見る