みんなからよく思われたい……! 周りをついつい気にしちゃう人の「自意識」っていったい何?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

みんなからよく思われたい……! 周りをついつい気にしちゃう人の「自意識」っていったい何?

2016.03.02

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

みんなからよく思われたい……! 周りをついつい気にしちゃう人の「自意識」っていったい何?

「人からよく思われるためには、どうすればいいんだろう?」といった気持ちを持っている人はきっと多いはず。これらの感情に大きく関わる「自意識」とはどういうものなのでしょうか?

この記事をまとめると

  • 自己意識を持つことは自分のアイデンティティに目覚めること
  • 自意識過剰な人の気持ちの根底には、不安や恐怖があるのかも
  • 心理学を学ぶことで、精神面の健康を手助けできる知識が身に付く

人が自分をどう思っているのかが気になる「自意識」とはどんなものなのか?

無邪気に遊んでいた小さい子どものころ。しかし年齢を重ねていくと、いつの間にか「自分は周りからどう思われているのだろう?」と気になるようになってきます。近年だと、ツイッターやフェイスブックなどのSNS上でも、人からどう思われているのか、人によく思われるためにはどうしたら良いのだろうか、ついつい気にしてしまう人も多いのではないでしょうか? そんな感情を私たちは「自意識」と呼んでいます。しかしこれは本来のものから派生して生まれた言葉で、心理学の用語で、正確には「自己意識」と言います。いったいどんなものなのでしょうか?

思春期になると、それまでは外に向けられてきた自分の目が、外部を見るのと同じように自分自身に向くようになります。その時期になって、それまでは気づかなかった自分のことを意識するようになることを「自己意識」と言います。自己意識を持つことにより、他人には見えない自分の内面的なことに考えるようになり、社会的な自我、「アイデンティティ」を確立しようとします。

自己意識を持つようになると、時には過度に自分自身を意識してしまう「自意識過剰」になってしまうこともあります。私たちが「自意識過剰な人」というと「自信がある人」と勘違いしがちですが、むしろ他人から自分がどう見られているのかを気にし過ぎたり、必要以上に人目を気にし過ぎたりしてしまうため、堂々と行動できないタイプの人が当てはまります。イメージする「自意識過剰な人」とは、むしろ真逆のイメージかもしれませんね。

自意識過剰な人の気持ちの根底には不安や恐怖がある

自意識過剰になってしまうのは、過去に大きな失敗したことや人から強く怒られて注意されたことが心の傷になっていることが原因である場合があります。それが理由となって他人と自分を比較して劣等感を抱いてしまい、社会的な立場を守るためには人に嫌われたくない、という怖さや不安を感じてしまうのです。そうした気持ちから、必要以上に自分を大きく見せようとしたり、見栄を張った発言をしてしまったり、自分がいかに個性的なのかをアピールしてみたりと、自意識過剰な発言をしてしまうのです。

「電車で向かいに座った人がこちらを気にしているのでは?」「前から歩いてくる人に変な人だと思われていないか?」など、自意識過剰な人は社会に出て関わる人のすべてが自分を気にしていると思いがちです。こうした状態が続くと、胸がドキドキして止まらなくなって息苦しくなったり、手が震えたり、汗を大量にかいたりするなど、体に悪い影響が出てしまう場合もあります。

こうした状態を改善するには、不安になっている原因を知ることが大事です。以前に人に嫌われてしまった経験があるのなら、その人と他の人は違うんだ、そもそも誰からも好かれることなんて無理なんだ、と思うようにしたり、授業や部活で失敗したことが原因ならば、また新しい仕事で頑張ればいい、あんなに恥ずかしい経験をしたんだからこれ以上怖いことなんてない、と思ったりと、その原因を意識して取り除いていくことで、徐々に自分自身を取り戻し、自意識から解放されていけるようにするのです。

精神面の健康を手助けできる知識を身につける「心理学」

ただし、自意識が全くないのも問題です。自意識がないと、人目をまったく気にしなくなり、服装や身だしなみもどうでもよくなってしまいます。これでは単なる不潔で迷惑な人間になってしまいますよね。自意識は適度に持っておき、上手く付き合っていくことが大事なのです。どうしても人目を気にしてしまうというあなたも、そう思うことにすれば少しだけ気持ちが楽になりませんか?

こうした人間の意識下にある心理を研究する学問を「心理学」といいます。心理学を学ぶと、人間が生活を送る上で、とても大切な精神面の健康を専門的な知識を使って手助けすることができます。現代では、うつ病など精神疾患にかかってしまう人が増えています。心理学を学び、研究することで、心と考え方から人を見つめ直し、社会貢献していくことができるかもしれませんね。

この記事のテーマ
人間・心理」を解説

人を研究対象として、人間の心理や身体、人間が作る社会集団、生活の特徴やあり方を研究します。人間科学は、人間という存在や関係性そのものを研究し、学習範囲は栄養学から文化人類学、スポーツ科学まで広範囲にわたります。心理学は人間の心や行動の特徴を分析・解明します。ストレス社会と呼ばれ、心の病に苦しむ人が増加している現代では、なかでも臨床心理学の重要性が注目されています。人間の存在意義の基礎となる学問です。

「人間・心理」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「心理学」
はこんな学問です

人間の心理や行動がどのような原理で動いているのかを研究する学問である。それにはさまざまなアプローチがある。たとえば、認知心理学では対象を知覚してから言語化するまでの作用を情報処理のプロセスとして理解する。発達心理学は人間が誕生してから死ぬまでの心の変化が何によるのかを探究する。臨床心理学は心のバランスを崩してしまった人の状態の改善をめざす。志望校に自分の本当に学びたい心理学があるかどうかを必ず確認することことが大切だ。

「心理学」について詳しく見る