冷蔵庫にあるもので簡単アレンジ? 焼き芋に○○をちょい足ししてみた!

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

冷蔵庫にあるもので簡単アレンジ? 焼き芋に○○をちょい足ししてみた!

2016.03.02

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

冷蔵庫にあるもので簡単アレンジ? 焼き芋に○○をちょい足ししてみた!

まだまだ寒い冬場に人気がある、昔ながらのおやつといえば、焼き芋です。最近では移動販売のトラックだけでなく、スーパーやコンビニでも販売しているのを目にします。甘くておいしい焼き芋ですが、「たまには変わった食べ方をしてみたい!」と考える人もいるかもしれません。

そこで今回、いつもと違う楽しみ方として、ネットでも話題になっている“ちょい足しアレンジ”を実際に試してみました!

この記事をまとめると

  • 焼き芋に合うちょい足しアレンジに挑戦してみた
  • 甘い系の調味料は焼き芋によく合う
  • チーズやキムチなどの変わり種にも挑戦

どのお家にもありそうな、甘い調味料は間違いない!?

ハチミツと生クリームをちょい足し

ハチミツと生クリームをちょい足し

まず初めに試してみたのは、多くの家庭に常備されていそうな甘い系の調味料、ハチミツと生クリームです。買ってきた焼き芋を割って、断面に乗せて一緒に食べてみました!

まずはハチミツ。こちらは想像通り、ずばり「間違いない」お味。もともと甘みのある焼き芋に、他の調味料に比べて添加物の少ないハチミツならではのやさしい甘さがマッチします。また、サツマイモに加えて、ハチミツも栄養価が高いことで知られる食品。この組み合わせはただのおやつとしてではなく、まるで健康食品としても役目を果たしてくれそうな勢いです。

また、生クリームもハチミツ同様、焼き芋と相性がよさそうな組み合わせ。実際に食べてみると、クリーミーさが加わってマイルドな味わいでした。サツマイモの種類にもよりますが、焼き芋のなかには水分の少ないぱさぱさした口当たりのものもありますが、そんなときに生クリームをプラスするとなめらかな口当たりに変身してくれそうです。今回は市販のホイップクリームを使用したのですが、液状の生クリームからホイップすれば砂糖の量も調整できますね。お菓子づくりなどをして生クリームが余ってしまったときにも試したいちょい足しです。

ちょっぴりゴージャスに? 和菓子の材料も相性◎

つぶあんときなこクリームをちょい足し

つぶあんときなこクリームをちょい足し

サツマイモの和菓子などもあるくらいなので、和風の甘味材料も合うのでは……? と思い、高校生にもなじみのありそうな“あんこ”と“きなこ”をチョイス。今回はどちらもスーパーですぐに手に入るつぶあん(ゆで小豆)と、ペースト上に加工されたきな粉クリームを用意しました。

もともとボリューミーなつぶあんは、焼き芋に乗せるとそれだけでなんだか豪華な雰囲気に。見た目のよさだけでなく、食べてみた感想も文句なしでおいしかったです。小豆が焼き芋からゴロゴロとこぼれやすいので、皮をむいた焼き芋の側面に乗せるようにすると食べやすいです。筒状のサツマイモですが、横ではなく縦に割るのもいいかもしれませんね。これにさらに生クリームも追加したら、ちょっとしたデザートのようになりそう。

また、きな粉のほうは、こちらも味はグッド! アッと驚くような味の変化はありませんが、うまい具合にどちらもケンカせず、それぞれのおいしさを維持したまま共存しているイメージです。ペース状でなくとも、冬場のお餅にトッピングしていたきな粉を応用して、焼き芋に振りかけてみてもおいしそうです。

まるでお惣菜のよう!? しょっぱい系のトッピングも意外といける!?

キムチとチーズをちょい足し

キムチとチーズをちょい足し

あれこれちょい足しを試して調子がよくなってきたので、最後にちょっとだけ冒険してみました。これだけ万能な焼き芋なので、甘いものでなくてもおいしくなるのでは……?そんな期待を込めてチャレンジしてみたのは、チーズとキムチのちょい足しです。材料からして、一気にお惣菜っぽくなってきましたね。

まずはキムチ。割った焼き芋にそっと乗せ、一口かじってみます。感想としては、決してまずいわけではないのですが、キムチの味の強さに焼き芋がやや負けてしまっている印象。強いていえば、焼き芋の甘みと食感が加わって、辛味の強いキムチをマイルドにしてくれる効果はありそう。

気をとりなおしてチーズの感想です! 今回試したのは、とろけるタイプのチーズ。焼き芋自体がそれほどアツアツではない場合はフライパンにごく少量の水を入れ、そこにチーズを乗せた焼き芋を入れて軽く温めると、チーズがちょうどよく溶けて焼き芋に密着してくれます。味は、塩気のあるスイートポテトをイメージしてもらうと分かりやすいと思います。チーズの味がバターに似た役割を果たしているからでしょうか。本物のスイートポテトよりも材料が少ないのでさっぱりとした味わいです。もっとお惣菜らしくするのには、コショウを振ってみてもいいかもしれません。

焼き芋のちょい足しアレンジ、いかがでしたか? 試してみたら、意外といろいろなものに合うことが分かり、大きな発見でした。今回使った調味料のほかにもおいしいちょい足しアレンジがまだまだたくさんありそうです。

このように食べ物のおいしい組み合わせを考えたり、調理の仕方を考えたりするるのは、レストランのシェフやパティシエの人たちが日ごろ行っていることです。おいしく食べるための調理法だけでなく、栄養学などの観点からもより効果的な調理、そしてその技術を学ぶ学問を「調理学」といいます。「調理学」を学ぶことで、まだ見ぬちょい足しのような、多くの人々にとって新鮮でおいしい組み合わせや調理法をあなたが発見できるかもしれませんよ。

この記事のテーマ
栄養・食物」を解説

食べることから健康な生活にアプローチすることを目的としています。ただ生きるために食べるのではなく、より良く生きるために食べるという考え方です。栄養学は食物に含まれる栄養素について学び、生理学の知識を踏まえ、適切な栄養指導を行います。そのためには栄養学や病理学などの広範な知識も必要です。食物学では人によっては摂取しにくい食材を食べやすくしたり、よりおいしく食べるための調理方法の研究なども行います。

「栄養・食物」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「調理学」
はこんな学問です

おいしく食べられる調理方法だけでなく、栄養学などの観点からも適切でより効果的な調理理論、技術を学ぶ学問。調理過程における食材の化学変化などを研究し、食材の本来の風味や食感、色合いなどを生かし、かつ必要な栄養を十分に得るために必要なことを学習する。器具、設備、切る・混ぜるなどの取り扱い方法、加熱方法、保存方法などを科学の視点から追究する。調理士のほか、管理栄養士、フードコーディネーターなどへ進む道がある。

「調理学」について詳しく見る