女性に大人気! 在学中でも取得できる資格「医療事務管理士」

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

女性に大人気! 在学中でも取得できる資格「医療事務管理士」

2016.03.02

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

女性に大人気! 在学中でも取得できる資格「医療事務管理士」

みなさんは「医療事務」と聞くと、何をイメージしますか? 医療事務は診療費の計算や受付など、病院のさまざまな場所で活躍する欠かせない存在なんです。今回は、高校在学中にも取得でき、さらに、就職のしやすさではトップクラスとも言われている医療事務について紹介します!

この記事をまとめると

  • 医療事務は「就職しやすい仕事」として認知度が広まっている
  • 医療事務の資格には数多くの種類があり、何がやりたいかで職種が選べる
  • 女性に人気の秘密は、結婚後・出産後の仕事選びに最適だから

医療事務のニーズがすごい!

現在病院は、あちらこちらで見かけているコンビニエンスストアの4倍以上の数を占めていること※をご存じでしょうか? 好況であろうと不況であろうと、病院は誰しもが病気になると利用する施設でもあり、医療施設数も常に安定しているそうです。そんな中、人口に並行して増えていく病院を支える医療事務の仕事が大人気! この資格さえあれば、就職することも難しくはないと言われています。病院は全国どこにでもあるため「就職しやすい仕事」として認知度が広まっているのだそうです。

※参照「tak-tak-world」(http://tak-tak-world.txt-nifty.com/log/2005/07/post_28eb.html)

医療事務の資格について

では次に、「医療事務」にひもづく資格の種類について紹介しましょう。実は医療事務の資格は数多く存在しています。その中でも、下記の資格は、いずれも国家資格ではなく民間資格と呼ばれるものです。これらの資格は、さらに医科と歯科に分かれているため、専門知識が多いことから、自分のやりたいと思う資格内容に特化して勉強するとこが良いと言われています。なので、3つの資格ともに受験資格はとくに指定がないため、余裕のある週末や長期休みを利用して、勉強・受験するのがオススメです!

・メディカルクラーク(医療事務技能審査試験)
・医療事務管理士技能認定試験
・診療報酬請求事務能力認定試験

女性に大人気! そのワケは?

女性は、結婚して、子供を産んで、幸せな家庭を築いて、結婚後・出産後のことを考えるでしょう。そうする中での、女性にとって職業選びには、「仕事と育児を両立できるか」、または「仕事と家庭のバランスはどうするか」、などなど、いろいろと頭をよぎるものが多いのではないでしょうか。そんな中、病院の仕事は需要がなくなることがないため、資格さえ取得しておけば進路の選択肢ともなります。また、医療系の学校に進学するのであれば、AO入試の際のアピールポイントにもなるでしょう。

医療事務のスキルは実生活においても役に立つこともあります。例えば、「こういう病気の場合、どれくらいお金がかかるのか」について。どうしたら病院の支払いが3割になるのかや、所得によって治療費の上限額が左右されるかなど、ネットで検索しても答えが得られにくい知識ばかりです。もしものとき、友人や家族のためにもなる心強い武器になることもあるでしょう。将来医療系の進路を視野に入れている方は、高校生のうちに、休みの時間を上手く利用して資格取得に力を注ぐのよいかもしれませんね。


参照「✳︎医療事務を目指すあなたへ✳︎」:http://jimu.sn-7.net/300/i000311.html