SNSでデュエット? スマホで世界中の人とカラオケを楽しむ方法がある!?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

SNSでデュエット? スマホで世界中の人とカラオケを楽しむ方法がある!?

2016.02.23

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

SNSでデュエット? スマホで世界中の人とカラオケを楽しむ方法がある!?

放課後や休日の人気の遊びといえばカラオケ。最近では、スマホアプリでカラオケを楽しめるようになっているようです。歌うことが楽しくなるアプリをご紹介します。

この記事をまとめると

  • 自分の歌を録音したり、世界中に公開したりできるアプリがある
  • カラオケアプリ「Sing! カラオケ」では、世界のトップシンガーとデュエットすることも可能
  • 自宅でカラオケボックスと同じ機能が使えるなど、カラオケアプリはいろいろな種類がある

新しいカラオケの楽しみ方を知ってる?

学校の友達と、放課後や休日に遊びに行くところといえば、どんなところですか? 買い物に行ったり、ボーリングをしに行ったり、人気のスイーツを食べに行ったりと、遊ぶ場所はいろいろあると思いますが、中でも男女問わず人気なのが「カラオケ」ではないでしょうか。カラオケに行って思いっきり歌うとストレス発散になりますし、友達同士で好きな曲を一緒に歌うと盛り上がりますよね。

最近は、カラオケはただ歌うだけではなく、いろいろな機能を使って楽しめるようになっています。例えば、DAMなら、USBでスマートフォンやデジカメなどをつなげば画面に好きな画像を映し出すことができます。JOYSOUNDなら、自分のアバターをつくったり、自分が歌っている映像とほかの人が歌っている映像をコラボさせた動画をつくったりすることができます。

さらに、今まさに話題となっているのが、アプリやSNSを用いたカラオケサービス。カラオケといえば、お店に行かないとできないイメージがあると思いますが、アプリを使えば自宅で簡単にカラオケを楽しむことができちゃうんです。

トップシンガーとデュエットもできちゃう!? 話題のカラオケアプリ

アメリカ発のスマホアプリ「Sing! カラオケ by Smule」は、自宅でカラオケの練習ができるだけでなく、世界中の誰かとデュエットができてしまうアプリです。Sing! カラオケ by Smuleの使い方はとっても簡単! まず、アプリをダウンロードして歌いたい曲を決めます。歌いたい曲が決まったら、「ソロ」で歌うのか、「デュエット」するのか、「グループ」に参加するのかを決めます。

自分の歌っている様子を撮影、公開したい場合はインカメラにすると撮影でき、公開したくない場合はカメラをオフにすれば映像は残りません。マイクやオケの音量を調節し、マイクエフェクトの種類を選んだら、あとは流れてくる音楽と歌詞に合わせて歌うだけ。歌い終わったら、録音された音を聞いて、再度ボーカルの音量やエフェクトを調整することができます。Sing! カラオケ by SmuleにはSNS機能もついているので、プロフィールを登録してから公開範囲を決めて投稿すれば、自分の歌声を世界中に発信できてしまいます。

デュエットをしたい場合は、曲を選んで、歌いたいパートを選んでから歌います。もしくは、誰かがすでにデュエットモードで歌っている音源に合わせて歌うこともできます。世界的に有名な曲なら海外の人とデュエットすることも! さらに、プロのアーティストとデュエットできる「パートナー・アーティスト」という機能も搭載。カーリー・レイ・ジェプセンやジェシー・Jなどの世界的なトップシンガーのカラオケに合わせてデュエットができてしまうんです。トップシンガーとデュエットすることで、自分もまるでステージに立っているかのような気分が味わえるかもしれません。

Sing! カラオケ by Smuleは、新人を発掘するオーディションの代わりとして使われることもあるようです。韓国、K-POPの代表的なグループ、BIGBANGが所属しているYGエンターテインメントでは、国籍、性別、年齢を問わず、Sing! カラオケをダウンロードした人なら誰でも参加できるオーディションを開催することを発表しています。

カラオケアプリで音楽をもっと楽しもう!

カラオケアプリはほかにもたくさんあり、「カラオケJOYSOUND」は採点や歌詞テロップの色変わりなど、カラオケボックスと同じような機能が使えます。また、カラオケの鉄人の「ohaco」というアプリは、SNSアカウントで登録すると同じ趣味の仲間が見つかり、カラオケ大会ができるというものです。

それから、「nana」という歌や楽器で世界中の人とセッションできるアプリもあります。自分の歌を録音して投稿すれば、その歌を気に入った人が楽器でコラボしてくれるかもしれませんし、誰かの伴奏に自分の歌を重ね録りすることもできます。TwitterやFacebookでシェアすることも可能で、音楽好きの仲間をつくってセッションを楽しめるという面白いアプリなんです。

友達の前で歌うのが恥ずかしいという人は自宅で練習するために、誰かに自分の歌を聞いてほしいという人はSNS機能を使って、といったように、いろいろな楽しみ方ができるのがカラオケアプリのいいところ。普通はできない海外の人とのデュエットやセッションが気軽にできるのもアプリやSNSならではですよね。

アプリやSNSが普及したことで、音楽の楽しみ方の幅も広がってきています。カラオケアプリはもちろん、流行の音楽をいつでも聞けるアプリや楽器演奏ができるアプリを利用すれば、もっと音楽が身近なものになります。音楽という学問は、歴史や譜面の読み方など正しい知識を学ぶことも大切ですが、いろいろな人の歌や演奏を聞いたり、自分の歌や演奏を誰かに聞いてもらいながら音楽を楽しむこともとても勉強になります。歌うことや音楽が好きな人は、ぜひカラオケアプリを使って音楽の楽しさを味わってみてくださいね。

この記事のテーマ
芸術・表現・音楽」を解説

絵画や造形、声楽や楽器演奏、演劇や芝居、マンガやアニメーションなど、さまざまな芸術分野で、表現者としての感性や技術を磨きます。近年では、活躍の場を広く海外に求め、高い評価を受けている人たちも多くいるようです。作品の制作や演習などの実技はもちろんのこと、それを裏打ちするために専門分野の歴史や理論の授業も行われます。そのため、アーティストとして作品を発表する以外に、指導者や研究者としての道もあります。

「芸術・表現・音楽」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「音楽」
はこんな学問です

器楽、声楽、作曲、指揮など音楽についての深い専門知識と高い技能を身に付ける学問。専攻する分野ごとにコースや学科が分かれている場合が多く、理論を学びつつも実技を主体としたカリキュラムが中心となる。学校によって音楽理論と音楽史を専門に学べるコースもある。器楽であれば鍵盤楽器、弦楽器、管楽器、打楽器などから一つの楽器を選んで専門的に学び、声楽であればオペラ、独唱、合唱などを専攻して学ぶ。

「音楽」について詳しく見る