出演料が10億円!? どうしてハリウッド俳優はギャラが高いの?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

出演料が10億円!? どうしてハリウッド俳優はギャラが高いの?

2016.03.16

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

出演料が10億円!? どうしてハリウッド俳優はギャラが高いの?

ふとみた芸能ニュースで「ハリウッド女優や俳優のギャラが〇〇億円!」と、目玉が飛び出てしまうほどの大金を目にすることもしばしば。制作会社はそんな大金をどこからまかなっているのでしょうか。今回は、どうしてハリウッド俳優のもとへ高額なギャラが渡るのか、現在活躍している日本の役者の差はなんなのかについてご紹介します。

この記事をまとめると

  • ハリウッド俳優のギャラが高いのは市場が世界規模だから
  • 俳優だけではなく、監督も目玉が飛び出るほどの額をもらっている
  • 日本人がハリウッドで映画人デビューするには、言語の壁を破らなければならない

どうして最低億単位以上のギャラがもらえるのか

どうしてハリウッド俳優のギャラが高額なのか? それは「ハリウッド」という世界が相手にしているものが国内にとどまらず、全世界規模で商売をしているからだと言われています。さらに、全世界各国にDVD、BD、CDやポスターやテレビ放映など、2次使用収益が見込めるので、高額過ぎるギャラを払ったとしても、制作側としてはリターンのほうが大きく、それ以上に俳優が頑張って「良い」と語り継がれる映画に完成させたほうが数倍利益になるということです。ハリウッド俳優の中には、自らが制作側に回り、より高額なギャラをもらえる契約をしている役者さんも多くいるそうです。最近は金融危機によるギャラの価格崩壊が起こっている時代といえど、一般人からすると考えられない額をもらっているのが現状です。

俳優だけじゃなくて、監督もすごい! ハリウッドの世界

そしてさらに、ハリウッドの世界は俳優だけではなく監督の懐もホットだといいます。2010年公開映画『アバター』で有名なジェームズ・キャメロン監督は、2011年2月の時点で2億5,700万ドル、日本円にして約210億円という大金をギャラでもらっていたようです。
また、以前話題になったのは、ハリウッドまで名前をとどろかせた日本人監督・清水崇監督は、「今回、ギャラ少ないからサービスで豪邸を一つプレゼントします」と言われたこともあるらしいのです。それだけでも、日本人には考え難いほどのギャラをもらえていることが分かりますね。

参照:http://numbers2007.blog123.fc2.com/blog-entry-5907.html

日本とハリウッドの決定的な違い

日本の映画監督のギャラが低い理由は単純で、企業が出せる制作費に限界があったり、日本語が基本のため、海外では敬遠されるということ(国際的な共通言語が英語中心になっているため)。最近では海外の映画祭に日本映画が出品されていますが、そこから多くの人の目に触れる機会が増えることを応援し続けるしかありませんね。
英語のヒアリング力を高めたい人は、字幕なしでハリウッド映画を観るとよいかもしれません。
注目のハリウッド映画は「ホームアローン」と「魔法にかけられて」。また、勉強とバラエティを兼ね備えた海外ドラマも大人気です。「フレンズ」「デスパレードの妻たち」など、日常シーンを題材にしている作品がおすすめでですよ。みなさんのお気に入りの映画・ドラマは見つかりましたか?

参照:http://numbers2007.blog123.fc2.com/blog-entry-5907.html
https://schoolwith.me/columns/31672
http://www.berlitz-blog.com/movie-english

この記事のテーマ
芸術・表現・音楽」を解説

絵画や造形、声楽や楽器演奏、演劇や芝居、マンガやアニメーションなど、さまざまな芸術分野で、表現者としての感性や技術を磨きます。近年では、活躍の場を広く海外に求め、高い評価を受けている人たちも多くいるようです。作品の制作や演習などの実技はもちろんのこと、それを裏打ちするために専門分野の歴史や理論の授業も行われます。そのため、アーティストとして作品を発表する以外に、指導者や研究者としての道もあります。

「芸術・表現・音楽」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「映像」
はこんな学問です

映像制作に必要な知識と技術を身に付ける学問。映像は、監督、カメラマン、脚本家、音声、美術など複数の技術と知識を合わせて完成するもので、自分がどの役割を担当したいかを考えながら学ぶ必要があるだろう。また、映像のジャンルによって使われる技術も異なる。具体的には、映画、テレビ、プロモーション、TVCM、報道、アニメーションなどが挙げられ、学校では各ジャンルを網羅して概要を学ぶケースが多い。

「映像」について詳しく見る