AO入試で有利になる? 高校生が注目すべき資格10選

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

AO入試で有利になる? 高校生が注目すべき資格10選

2015.06.01

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

AO入試で有利になる? 高校生が注目すべき資格10選

世のなかには、たくさんの資格があります。専門的な職業に就くために必要なものから、「こんな資格があるの!?」と思わずツッコミを入れたくなるようなものまで、内容はさまざま。そこで、今回は大学の推薦入試の面接や、将来の就職活動のためになる資格10個をご紹介します。

この記事をまとめると

  • 資格を取得しておくと、進学や将来の就職に役立つことがある
  • TOEIC、英検、漢検などは入試でも力を発揮する
  • 「世界遺産検定」などの資格にも注目

【1】推薦入試にも、将来の就職活動にも役立つ  TOEIC

TOEICは英語によるコミュニケーション能力を評価する世界共通のテスト。日本のビジネス界で評価される傾向でしたが、近年は大学入試でも重要視されるようになりました。2013年度入試では、全国で500近くの大学/短大/高等専門学校の推薦入試やAO入試で出願要件として認められ、高校生にとっても身近なテストになってきました。大学1年次の英語のクラス分けの基準に、TOEICスコアを採用している場合も多くあるようです。英語に自信がある人は、高校生のうちにぜひトライしてみましょう。
http://www.toeic.or.jp/

【2】海外留学を考えている人はコチラ TOEFL

TOEFLテストは、海外の多くの教育機関で採用されている英語能力試験。世界130 か国 9000 以上の大学や機関の入試で、入学や留学条件の基準としてTOEFLスコアが採用されています。将来海外の大学への進学や留学を考えている人には必須のテストですから、海外留学を考えている場合は高校生の今から十分な対策をしておきましょう。
http://www.ets.org/jp/toefl

【3】日本人になじみの深い 英検(英語検定試験)

英検は、大学入試における学科試験免除、英語科目の単位認定など、大学によってさまざまな優遇措置を受けられるメリットがあります。年3回、全国の主要都市部で実施していますし、団体受験をしている高校も多く、高校生が受検しやすいのも特徴。まずは、最寄り会場の開催日を調べてみましょう。
http://www.eiken.or.jp/

【4】入試にも就職活動でも活躍  簿記検定

簿記検定には「日商簿記」と「全商簿記実務検定」があります。日商簿記はおもに大学生、社会人向け、全商簿記実務検定は主に高校生向けです。将来の仕事で役立つだけでなく、大学の商学部や経営学部の推薦入試で優遇されることも多いとされています。将来のキャリアアップを考えている人におすすめです。

◎日商簿記検定
http://www.kentei.ne.jp/bookkeeping
◎全商簿記実務検定
http://www.zensho.or.jp/puf/examination/bookkeeping.html

【5】数学の実力をアピールするなら 数学検定(実用数学技能検定)

数学・算数の実用的な技能(計算・作図・表現・測定・整理・統計・証明)を測る検定。全国レベルの実力・絶対評価システムです。累計受検者数は450万人を突破し(2015年4月時点)、いまや全国の大学で推薦入試・AO入試・一般入試で優遇されたり、就職でも評価される資格になっています。
https://www.su-gaku.net/about/index.php

【6】漢字力は文章力の基本 漢検(日本漢字能力検定)

日本漢字能力検定協会の調査によると、なんと45%もの大学や短大で漢字検定の取得が能力評価、人物評価といった基準の一つになっています。難しい漢字をスラスラと書ければ、普段の高校生活でも役立つこと間違いなし!?
http://www.kanken.or.jp/

【7】目指せ!カラーコーディネーター 色彩検定

色が持つ働きや色の仕組みなど、色彩に関する幅広い知識を問う色彩検定。学生はもちろん、ファッション、インテリア、コスメ、建築など、さまざまな分野の社会人の応募も増加しています。これらの進路を志望するならぜひ取得を。
http://www.aft.or.jp/

【8】旅行を仕事にしたいなら。AO入試の自己アピールにも! 世界遺産検定

世界遺産についての理解を深めることを目的とした検定。日本でも毎年のように新たな世界遺産が登録され、世の中の注目度が高くなっています。公式サイトによると180校を超える大学、短期大学のAO、推薦入試において世界遺産検定が評価されているとのこと。
http://www.sekaken.jp/

【9】パソコンスキル向上で勉強も効率化 MOS(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)

Microsoft社のWord、Excel、PowerPointの利用スキルを証明する資格。大学では高校に比べてパソコンを使用する頻度が増えます。MOSを取得すれば大学の推薦入試に有利になるだけでなく、入学後の勉強効率もアップするはずです。
http://mos.odyssey-com.co.jp/index.html

【10】社会人としてのマナーを習得  秘書検定

秘書検定は必ずしも「秘書」になるための検定ではなく、社会人としての常識やビジネスマナーを効率的に修得するための勉強法として知られています。就職する人はもちろん、大学生になって成人すれば、みなさんも大人へ仲間入りすることになりますから、「大人のビジネスマナー」を学ぶことはきっと役立つでしょう。
http://jitsumu-kentei.jp/HS/index


いかがでしたでしょうか? これらは進学や将来の進学の役に立つだけではなく、資格を取得するための努力もきっと評価されることでしょう。自分の能力の指標になるさまざまな資格。あなたもぜひ取得してみては?