人気アーティスト「ブレイク☆スルー」を支える敏腕マネージャーに聞く! マネージャーの仕事とは

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

人気アーティスト「ブレイク☆スルー」を支える敏腕マネージャーに聞く! マネージャーの仕事とは

2016.02.02

提供元:マイナビ進学編集部

人気アーティスト「ブレイク☆スルー」を支える敏腕マネージャーに聞く! マネージャーの仕事とは

中学、高校生を中心に人気のアーティスト、『ブレイク☆スルー』。

この記事をまとめると

  • マネージャーの仕事の内容とライブ当日の流れ
  • マネージャーとして仕事をはじめたきっかけと、仕事のやりがい
  • 学校では教えてもらえないことは自分から探しに行く

ブレイク☆スルーの記事はこちら↓
“ブレイク☆スルー”に聞く! アーティストの仕事の魅力とは?
“ブレイク☆スルー”のプライベート! アーティストの気になるオフの過ごし方


彼らを裏で支えるマネージャーの瀧 志郎さん。今回は、普段見ることのできないマネージャーの仕事と、そのやり甲斐や苦労を語っていただきました。

できる事はなんでもやる! 芸能マネージャーの仕事とは

――現在ブレイク☆スルーのマネージャーですが、普段の仕事内容を教えてください。

瀧さん:基本的にはメンバーのスケジュールの管理、製作面(楽曲やライブなど)、掲載紙の写真チェックの管理に営業もやっています。主にこの3つがメインの仕事ですね。
あぁ、あとドライバー(笑)。北は仙台、西は大阪、この範囲でのイベントやライブは車で移動しますね。できることは何でもやりますよ! 

――ライブやイベント当日はどのような流れでしょうか? 

瀧さん:うちのグループは、1日に昼と夜で2回公演をやるのですが、朝9時に会場入りして、1部目が13時くらい。それまでにサウンドチェックやリハーサル、本番までの細かい準備などを行ってから本番を迎えます。本番が終わったら握手会があるのですが、その握手会の進行をやったり、その際のハガシ(時間がきたら握手を離させる)なども担当します。そのあとは1部までの流れをそのまま2部でも同じ流れでライブ当日は終わりですね。あと、ライブ中にコントとかもやるので、本番も効果音の音出しとか僕がやってます。あとはアドリブとかにも対応して音を出したりとかしています(笑)。
ライブはおおよそ完全撤収が22時くらいです。その後は事務所に帰って衣装などの洗濯をしてライブの日の仕事は終了です。

――普段はどのような仕事が多いのでしょうか? 

瀧さん:その日によって違いますね。急な依頼や連絡とかが多く、それをいつも同時進行でやっています。なので本当に決まってることといえば、朝のメールチェックと終わりの日報くらいです。
その他に行う内容としては、取材などのスケジュール調整に、作曲家さんや作詞家さんへ連絡をとって作業進捗度を聞いたりとか、あとはツアー前の会場の下見やブッキングなどもメンバーの意向を聞きながら行います。

頑張れば誰かが見ていてくれて、結果がついてくる

――たくさんの仕事をこなさなければならないマネージャーの仕事ですが、やりがいを教えてください。

瀧さん:どの仕事にもいえることですけど、「頑張れば誰かが見ていてくれて、頑張れば結果がついてくる」ってことです。例えば僕らだったら、ステージングや構成、演出を一生懸命考えて、実際来たお客さんから「楽しかったよ」って言っていただけたりします。後は、CDも僕らの作品なので、楽曲を一生懸命作ってプロモーションして、前回よりも売り上げが伸びたり、プロモーションの反応を聞けるとうれしいです。
だいたい1枚のCDを作るのに半年くらいかかるんですよ。まずコンセプトを出し合って、それを作曲家・作詞家に渡して、みんなで一緒に作ります。みんなで一緒に作ったものを評価してもらえるのはうれしいです。
あとはどんな仕事でも何年後かの大まかなビジョンも見据えながらやっています。ブレイク☆スルーは武道館を目指してやっているのですが、2年後、3年後に武道館に行くには、どうアプローチすればいいかとかですね。僕らはもうすでに来年の夏のことも考えたりしています。そういうのを考えたりするのも楽しいですよ。

人に感動を与え、幸せにする仕事がしたかった

――音楽業界を目指したいけど、今何をするべきか迷っている高校生も多いかと思います。最後にアドバイスをいただけますか? 

瀧さん:当たり前のことですけど、今という時間を目いっぱい遊んでください! あとは、目の前のことを一生懸命やったほうがいいです。勉強も部活も、なんでもです。勉強は大切です! 僕があんまり勉強してなかったというのもありますが、勉強した分だけ進路の幅も広がるので、やって損はないです。
これは個人的なアドバイスですが、学校で教えてくれないことに関しては常にアンテナを張っておいたほうがいいです。いろいろなところに目を向けて、「とりあえずやってみる」ことが大事です。僕はそのアンテナを張るのが大学時代だったので遅かったんですよ。もしそのアンテナが早期に張られていたら違う人生のアプローチになっていたと思います。だからいろいろなところに目を向け、何でもいいからとりあえずやってみてください! 

以上、アーティスト「ブレイク☆スルー」のマネージャーを務める瀧さんのお話でした。「ブレイク☆スルー」の躍進は瀧さんの支えもあってのことなんですね。アーティストを陰で支え、彼らともに喜びや苦労を分かち合うマネージャーの仕事。苦労も多いと話す瀧さんでしたが、その表情はとても楽しそうで、充実したものでした。




プロフィール
瀧 志郎/1988年12月20日/大阪府出身
トライクルーエンターテイメント所属

この記事のテーマ
マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画」を解説

若い感性やアイデアが常に求められる世界です。番組や作品の企画や脚本づくり、照明や音響などの技術スタッフ、宣伝企画など、職種に応じた専門知識や技術を学び、実習を通して企画力や表現力を磨きます。声優やタレントは在学しながらオーディションを受けるなど、仕事のチャンスを得る努力が必要。学校にはその情報が集められています。

「マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「芸能マネージャー」
はこんな仕事です

俳優や女優、タレントなどの芸能人の活動をサポートする仕事。芸能活動に専念できるように、仕事現場でさまざまな雑用をこなすほか、スケジュールの管理、マスコミ各社への売り込み、オーディションの準備などが主な役割となる。働き方は、勤務する芸能プロダクションやタレント事務所によって異なるが、会社によっては一人のマネージャーが10人程度の芸能人を担当することもある。全国を走り回る移動も多いが、担当するタレント、芸能人とともにエンタテインメントの世界で働く情熱があれば、やりがいは大きいだろう。

「芸能マネージャー」について詳しく見る