もはや冒険! 砂漠を1週間走り続けるマラソンがあるらしい!?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

もはや冒険! 砂漠を1週間走り続けるマラソンがあるらしい!?

2016.02.17

提供元:マイナビ進学編集部

もはや冒険! 砂漠を1週間走り続けるマラソンがあるらしい!?

世界には、100キロ以上の道のりを走る、驚きのマラソンがあるようです。その特徴や様子をご紹介します。

この記事をまとめると

  • フルマラソンより長い距離を走る、ウルトラマラソンという大会が開催されている
  • 海外には、過酷な砂漠を7日間かけて走る、世界四大砂漠マラソンというものがある
  • こうしたスポーツイベントはスポーツプロモーターが手がけている

フルマラソンを上回る、ウルトラマラソンって?

まだまだ続くランニングブーム。東京マラソンをはじめ、各地で行われているマラソン大会には参加希望者が相次ぎ、抽選で通ってようやく参加できる状況になっています。

マラソン大会といえば、42.195kmを走るフルマラソンと21.0975kmを走るハーフマラソンが一般的。これだけの距離を完走するには、普段からトレーニングを積んで体力をつけていなければいけません。

しかし、これ以上に完走が難しいのがウルトラマラソン。ウルトラマラソンは、100km以上など長距離を走ったタイムを競うか、24時間や48時間走り続けその中で走った距離を競うものです。日本では富士五湖や宮古島など全国でウルトラマラソン大会が開催されていて、限界に挑戦しようとするランナーが参加しています。

過酷な環境を走り抜く「世界四大砂漠マラソン」

海外には、もっと過酷な条件の中行われているマラソン大会があります。それが「世界四大砂漠マラソン」。サハラ砂漠、ゴビ砂漠、アタカマ砂漠を舞台に、6~13kgにもなる生活必需品を背負い、7日間でおよそ230~250kmを走りきります。

砂漠は、日中50℃近くまで気温が上がり、朝晩は0℃近くまで冷え込むこともある過酷な環境。道路のように整備されているわけではない砂漠を、強い陽射しに照らされながらコースマップとコンパスだけを頼りに走っていかなくてはいけないという、まるで冒険のようなマラソン大会です。

また、3つの砂漠マラソン大会のうち、2つ以上の砂漠マラソンを完走していないと参加できないのが南極マラソン。走る距離は100kmですが、南極の気温は日中でも−10~−20℃。地面が凍っているので数百メートル走るだけでもとてもたいへんです。

スポーツイベントを手がけているスポーツプロモーター

日本には砂漠はありませんが、同じくらい過酷なマラソン大会「トランスジャパンアルプスレース」というイベントが開催されています。日本海側の富山湾を出発し、アルプス山脈を越えて太平洋側の駿河湾にあるゴールを目指すマラソン大会で、415kmの道のりを8日以内に走りぬきます。

トランスジャパンアルプスレースにも参加資格があり、「過去に70km以上のトレイルランニングレースを完走していること」「過去に標高2,000m以上の場所で10泊以上の露営(キャンプ)をした経験があること」という条件をクリアしなければいけません。

このようなマラソン大会やスポーツのイベントを企画・運営しているのは、スポーツプロモーターという職業の人たちです。スポーツプロモーターは、一般向けのイベントだけではなく国際試合やタイトルマッチなど、国際的なスポーツの大会の運営も手掛けています。

人気アスリートを招くための交渉や開催場所の選定、宣伝など仕事内容は幅広く、スポーツが好きな人にとってはとてもやりがいのある仕事です。スポーツプロモーターになれば、いつか歴史に残るような試合を開催できるかもしれませんね。

この記事のテーマ
健康・スポーツ」を解説

スポーツ選手のトレーニングやコンディション管理に関わる仕事と、インストラクターなどの運動指導者として心身の健康管理やスポーツの有用性を広く一般に伝える仕事に大別できます。特に一般向けは、高齢化の進展や生活習慣病の蔓延が社会問題化する中、食生活や睡眠も含めて指導できる者への需要が高まっています。授業は目指す職業により異なります。

「健康・スポーツ」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「スポーツプロモーター」
はこんな仕事です

スポーツに関するイベントの、企画・開催・運営をトータル的に行う仕事。大会や国際試合などを開催するにあたり、場所や日時をセッティング。会場設営や宣伝活動、メディアへの対応なども行う。イベントに関するほとんどの業務に携わり、指揮や管理をしていくためリーダーシップが問われる。また、出場選手や団体と交渉したり運営スタッフを取りまとめたりと、高いコミュニケーション能力が求められる場面も多い。とくに必要な資格はないが、スポーツに精通していて、人を楽しませることが好きな人に向いているだろう。

「スポーツプロモーター」について詳しく見る