人気の業界に就職するために入りたい学部・学科はどこ?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

人気の業界に就職するために入りたい学部・学科はどこ?

2015.06.01

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

人気の業界に就職するために入りたい学部・学科はどこ?

「大学選びも悩むけど、その後の就職の方がもっと悩む!」という人は多いのではないでしょうか。まだまだ先のように思えるけど、やっぱり大学卒業後の就職に有利な学部・学科って気になりますよね。そこで今回は、大学生に人気の高い企業を探り、それらの業界に入るために役に立つ学部・学科を紹介します。大学でどんなことを学べばいいのか悩んでいる人、人気業界へ就職したいと考えている人はぜひ参考にしてみてください!

この記事をまとめると

  • 「観光・航空」「食品」「メーカー」などが人気のある業界としてランキング
  • 人気業界に就職するために、どのような学部における学びが必要かを解説
  • 文系・理系の選択にも関わるので、早めの情報収集が重要

大学の学部・学科、どう選べばいい?

大学の学部・学科を考える際、「入試科目が得意科目だから」「その大学のなかでもっとも偏差値が高く、有名な学部だから」「興味のあることを学べそうだから」といった理由だけで選ぼうとしていませんか? 大学生活は、社会人として将来働くための準備期間。そこでどういったことが学べて、将来どのように役に立つのかを知ることが大切です。

とはいえ、「大学卒業後にやりたいことが明確でないし、第一世の中にどういった職業・会社があるのかイマイチよくわからない」という人もいるはず。いまの大学生には、どのような会社が人気なのでしょうか。

2015年3月に卒業を予定している全国の大学生を対象とした調査によると、文系・理系別の人気企業ランキングは以下の通り。
■文系トップ5
1 JTBグループ
2 全日本空輸(ANA)
3 エイチ・アイ・エス(H.I.S.)
4 JAL(日本航空)
5 電通

■理系トップ5
1 カゴメ
2 トヨタ自動車
3 味の素
4 JR東日本(東日本旅客鉄道)
5 明治グループ

文系では観光・航空業界が目立ち、理系では食品業界が人気のようです。また、2位のトヨタ自動車ほか、理系ランキングでは10位以内にものづくりを行うメーカーが6社もランクイン。(2位トヨタ自動車、6位三菱重工業、7位東芝、8位旭化成グループ、9位資生堂、10位一条工務店)

では、これらの人気業界に就職するためには、どんな学びが必要なのでしょうか?

観光・航空業界に語学力は必須

ツアーコンダクターや客室乗務員など、華やかなイメージのある観光・航空業界。旅行会社や航空会社はもちろんのこと、ホテルやレジャー施設でも海外のお客様とやり取りする機会があるので、語学力が欠かせません。また、人々の様々な要望に臨機応変にこたえる柔軟性や、決断力が求められます。観光であれば、どうしたら人に楽しんでもらえるのかを考える発想力も必要となるでしょう。観光業界に関連の高い学部学科・専攻は、観光・地理。外国語や国際関係系の学部で語学力を養っておくのも◎。航空業界の場合、操縦士や整備士、CA(客室乗務員)など職種に応じた学科選びを。

食品メーカーへの就職をめざすなら、「食」「栄養」と名のつく学科を選ぼう

近年、大学生からの人気が上昇している食品業界。毎日の暮らしに欠かせない「食」は身近なテーマだからこそ興味を持つ人が多いようです。テレビCMなどで馴染みのある企業が多いのも人気の理由でしょう。「食品業界」には、食品メーカーや、食品加工会社、商社などの企業があります。関連の学びは、食品科学、栄養学、健康科学など「そのままズバリ」な名称が多いよう。農学系学部や、化学系学部のなかにこれらの学科・専攻が設置されていることもあります。

メーカーの研究者・技術者は医学・理工系分野へ

自動車や医薬品・化粧品などを自社で開発・販売するものづくりのメーカーも人気です。世の中を便利にしたり、人の命を助けたりできる点が魅力でしょう。研究者をめざすのであれば、工学や医学・薬学、理学、化学、生物系の各分野の知識が必要です。ただし、特別な資格が必要なわけではなく、「人の役に立ちたい」「人々の健康を守りたい」という気持ちが一番大切です。

以上、大学生から人気の高い企業と、それらの業界に入るために必要な学びをご紹介しました。学部・学科を検討する際は、ぜひ多くの大学を調べてみましょう。早めの情報収集を心がけて、納得のいく進学をめざしてください!


【参考資料】
「2015年卒マイナビ大学生就職企業人気ランキング調査結果」(株式会社マイナビ)
http://saponet.mynavi.jp/enq_gakusei/ranking/data/kigyourank_2015.pdf