ソファでくつろぎながら観れちゃう!? デートにおすすめの映画館の席って?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

ソファでくつろぎながら観れちゃう!? デートにおすすめの映画館の席って?

2016.02.15

提供元:マイナビ進学編集部

ソファでくつろぎながら観れちゃう!? デートにおすすめの映画館の席って?

最近の映画館には、カップルや仲良しペアにうれしい、あるシートが増えています。付き合って間もないカップルにもおすすめのシートについて、詳しくご紹介します。

この記事をまとめると

  • 映画館の席、窮屈だなって思ったことない?
  • 2人で鑑賞できるカップルシートなど、快適に映画を観られる席がある
  • お客さんが快適に映画を鑑賞できる工夫をする「映画館運営会社」

映画館の座席ってワンパターンしかないの?

2015年冬の話題をかっさらった、スターウォーズの最新作。10年ぶりの新作に世界中の映画ファンが劇場へ足を運びました。もう観た人も多いのではないでしょうか?

話題の映画が公開されるたび、みんなこぞって映画館へ足を運びますが、映画の内容もさることながら、座席の座り心地はどうでしたか? 通常の映画館では、一人席が連続して配置され、仕切りを兼ねたスライド式のひじ掛けを使用しています。両脇の人に左右のひじ掛けを使われてしまって、どちらも使えない、なんて経験がある人も少なくありません。

そんなときに、「もっとゆっくり映画を見たい」と思うことはありませんか? あるいは「デートなんだから二人きりで楽しみたい」、「気心の知れた友人だけと見たい」と思ったこともあるかもしれません。最近では、そんなニーズに応えて「ペアシート」「カップルシート」も登場しています。

2人だけの世界で映画を鑑賞できる「カップルシート」

ペアシートとは、二人一組でセットになっている席のことです。シートごとに他のシートとは距離が取られているので、周囲の様子を気にせず鑑賞できます。椅子も通常のものとは違い、柔らかいソファだったり、リクライニング機能だったりとプレミアムな機能がついているものが多数あります。

例えば新宿ピカデリーでは、プラチナシートを利用すると上映前にも専用ラウンジが使用できます。くつろいで時間を過ごせるので、待ち時間に疲れて喧嘩する、なんてこともありません。ウェルカムドリンクやプチスイーツもついてくるので、デートのムードも盛り上がること間違いなし。

このほかカップルデーが設定されている映画館もあります。その日に限り通常一人1,900円前後の料金が男女ペアで3,000円前後となり、少しだけお得に鑑賞できます。

居心地よく映画を見られる工夫をする「映画館運営会社」

日本人の映画館離れが指摘されて久しいですが、劇場から遠のいてしまった客足を少しでも取り戻すべく、映画館運営会社で働く人は、さまざまな角度からの取り組みを行っています。

映画館の運営会社は、館内の管理はもちろん、上映のスケジュールを組い、映画館に足が向くようさまざまなサービスを打ち出していきます。カップルシートもその一つ。老若男女が訪れる映画館だからこそ、多様なニーズに応えるべく運営会社が創意工夫しているのです。

制作だけでなく、上映にも多くの人が関わる映画館。その裏側を知りたい人は、「映画館運営会社」をチェックしてみるといいかもしれません。

この記事のテーマ
サービス・インフラ」を解説

多くの人に便利、快適、感動などをもたらす業界です。人が何を望んでいるかというニーズを先取りし、サービスとして提供します。サービス業は「飲食、宿泊」「医療・福祉」「教育」「情報」や、それらを組み合わせた「複合サービス」があります。インフラはインフラストラクチャーの略で、電気やガスを供給する「エネルギー」、ヒトやモノを移動させる「交通・物流」など生活基盤を支える産業です。

「サービス・インフラ」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「アミューズメント・レジャー」
はこんな業界です

アミューズメント・レジャー業界は、余暇を充実させる娯楽を提供するサービス業で、テーマパーク、ゲームセンター、博物館、映画館、カラオケ、スポーツ施設などその種類は多種多様である。今後は少子高齢化のため、子どもに向けたサービスだけでは来場者の減少は避けられない。そのため、幅広い年齢層が楽しめる施設と集客アップをめざし、新サービスの企画立案や来場者をより楽しませるための従業員教育などを行う動きが見られる。

「アミューズメント・レジャー」について詳しく見る