漫画『弱虫ペダル』が人気! 競輪とは一味違う、「自転車競技」ってどんなスポーツ?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

漫画『弱虫ペダル』が人気! 競輪とは一味違う、「自転車競技」ってどんなスポーツ?

2016.02.10

提供元:マイナビ進学編集部

漫画『弱虫ペダル』が人気! 競輪とは一味違う、「自転車競技」ってどんなスポーツ?

高校の自転車競技部を舞台にしたマンガ『弱虫ペダル』。アニメ化や映画化、舞台化までされるほど大人気を博しています。主人公の小野田坂道(おのだ・さかみち)をはじめとした部員たちのひたむきな努力に思わず感動……、ウルウルさせられる作品です。

さて、みなさん。実際に弱虫ペダルのように自転車競技に熱中する高校生の話を聞いてみたくないですか? マンガみたいに合宿は過酷なの? 本当に山でロードレースをするの? 今回は、福井県立科学技術高校の自転車部・部長の脇本勇希さん(17歳・高校2年生)にお話を伺いました。

この記事をまとめると

  • 自転車競技の合宿は過酷。さらに部活をまとめる上では悩みもつきないという
  • 自転車競技にはさまざまな種類があり、『弱虫ペダル』に出てきたようなロードレースも実在する
  • 選手の苦労を知った上で、スポーツ観戦するとより盛り上がれるかも

ジュニア日本代表、脇本さんの部活での取り組みを聞いてみた!

脇本さんの通う福井県立科学技術高校は、今から50年前に自転車部を発足。インターハイ、全国選抜大会、国民体育大会で優勝、入賞を果たした多くの選手を輩出しています。まさに、『弱虫ペダル』の総北高に負けないくらいの強豪校なんです。また、脇本さん自身も、アジアNo.1を決める戦い「アジアジュニア自転車競技選手権大会」に日本代表として参加することが決定しています。

――自転車競技を始めた時期ときっかけを教えてください。

脇本:中学2年生のときに、今の高校から「自転車部に参加してみないか?」と誘われたことがきっかけです。競技をやっている兄(脇本雄太さん。現在、プロの競輪選手として活躍中)への憧れの気持ちもありましたし、乗ってみたいな~という好奇心から自転車部に参加することになりました。

――すぐにうまく乗れるようになりましたか?

脇本:いえ、最初はうまく乗れませんでした。自転車競技で使う自転車は、タイヤと連動してペダルが動くので、トラックでスピードをつけて走ると足がもつれて怖かったです。ブレーキもついていませんからね。

――それでも今では日本代表、そして強豪校の部長ですもんね。先日(2015年12月末に)行われた部活の合宿について話をお聞かせください。

脇本:5泊6日の合宿でした。朝7時~12時ごろまでと、14時~17時ごろまでひたすら練習です。体力的に本当にキツイですよ。でも、全国大会で優勝したいのでがんばっています。兄は3回優勝していますが、僕はまだ優勝経験がないので。

――ぜひ、がんばってください! 部長をやっていると、「部員をまとめる」ことも大切になってきますよね。いろいろと苦労をされていると聞きましたが?

脇本:そうですね。どうしても、練習中に遊んでしまう部員はいます。特に、僕がパワーマックス(固定式の自転車型トレーニングマシン)で練習しているときはマシンから離れられないので、彼らがふざけていても注意にいけないんですよ。自分自身の練習に集中したい、でも他の部員にも気を配らなきゃいけない、……この2つの間でいつも悩んでいます。僕は、総合優勝するためにチーム全体を強くしたいんです。もっと、みんなをしっかりまとめていけるようにしたいですね。

自転車競技の種類を教えて! 漫画みたいなロードレースは実在するの?

――自転車競技には種類があるそうですね。それぞれについて教えてください。

脇本:大きく分けると2つ。「トラック競技」「ロード競技」に分けることができます。

トラック競技には、「スプリント」(主に2人で、決められた周回を走って競う種目)のような個人種目と、「チームスプリント」(3名1チームで走り、1周ごとに先頭の選手が抜けていき、最後の1名でタイムを競う種目)のような団体種目があります。ちなみに、アテネ五輪のチームスプリントで、日本は銀メダルをとったことがあるんですよ。

ロード競技には、「個人ロードレース」(100km前後の距離を120~200名で走行して争う種目)、「ステージレース」(3日間~5日間で行うレースの総タイムを競う種目)があります。

――『弱虫ペダル』では、山でロードレースをしていましたが、ああいう大会って実際に行われているんですか?

脇本:はい。僕が過去に参加した大会だと、1~2kmの下りが続いた直後に、90度のカーブがあるような山で走りました。うまくスピードをゆるめてから曲がらないと、こけるんですよ……。しかも、大会が終わった後は、筋肉痛でヘトヘト。

――それは過酷ですね……。

脇本:ええ(苦笑)。でも、メンタル的にも体力的にもすごく鍛えられますね。

――脇本さんが自転車競技をやっていてよかったと思うのはどんなときですか? また、今後の抱負を聞かせてください。

脇本:きつい練習を乗り越え、力がついて、世界的な大会に出られようになったのはうれしいです。僕と同じように自転車競技をやっている他県の友だちもできましたしね。最近は、よくメールやLINEで話をしているんですよ。

目標は、インターハイと国体での優勝です。そのために、夏までには体重をつけ、重いギアをふめるようにしてタイムを縮めていきます。あとは、チームをまとめられるようにがんばりたいです!

選手の苦労を知った上で、実際の競技を見れば応援の気持ちも変わる!

常に危険と隣り合わせで、練習も過酷な自転車競技。脇本さんの話を聞いた上で、自転車競技を観れば選手たちの苦労が分かる分、手に汗を握って応援できそうです。今年8月には、リオデジャネイロ五輪が開催されます。種目の中には自転車競技もあります。ぜひ、ご覧になってみてくださいね。

「体育学」は、実技だけでなく、スポーツを通した人間関係の研究や、試合中に起こる心理現象など、体育に関してあらゆることを学ぶ学問です。この記事を読んで、自転車競技以外にもいろいろなスポーツの魅力について知りたいと感じた方は、学んでみるといいかもしれません。


【取材協力】福井県立科学技術高等学校

この記事のテーマ
体育・健康・スポーツ」を解説

病気やケガの予防や予後のケアを通して、人々が健やかに暮らせるようにするのが、健康学の理念です。食生活や運動などのライフスタイルや心理状態、検査やリハビリテーションなど、学ぶ内容は多岐にわたります。体育やスポーツは、健康を維持するための身近な方法であるとともに、人生を豊かにする趣味であったり、人によっては職業になることもあります。競技技術の向上だけではなく、メンタルや栄養、指導者のスキルも学びます。

「体育・健康・スポーツ」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「スポーツ学」
はこんな学問です

スポーツが身体にもたらす影響を中心に、コーチング理論やスポーツを取り巻く環境まで科学的に考察、研究する学問。身体活動との関わりについては、医学、生理学、栄養学などさまざまな観点から科学的に研究する。コーチングの理論や手法については、心理学など関連諸学も交えて学習。スポーツ環境については、施設経営などのマネジメントやマーケティング論も学ぶ。競技指導者の育成については専門のコースを設置している場合もある。

「スポーツ学」について詳しく見る