美術館にアスレチック、バーベキューもできる! 口コミで日本3位の人気テーマパークって?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

美術館にアスレチック、バーベキューもできる! 口コミで日本3位の人気テーマパークって?

2016.02.09

提供元:マイナビ進学編集部

美術館にアスレチック、バーベキューもできる! 口コミで日本3位の人気テーマパークって?

あるテーマパークが口コミで話題を集めています。一般的なテーマパークとは異なるそのサービスについてご紹介します。

この記事をまとめると

  • 口コミサイトで日本のテーマパーク第3位の「ふなばしアンデルセン公園」
  • 大自然の中のアトラクションや、バーベキューを楽しめる
  • 来園者に楽しい1日を提供するために働くのが、テーマパークスタッフ

今、千葉県船橋市にあるテーマパーク「ふなばしアンデルセン公園」がアツいらしい!?

長期休みになるたび、友達と一緒にと出かけたいのがテーマパークです。日本にはたくさんのテーマパークがありますが、中でも最近話題になっているのが、千葉県の「ふなばしアンデルセン公園」。「トラベラーズチョイス 世界の人気観光スポット2015」で日本国内では第3位に選ばれたこのテーマパーク、いったいどんな魅力があるのでしょう?

ふなばしアンデルセン公園は、千葉県船橋市にあるテーマパークです。2014年に世界的な旅行口コミサイトである「トリップアドバイザー」の集計によるランキング「2014年日本の人気テーマパーク」で10位にランクインしたことが船橋市の定例記者会見で発表され、話題になりました。それから1年後、今度は多くの有名テーマパークを抑えて堂々の第3位を獲得。Yahoo!トピックスやテレビのワイドショーに取り上げられたことから、たいへんな話題になりました。

ふなばしアンデルセン公園が開園したのは、1987年。前身の「ワンパク王国」としてオープンして、船橋市が童話作家のアンデルセンの出身地であるデンマークのオーデンセ市と姉妹都市関係にあることから、1996年に現在の名称に変わりました。東京ドーム6個分という広大な敷地は、大きな風車があるなど、デンマークを意識した作りになっています。来場者たちは休憩場所にテントを張って、自然を楽しみながらのんびりしつつ、広大なスペースの中で用意された、さまざまなアクティビティを楽しむことができるのです。

大自然の中で遊んだり食べたり昼寝したり、1日いても飽きない

このテーマパークには、大型のアトラクションはありませんから、1回の乗車のために何時間も待つ必要もありません。豪華なアトラクションの代わりに国内最大級のアスレチックで遊び、ボートに乗るなど、公園ならではのアクティビティを楽しみつつ、ミニ動物園でポニーへ乗って動物と触れ合って1日を過ごします。別の場所にある長い滑り台や水遊びができるにじの池などは、子どもたちに人気のスポットです。

また、陶芸や木工が楽しめる体験型プログラムや美術館、常時100種類の草花が咲いている「自然体験ゾーン」など、幅広い世代で楽しめる施設も用意されています。園内にあるレストランメルヘンでは、バーベキューをすることができ、肉やシーフードなど、本格的なバーベキューが楽しめます(食材持参は不可)。レストランの施設を使うことができるため準備や片づけなどをする必要がなく、手ぶらで足を運んで気軽に楽しめるのが良いところです。

自然の中で遊んだり食べたり休んだりと、1日中飽きることなく楽しめるため、家族連れやグループで訪れる人も多く、口コミによってますます来場者が増えて2015年には延べ入園者数が900万人に達しました。

来園者に楽しい1日を提供する、テーマパークスタッフの仕事

このようなテーマパークで働いている人たちは「テーマパークスタッフ」と呼ばれます。遊園地で明るく働いているテーマパークスタッフの仕事に憧れている人は多いと思いますが、遊びに来ているお客さんに満足してもらうために、きめ細かいサービスが求められることや屋外で体を動かす仕事も多いことから、なかなかタフな仕事でもあります。将来テーマパークスタッフになることを夢見ている人は、ぜひ一度、ふなばしアンデルセン公園に出かけてみてください。ド派手なアトラクションがなくても国内第3位の人気を誇るその理由が分かるかもしれませんよ。

この記事のテーマ
旅行・ホテル・ブライダル・観光」を解説

目指す業界の専門知識を学び、パソコンなどのスキルを身につけます。旅行・観光では資格取得や採用試験対策、ホテル・ブライダルでは、現地実習を通して実践力を養う研修が多く含まれます。共通して求められるのは、ゲストに非日常のサービスや空間を提供する接客技術やサービス精神。不規則な勤務に対応できる体力の養成も求められます。

「旅行・ホテル・ブライダル・観光」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「テーマパークスタッフ」
はこんな仕事です

アトラクションの誘導や食事・グッズの販売、清掃など、テーマパークを運営する上で必要となるさまざまな業務を担当する。笑顔と接客マナーは当然のこと、清潔で夢のある園内の空間をつくり、来場者に楽しんでもらえるように努めるのも仕事の一つだ。客と直接関わる業務以外にも、設備や装置の点検など「裏方」と呼ばれる仕事もある。裏方は表には出ないが、客の安全に関わる仕事が多く責任は大きい。いずれもテーマパークで働く以上、客が楽しめることを第一に心がけることが大切だ。

「テーマパークスタッフ」について詳しく見る