飛行機に乗る前は注意! ケータイの予備バッテリーが持ち込み禁止の理由って?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

飛行機に乗る前は注意! ケータイの予備バッテリーが持ち込み禁止の理由って?

2016.02.05

提供元:マイナビ進学編集部

飛行機に乗る前は注意! ケータイの予備バッテリーが持ち込み禁止の理由って?

飛行機には、持ち込みできないものが多くあります。修学旅行などで利用する人も多い空の旅について、事前に知っておきたいトリビアをご紹介します。

この記事をまとめると

  • 飛行機は機内に持ち込めるものと持ち込めないものが厳しく決められている
  • スマホの充電用バッテリーは、機内持ち込みはOKだが貨物室に預けるのはNG
  • 空港の保安検査場ではX線検査装置などを使って荷物の中身を詳しくチェックしている

飛行機は持ち込めないものが決められている

最近、修学旅行で海外に行く高校が増えています。今から北海道や沖縄に行くのが楽しみな人もいるかと思いますが、そんな時に避けて通れないのが飛行機です。飛行機に乗るときはいろいろと決められたルールを守る必要があり、自分が身につけている手荷物の中身も詳しくチェックされます。飛行機は地上から離れて空を飛ぶ乗り物ですから、上空で万が一のトラブルが起こってしまったら命の危険もさらに大きくなってしまいます。ですから、小さなカバン一つでも、手荷物には厳しい制限が設けられているのです。

まず、航空会社によって多少の差はあるものの、機内に持ち込める手荷物はタテ・ヨコ・ナナメの3辺の合計が115cm以内、重さは7~20kgまでと決められています。それを超える荷物は空港のカウンターで預けて、スーツケースと同じように飛行機の貨物として運びます。これを、空港で「預け入れる」、といいます。

また、火事になってしまう恐れがある火薬類(クラッカーもNG)や炭、オイルや塗料などの引火性物質、殺虫剤や農薬などの毒物などは、手荷物としてはもちろん、空港での預け入れもできません。

スマホの充電器をスーツケースに入れるのはダメ!?

飛行機に持ち込めるものと持ち込めないものは細かく分けられていて、「手荷物として持ち込めるが預け入れはできない」、逆に「預け入れはできるが手荷物としては持ち込めない」というものもあります。

たとえば、スマホを充電するためのモバイルバッテリーは、手荷物としては持ち込めますが、預け入れるスーツケースに入れておくことはできません。貨物室では発火してしまう恐れがあるのです。デジカメの電池はデジカメの中に入れておけば、持ち込みや預け入れもできますが、外してしまうと預け入れはできなくなります。スマホの電池をすぐに切らせてしまう人は、覚えておいたほうがいいかもしれませんね。

また、充電式のヘアアイロンやハンドマッサージ機など、家電でリチウム含有量2gを超えるものも預け入れできませんから、スーツケースに入れている場合は、こちらも手荷物のカバンに移し替える必要があります。充電式ではなくコンセントに差し込むタイプなら持ち込みも預け入れも可能です。

空港では空港業務スタッフが手荷物を検査する

反対に、凶器となるおそれがあるはさみやカッター、工具、ゴルフクラブや剣道で使う竹刀などの長いものは、預け入れはできますが機内に持ち込むことはできません。
空港には保安検査場というところがあり、X線検査装置で手荷物や預け入れ荷物の中身を詳しく検査します。この検査を行うのは、空港業務スタッフ(グランドスタッフ)です。

空港業務スタッフは、手荷物検査のほかにも航空券の発券や搭乗手続き、乗客の誘導、空港内のアナウンスや案内など、さまざまな仕事を行っています。飛行機が時間通り、安全に運行しているのは空港業務スタッフが陰で支えているから。空港で何か困ったことがあれば空港業務スタッフに聞けば親切に教えてもらえますよ。

この記事のテーマ
自動車・航空・船舶・鉄道・宇宙」を解説

陸・海・空の交通や物流に関わるスキルを学びます。自動車、飛行機、船舶、鉄道車両などの整備・保守や設計・開発、製造ラインや安全の管理、乗客サービスなど、身につけるべき知識や技術は職業によってさまざまで、特定の資格が求められる職業も多数あります。宇宙については、気象観測や通信を支える衛星に関わる仕事の技術などを学びます。

「自動車・航空・船舶・鉄道・宇宙」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「空港業務スタッフ(グランドスタッフ)」
はこんな仕事です

空港内で、搭乗客の案内やサービスにあたる仕事。具体的には、搭乗手続きや発券業務、搭乗客の誘導や、勤務先の会社や空港によっては空港ラウンジでの接客、空港内のアナウンスや案内業務なども行う。スムーズで正確な接客・応対は、利用者に快適な旅を提供するためのサービスであると同時に、航空機を定時運航するためにも欠かせない機能の一つ。空港内のさまざまな施設やサービスについても熟知していなくてはならず、覚えるべきことは数多い。搭乗客を最初に迎える航空会社の「顔」として、重要な役割を担っている。

「空港業務スタッフ(グランドスタッフ)」について詳しく見る