ボールやラケットがコーチ代わり!? スマートで未来的なスポーツ用品がある!

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

ボールやラケットがコーチ代わり!? スマートで未来的なスポーツ用品がある!

2016.02.12

提供元:マイナビ進学編集部

ボールやラケットがコーチ代わり!? スマートで未来的なスポーツ用品がある!

アプリと連動させることで、競技の上達につながるスポーツ用具があるようです。一体どのように上達をサポートしてくれるのでしょうか?

この記事をまとめると

  • スマホのアプリと連動させるスポーツの練習用アイテムが次々と開発されている
  • 練習データを数値化することで、自分の弱点や改良点を的確に見つけることができる
  • 効率的なトレーニングのため、今後もさまざまな製品やサービスの開発が予想される

スポーツのトレーニングが、技術の進歩でどんどん便利に!

みなさんは、授業や部活、習い事で、日常的にスポーツをする機会が多いのではないでしょうか。中には、サッカーの本田選手や香川選手、テニスの錦織選手のように、世界で活躍するプロを目指している人や、来たる2020年の東京五輪出場を目指している人もいるかもしれませんね。どんなスポーツでも、本番で素晴らしいパフォーマンスを見せるためには、普段の練習が何より重要になります。その練習の方法やツールも、テクノロジーの進歩で、次々と新しいものが生み出されています。

最近、特に注目されているのが、専用のアプリと連動させることで、プレーをデータ解析して、記録することができるアイテムです。自分のフォームやプレースタイルの特徴を、数値で捉えることができるので、弱点を明確に見つけることができるのです。これを使えば、プロ選手や一流アスリートのような、データに基づいた練習を、一般のスポーツ愛好者が気軽に行うことができるわけです。

サッカーボールやラケットとスマホアプリを連動させて、プレーデータをしっかり記録

スポーツメーカーのアディダスが、大手コンピュータメーカーとコラボして開発した「micoach smartball(マイコーチ スマートボール)」は、サッカーボールに3軸加速度センサーを内蔵。「頭脳を持ったボール」という触れ込み通り、キックスピード、回転数、回転方向、インパクト位置、飛行軌道データを瞬時に記録してくれる優れモノです。

専用の無料アプリを使ってスマートフォンと接続することで、蹴った弾道を3Dで確認することができます。また、プロのキックと比較した上で、理想の蹴り方のコーチングもしてもらえます。価格は35,640円 (税込)と 、簡単に購入、とはいえない金額ですが、お小遣いをコツコツ貯めれば、何とか買えるかも!?

テニスでは、「Smart Tennis Sensor(スマートテニスセンサー)」というデバイスが、ソニーから発売されています。ラケットのグリップエンドにセンサーを装着し、スマートフォンにアプリをインストールすれば準備はOK。サーブのスピード、バックハンドのインパクト位置、トータルショット数など、さまざまなプレーを解析してくれます。

プレー後には、アプリに取り込んだデータをもとに、スイングの割合を示す円グラフなどを自動的に作成してくれます。日々の練習データが記録されるので、上達具合や今後の課題、練習日記なども、手軽につけることができ、プレーの動画や写真も簡単にシェアできます。世界中のスマートテニスセンサーユーザーのデータやレッスンビデオを観ることができるので、練習のモチベーションアップにも効果的なのではないでしょうか。

スポーツメーカーのミズノが練習法や指導法を提供する新サービスが登場!

総合スポーツメーカーのミズノでは、2013年5月に、ITとセンサー技術を使ったサービスを提供するための、社内横断プロジェクト「HITONAVI(ヒトナビ)」を立ち上げました。シューズ、ウェア、用具などを開発するために、ミズノが長年蓄積してきたスポーツに関する膨大なデータや知識を生かし、スポーツマンの効果的なトレーニングや指導法をサポートするのが、ヒトナビ・プロジェクトの目的です。

その一つが、野球のバットスイングを解析する「スイングトレーサー」というシステムです。バットにアタッチメントとセンサーを取り付けて使用します。スイングの時間や軌道、ヘッドスピードや角度など、8つの解析項目で、スイングを測定してくれます。専用アプリにはプレーヤー用だけでなく、指導者用もあり、コーチは、各選手の計測データやトレーニング状況などもチェックすることができます。

また、間もなく発売予定のスポーツ用のメガネ型端末「SCOUTER(スカウター)」も、ヒトナビ・プロジェクトから生まれました。これは、ソニーが開発しているアイウェア装着型片眼用ディスプレイモジュールを、ミズノ製のサングラスに装着したものです。

これは、専用のランニングアプリと連動させることで、GPSを利用したランニングコースマップや、走行距離、走行時間、消費カロリーなどを表示できる、というもの。マラソン大会での使用も想定されていて、ランナーのタイムや順位、SNSのメッセージを表示する機能など、スポーツをより楽しめるような工夫もなされています。

ヒトナビ・プロジェクトでは、今後も、ウォーキングやアウトドアといったさまざまなスポーツ・健康分野で、IT技術を活用した商品の提供やサービスを展開する予定だそうです。

プレーする人にも観る人にも、楽しみ、喜び、感動を与えてくれるスポーツ。私たちにとって、なくてはならないものだからこそ、今回ご紹介したような、新しい製品やサービスが生まれるのではないでしょうか?

もっとスポーツについて、深く学びたい人におすすめの学問が、スポーツ学です。スポーツが心身にもたらす影響や、社会との関わりを科学的に研究する学問です。コーチング理論やマネジメント、マーケティング論なども学ぶことができるので、競技指導者や施設経営者を目指す人にもぴったりの学問といえるでしょう。

この記事のテーマ
体育・健康・スポーツ」を解説

病気やケガの予防や予後のケアを通して、人々が健やかに暮らせるようにするのが、健康学の理念です。食生活や運動などのライフスタイルや心理状態、検査やリハビリテーションなど、学ぶ内容は多岐にわたります。体育やスポーツは、健康を維持するための身近な方法であるとともに、人生を豊かにする趣味であったり、人によっては職業になることもあります。競技技術の向上だけではなく、メンタルや栄養、指導者のスキルも学びます。

「体育・健康・スポーツ」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「体育学」
はこんな学問です

身体活動を通じて、健康管理や能力の育成・発展の実現を目的とする学問。社会科学、自然科学など関連する分野の視点も交えて研究する。「スポーツ科学分野」「トレーニング・コーチング分野」「スポーツ管理・経営分野」「生涯スポーツ分野」「武道分野」「保健体育教職課程」などがある。スポーツ選手や、選手育成者を養成することや、社会体育の立場からの指導者を養成するなど、健康管理への関心が高まる現代において重要な役割を果たす学問である。

「体育学」について詳しく見る