好きなときに乗っていい!? SNSだけじゃない、車を「シェア」するってどういうこと?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

好きなときに乗っていい!? SNSだけじゃない、車を「シェア」するってどういうこと?

2016.01.29

提供元:マイナビ進学編集部

好きなときに乗っていい!? SNSだけじゃない、車を「シェア」するってどういうこと?

シェアといえばSNSですが、最近は「車」もシェアできてしまうのだとか。これから免許を取るみなさんにとっても身近な話題をご紹介します。

この記事をまとめると

  • 車を所有しないで利用する「カーシェアリング」が普及しはじめている
  • 短時間であれば、レンタカーよりも低料金で利用できる
  • 車の仕事は、製造・販売だけじゃない

車にまつわる仕事は時代とともに新しくなっている

「若者の車離れ」なんてこともよくいわれていますが、カーシェアリングサービスのように、「車は所有するためにあるもの」という考え方を変えてみると、かなり気軽に車を利用できる世の中になってきました。カーシェアリングサービスのように、自動車にまつわる仕事は、製造・販売を行うだけではないのです。

自動車にまつわる仕事に就きたいと考えている人は、時代に合わせた新しい車や、新しいサービスが誕生していることを知っておくことで、自分の好きな車の仕事により深く関わることができるでしょう。免許をこれから取る予定の方は、近所にカーシェアリングのステーションがあるかどうか、今のうちにチェックしておくと良いですよ。

ガソリン代など、大変な車の維持費は「カーシェアリング」なら解決できる!?

みなさんの中には、小さいころから車が大好きという方もいるのではないでしょうか。家の車に乗せてもらってドライブに出かけ、ミニカーやラジコンカー、プラモデルなどで遊びながら自分も「早く自動車の運転ができるようになりたい!」と考えている人もいるのではないでしょうか。18歳になったらすぐに教習所に通って免許を取って、憧れのあの車を買うためにアルバイトをして……と計画を練っているのでは?

でも、いざ憧れの車を手に入れても、ガソリンや点検など、車の維持費には結構なお金がかかります。まして都市部に住んでいるとなると駐車場を借りるだけでも、それなりの出費がかさみます。そこでおすすめなのが、「カーシェアリング」です。一体どんなものなのでしょうか? もうすぐ免許を取ろうと考えている人は必見ですよ!

SNSなどで使う「シェア」という言葉がついているように、カーシェアリングとは、「乗りたいときに、乗りたい時間だけ車が利用できる」、会員制で他人と車を共有するサービスです。自分で車を持っていなくても良いため、維持費などがかからず、手軽に利用できるのが魅力です。

車を借りるという意味では、レンタカーがすぐに思い浮かびますが、レンタカーがある程度の長時間の利用を想定したサービスに対して、カーシェアリングは短時間を安価で利用できるように設定されています。

24時間いつでも、低料金で使えるのが魅力

実際にどのように利用するのか、あるカーシェアリングサービスの例をご紹介しましょう。まず、入会手続きを行います。その際、利用料金を毎月引き落とすためにクレジットカードの登録が必須になります。利用料のほかに月々かかる費用は、月会費の1,030円。

利用方法は簡単で、パソコンやスマホから乗りたい車を予約しておきます。車を利用できる時間になったら予約したステーション(最寄りのコインパーキングなどの場合もあり)に車を取りに行き、予約した車をICカードやスマホを使いカギを開けて車内のボックスに入っているキーを取り出して運転します。

料金は車種によって違い、15分200円から400円程度の料金がかかります。軽自動車から高級車、最近では電気自動車も用意されているため、用途に合わせて車を選ぶことができます。利用が終わったら、元の場所に車を戻してキーをボックスにしまい、施錠しておしまいです。低料金ですぐに使えて、とても簡単ですよね。

気になるのはガソリンですが、ガソリン代も料金の中に含まれており、別途支払う必要はありません。もしも運転中にガソリンを入れる必要があるときは、車内に置いてあるカードを使ってガソリンを入れることができるので、自分で払う必要はありません。

普通に車を購入した場合には、車の購入費用はもちろん、車検や点検、自動車税、自賠責保険、任意保険、ガソリン代、駐車場代などがかかるわけですから、それらが一切かからずに車を運転できるカーシェアリングには、突然車が必要になったときにはとても便利ですね。また、レンタカーのように一定の時間を予約したものの結局あまり使わずに時間が余ってしまった、という無駄なこともありません。

たくさんの買い物のときや、旅行先でも便利かも

個人での利用はもちろんのこと、家族全員が利用できるプランや、学生が利用できるサービスには月額基本料金がかからないプランもあります。18歳になって念願の自動車免許を取っても、学生時代にマイカーを買うのは難しいですよね。そんなときにカーシェアリングに入会していれば、24時間いつでも使いたいときにパッと利用できるのです。

買い物をしてたくさん荷物を運ぶときや、彼女とちょっと近場のドライブをしたいとき、電車や飛行機で行った旅行先で移動のために車を使いたいときなど、すぐに使えるカーシェアリングに加入していることで「頼りになる~!」と尊敬されるかもしれません。今から免許を取ってもすぐに自分の車を購入できるかどうか分からない人は、まずはカーシェアリングを利用してみてはいかがでしょうか。

この記事のテーマ
サービス・インフラ」を解説

多くの人に便利、快適、感動などをもたらす業界です。人が何を望んでいるかというニーズを先取りし、サービスとして提供します。サービス業は「飲食、宿泊」「医療・福祉」「教育」「情報」や、それらを組み合わせた「複合サービス」があります。インフラはインフラストラクチャーの略で、電気やガスを供給する「エネルギー」、ヒトやモノを移動させる「交通・物流」など生活基盤を支える産業です。

「サービス・インフラ」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「鉄道・航空・運輸」
はこんな業界です

鉄道、飛行機、自動車、船舶で旅客、貨物を運輸する業界。陸運、海運、空運があり、いずれのルートでも、できるだけ早く、安全に、正確に目的地に届けることが目的となる。旅客を運ぶ場合は、安全性はもとより快適さが求められる。貨物の場合は、損壊などが起きないような作業と仕分けなど機械装置の工夫も必要。旅客を対象とする企業の場合は、併せてホテル・旅館、ショッピングセンターなど利用を促進する開発事業を行っていることもある。

「鉄道・航空・運輸」について詳しく見る