ゆとり世代は日本だけじゃなかった!? アメリカにも「新人類」がいる?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

ゆとり世代は日本だけじゃなかった!? アメリカにも「新人類」がいる?

2016.01.28

提供元:マイナビ進学編集部

ゆとり世代は日本だけじゃなかった!? アメリカにも「新人類」がいる?

「新人類」と呼ばれることのある、日本の「ゆとり世代」。実はアメリカにも、「新人類」を表す言葉があるのだとか。一体どんな世代なのでしょうか。

この記事をまとめると

  • アメリカにもゆとり世代がいる?
  • パソコンやインターネットの普及が世代の違いに大きく影響している
  • 現代では、別の国の同じ世代同士つながることができる

世代ごとの価値観の違いは、アメリカにもあった!?

日本には、ある期間に生まれた世代を分類して、「○○世代」と呼ぶことがあります。昭和のベビーブームに生まれた「団塊の世代」や、学習指導要領の変化に伴う“ゆとり教育”が施行されて以降に生まれた「ゆとり世代」が有名です。特に若い世代は、考え方や行動を指し、何かと“世代”として取り上げられがちです。

しかし、世代ごとの価値観があるのは日本だけではありません。アメリカでも「○○世代」という言葉はあるんです。

アメリカでは、第二次世界大戦後の1960年代から70年代の間に生まれた世代を「ジェネレーションX」と呼んでいます。Xは方程式などで使われるXで、未知なるものを指しています。戦前生まれの世代からは理解できない未知の考え方や行動をする世代という意味です。人種や階級、宗教や文化、ジェンダーなど、それまでの社会的価値観に縛られることのない多様性を受け入れる「新人類」として認識されてきました。

ジェネレーションXには、カルチャーの世界にも多くみられ、『パルプ・フィクション』のクエンティン・タランティーノ、『ゴーン・ガール』のデヴィッド・フィンチャーなど個性的な映画監督を生み出しています。また、イギリスでは、ジェネレーションXというパンクロックバンドも、まさに古い価値感を破壊するようなバンドとして登場しました。

パソコンやインターネットの普及が、世代の違いに大きく影響している

そして、ジェネレーションXに次ぐ世代として登場したのが、「ジェネレーションY」です。1980年代から2000年代に生まれた人たちのことで、別名ミレニアム世代とも呼ばれています。日本でいえば、ゆとり世代が近いです。この世代の特徴として、パソコンやインターネットを使いこなせる人が多いことです。コミュニケーションの仕方にも特色があり、メールを通して人と連絡を取り合うことなどがそれまでの世代と違います。その分、人との直接的な対話が苦手な人もいるようです。

こうした世代ごとの価値観の違いは、時代の変化に伴う社会情勢や人々の生活の変容が大きく関わっています。特に、パソコンやスマホが普及しだしてからの世の中に生まれた世代と、テクノロジーがない時代に生まれた世代では、人格形成をする上で大きな違いが生じます。そのため、同じ国に生まれた違う世代よりも違う国に生まれた同世代のほうが話が合うこともあります。

ゆとり世代とジェネレーションYが力を合わせたら、新しい文化が生まれるかも!?

国ごとの文化の違いや価値観の違いを研究する学問を「国際文化学」と呼びます。今やインターネットで世界中とつながることもできるだけに、言語や文化を越えた同世代の交流を行うことが容易なのは現代ならではのメリットです。

国際文化学を学ぶことは、別の国の同世代の人と交流を持つ際にとても役立ちます。日本のゆとり世代とアメリカのジェネレーションYと呼ばれる人が力を合わせることで、国境を越えた新しい文化が生まれるかもしれませんね。

この記事のテーマ
国際・国際関係」を解説

国際問題とひと口に言っても、貧困問題や民族間紛争、資源や食料、環境問題、経済的な競争や協調など、じつにさまざまです。こうした問題を抱えた国際社会で活躍できる人材となるためには、語学力はもちろん、世界各地の文化、経済、政治、法律など、学ばなければならない範囲は多岐にわたります。実際に海外で活動するためには、異文化への理解やデリケートな国際感覚も求められます。留学生との交流や自身の留学も役立つでしょう。

「国際・国際関係」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「国際文化学」
はこんな学問です

国際社会で起こる課題を、文化の視点から捉えて解決策を探る学問。対立ではなく共存の道を探るために、諸国の異文化間相互理解をどのように図ればよいかを研究する。世界各地域から言葉の壁を越えて発信される音楽、絵画、映像、ダンスなどの表象文化が、どのように情報伝達され、受け取られるのかなど、文化への理解が国・民族・性別を超えて人と人を結び付ける方法論を研究する。

「国際文化学」について詳しく見る