移動時間で偏差値上がるかも? 無料アプリ5選(理科編)

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

移動時間で偏差値上がるかも? 無料アプリ5選(理科編)

2015.06.15

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

移動時間で偏差値上がるかも? 無料アプリ5選(理科編)

「移動時間にちょっと勉強したい」「寝っ転がりながら、片手で勉強したい」と考える人も多いのではないでしょうか。今回は、スマホでいつでもどこでも利用できる、理系の学習アプリを5つご紹介します。どのアプリもすべて無料なので、ダウンロードして、電車のなかで、布団のなかで、偏差値を上げちゃいましょう!

この記事をまとめると

  • スキマ時間にできる理科の勉強アプリを紹介
  • 物理や生物など科目別アプリから理科全般のアプリまで
  • 机に向かっていないときでも勉強できる!

【1】物理の本質をとらえる! 動画を見ながら公式を覚えよう

『ロバスト物理』


教科書で物理を勉強していても、図と公式だけではなかなかイメージしづらいものです。しかしこのアプリを使えば、公式の本質を理解できるかもしれません。物体の動きを実際に動画で見て、それをベースに公式を詳しく説明してくれるので、しっかり応用の利く物理の力を手に入れることができます。

【2】レトロゲームの雰囲気で生物用語を覚える!

『生物用語合わせ』

ファミコンのようなドット絵が使われた、昔のゲームを彷彿とさせるレトロな見た目が特徴的な生物の問題集。出題される問題は、だいたいセンター試験と同じ難易度とされています。生物用語3つと、その用語に対応する説明文3つがバラバラで表示され、それぞれが対応する正しい組み合わせを選んでいきます。正解率に応じて偏差値とコメントも表示されるので、高偏差値をたたき出し、コメントでほめられるようになるまで頑張りましょう!

【3】パズルを楽しみながら人体模型の迷宮へ!?

『あそんでまなべる 人体模型パズル』

「自分の身体のことだけど、なかなか個々のパーツの名前が憶えられない」。そんなあなたも、このアプリを使えば、人間の身体に興味が湧いてくるかもしれません。人体を構成する骨や臓器をジグソーパズルのように組み立てていくこのアプリでは、パズル感覚で人体を学べるので、クリアできたときの喜びもひとしお! クリアタイムに応じてワールドランキングに挑戦することもできます。

【4】キュートなキャラクターで元素を学ぼう!

『\快感フィーバー/元素たん -可愛い元素と化合物を集めるのだ!-』


それぞれの元素を架空のキャラクターに置き換えた、世界初(?)の元素系シミュレーションゲーム。ランダムで降ってくるかわいい元素たちを集めてポイントをゲットし、そのポイントを使って化合物をつくり出すことができます。たとえば、「C」の元素1つと、「O」の元素2つを集めて混ぜ合わせることで「CO2」ができます。このようにしてさまざまな化合物をつくりだして、元素と化合物をすべて集めましょう 遊んでいるうちに、元素たちに愛着がわいてきて、まるでペットの名前を憶えるかのように元素や化合物の名前を憶えられるかもしれません!

【5】まずは理科の基礎力を鍛えたいなら

『理科問題3700』


理科全体の範囲の問題が3700問収録されています。中学から高校で勉強する基礎的な問題が中心となっており、問題数は多いですが、そこまで難易度が高いわけではないので、復習に役立てることができます。物理や生物など、理系全般の範囲を網羅しているので、これひとつあれば理系の学問分野の基礎力はバッチリ押さえられます。理系の学習が苦手な人はもちろん、得意な人も、クイズ感覚で挑戦してみませんか?

机に向かっていないときでも、これらのアプリを使えば、効率よく勉強できるのではないでしょうか。いずれも無料なので、まずは、気になるアプリをダウンロードして、ぜひ活用してみてください!