読んでモチベーションアップ? 受験勉強に関する本5選

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

読んでモチベーションアップ? 受験勉強に関する本5選

2015.06.01

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

読んでモチベーションアップ? 受験勉強に関する本5選

この記事をまとめると

  • 受験勉強のモチベーションアップにつながる本を紹介
  • 効率よく勉強をするためのヒントになるかも?
  • やみくもに勉強するより「やりかた」を意識するのが重要

「そろそろ受験勉強をはじめないと!」と思っていても、なかなか勉強をする気が起きない……。
そんな悩みを抱えている人は多いのではないでしょうか? 今回は多くの受験生のモヤモヤを吹き飛ばす、受験勉強との向き合い方に関する本を5冊ご紹介します。これらを読んで、受験勉強のモチベーションをアップさせちゃいましょう!

一発逆転を狙いたいならコレ!

『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶応大学に現役合格した話』(坪田信貴/KADOKAWA)


今年話題になった、有村架純さん主演の映画『ビリギャル』の原作にあたるのが本書です。「聖徳太子」の読み方さえわからない金髪ギャル「さやかちゃん」が、偏差値70を誇る慶応大学に現役合格するという物語は、一発逆転を夢見る人々からたくさんの支持を集めました。はたから見れば無理でしょ! と言いたくなるような目標がなぜ実現できたのか? あえて高い目標を設定して、自分を奮起させたいときにおすすめの1冊です。

記憶力をアップの方法はこれに学べ!

『現役東大生がこっそりやっている頭がよくなる勉強法』(清水章弘/PHP研究所)


「昨日徹夜で覚えたはずなのに……」。テスト用紙を前にして、自分の記憶力にショックを受けたことは誰でもきっとあると思います。本書では、覚えたことを確実に自分の頭に定着させる、現役東大生が行っている記憶術が紹介されています。その他にも、復習はどうやったらいいか、どうしたら勉強が「面白く」なるかといった、勉強法に関するさまざまな疑問を独自の方法で解決してくれます。ただ勉強をするだけでなく、効率的な勉強法を知りたい受験生には役に立つはずです。

予備校に通わない勉強法があった!

「受験勉強をするなら、予備校に通わなければいけない」。この本では、そんな先入観をくつがえす、「予備校に通わない受験勉強法」が紹介されています。著者が受験勉強で最も大切なことだと考えるのは、①「1冊の参考書を完璧に覚えること」、②「基礎から志望校のレベルまでの参考書を次々完璧にこなしていくこと」の2つとしていて、本書では参考書の活用方法が紹介されています。すでに予備校に通っているという人も、この参考書をフル活用した勉強法は要チェックですね。

非効率な勉強法は卒業!

『偏差値29の私が東大に合格した超独学勉強法』(杉山奈津子/角川マガジンズ)


この本の著者も、予備校は効率が悪いからと通わず、すべて独学で勉強して東大合格を果たしたそうです。「そんなことできる人は限られた人では?」と思うなかれ、本書のなかで著者は、自分の体験から学んだ超合理的勉強法を惜しみなく伝授してくれます。「成績が悪い教科から手をつけろ」「書き写す行為は無駄の極み」などの具体的なアドバイスは、自分の勉強法を見直すきっかけになるでしょう。

センター試験対策がマンガで丸わかり!

『ドラゴン桜特別編集 センター試験対策編』(三田紀房/講談社)

センター試験の問題集をやってみたけど、スムーズに解けない、時間が足りない……という方におすすめなのが本書です。センター試験で使える科目別テクニックが、マンガ形式でわかりやすく紹介されています。内容は、問題量が多い英語を克服するための川口式ハイスピード長文読解法、「自分で考えてはいけない」ことを提唱する芥山のセンター国語対策などがあります。試験当日の流れや注意点まで教えてくれるので、読んでおけばセンター試験に安心して臨める1冊です。

以上、受験に向けたモチベーションアップや具体的な対策として役立つ、おすすめ本5選でした。この5冊から分かるのは、やみくもに勉強するよりも、「勉強のやり方」を学ぶことからはじめるのも効果的だということ。結果が出ないと誰でもモチベーションは下がります。そんなときにこれらの本を読んでみれば、自分の勉強法を見直すことができるかもしれません。ぜひみなさんも日々の勉強に役立ててみてください!