恋人にキスしたら通報された!? カップルに厳しいドバイのルールって?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

恋人にキスしたら通報された!? カップルに厳しいドバイのルールって?

2016.01.14

提供元:マイナビ進学編集部

恋人にキスしたら通報された!? カップルに厳しいドバイのルールって?

高校生にとって気になるキーワード「キス」。世界では、公共の場でキスをすると通報されてしまうのだとか。日本とは異なる、海外の法律についてご紹介します。

この記事をまとめると

  • ドバイで、キスをしているカップルが逮捕されたことがある
  • シンガポールでは、外でガムを噛むのが禁止されている
  • 国によってマナーやルールが異なるので、旅行のときは要確認

車の中でキスしていたら、警察に通報される!?

ヨーロッパに暮らす外国人が日本を訪れると、家族や恋人に外でハグやキスをしないことを不思議に思うようです。確かに日本人の愛情表現はややおとなしく、恋人たちがキスする様子も頻繁に見かけることはありません。スキンシップの加減は国や地域によって大きな差があるようです。その極端な例として、街中でのキスがきっかけで大きな問題が起きてしまった国があります。それはドバイです。

ドバイのあるカップルが駐車場の車でキスをしていると、通行人に警察に通報されてしまいます。2人は職場の同僚で、独身男性と独身女性の健全なカップルでした。犯罪を犯しているようにはまるで思えませんが、一体何があったのでしょうか。

ドバイでは、公共の場での愛情表現は違法!?

警察署で取り調べを受けたカップルは、その後の裁判で有罪判決を受けてしまいます。実はドバイでは、キスなど、公共の場での愛情表現が禁止されています。

イスラム圏はとくに公共ルールに厳しいことで知られています。それでも一年中気候のよいドバイは旅行先として人気のある場所です。以前からこのような事件は起こっていて、ハネムーンカップルが羽を伸ばして、外でキスをしたり飲酒したりして検挙されてしまうケースが増えているようです。国外退去になったカップルもいるのだとか。ハネムーンで刑務所入りなんて、悲し過ぎますよね。

世界には、ほかにも変わった法律のある国や地域があります。例えば、シンガポールでは外でガムを噛むのが禁止。マナーが守れない人が多く、街の景観を保つために定められたそうです。

デンマークでは、昼でも自転車のライトをつけておかないと罰金! なんだか変な感じもしますが、このおかげで事故が減ったそうです。確かに昼間でも天気によっては暗い日もありますから、想像以上に効果があるのかもしれません。また、タイでは下着を着けずに外出してはいけないんだとか。

旅行に行くときには、その国のルールやマナーを知っておこう

海外に行ったら、例え日本人でも現地の法律に従う必要があります。みなさんも旅行にいく際は、トラブルを避けるために、その国のルールやマナーを学んでから出かけるようにしましょう。

堅苦しいものと思いがちな法律ですが、こうしたちょっと変わったエピソードをきっかけに、興味を持った人もいるのではないでしょうか。そんな、国のルールでもある法律に関わるのが、弁護士の仕事です。

弁護士になるには、独学では習得が厳しいといわれています。将来弁護士になりたいと思っている人は、法学を学べる専門学校や大学で基礎知識をみっちりと学んでおく必要があるでしょう。法科大学院を修了もしくは司法試験予備試験合格の上で、司法試験に合格した後、さらに1年半の司法修習を受け、修習後に行われる考試に合格しなければなりません。その後、はじめて弁護士として働けるようになります。ちなみに受験回数の制限もあります。

どんな場所、どんな時代でも社会のルールを決めるのは法律です。非常にやりがいのある仕事だといえるでしょう。

この記事のテーマ
公務員・政治・法律」を解説

公務員採用試験などの対策や司法書士など法律関係の資格取得のための学びが中心で、官公庁や行政機関の採用試験科目を段階的に学び、各種試験の合格を目指します。将来は公務員として行政に携わるほか、政治活動を支える政党職員などの仕事が考えられます。弁護士や検察官など法曹の道へ進みたい場合は、大学や法科大学院への進学が必須です。

「公務員・政治・法律」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「弁護士」
はこんな仕事です

法律の専門家として、依頼者の利益となることを主張して権利を守る仕事。借金返済や離婚・相続など企業や個人の間のトラブルを扱う「民事事件」と、国が刑事被告人を裁く「刑事事件」の2種類がある。法廷に立つだけでなく、依頼者の相談内容をヒアリングしたり、書類を作成したりと、その業務は多岐にわたる。当然、膨大な法知識が必要であり、弁護士になるためには国家試験のなかでも最難関といわれる「司法試験」を突破しなくてはならない。

「弁護士」について詳しく見る