自転車に乗るのはダメだけど、スケボーならOK!? 女性の間でスケボーが広まっている国がある?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

自転車に乗るのはダメだけど、スケボーならOK!? 女性の間でスケボーが広まっている国がある?

2016.01.14

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

自転車に乗るのはダメだけど、スケボーならOK!? 女性の間でスケボーが広まっている国がある?

世界には、女性が自転車に乗ることを否定する、否定的な国があるそうです。その国では、少女たちの間でスケボーが広まっているのだとか。ちょっと不思議な、日本との文化の違いをご紹介します。

この記事をまとめると

  • 女性は自転車に乗るべきでない、とされている国がある
  • 女の子たちにスポーツを楽しませてあげようとする団体が、スケートボード学校を設立した
  • 国民人口の低年齢化が深刻なアフガニスタンでは、性別関係なく、教育の重要性が高まっている

アフガニスタンでは女性は自転車に乗ってはいけない!?

みなさんの中には、高校に通うために、自転車を使っている人も多いのではないでしょうか? 最近は、社会人も運動のために自転車を使って通勤する人も増えています。少し離れた場所へも気軽に移動できて、荷物も乗せられる自転車は、生活に欠かせないのです。自転車に乗れる人なら、一人一台は持っているかもしれませんね。

そんな便利な自転車ですが、しかし、乗るべきではないとされている国もあります。それはアフガニスタンです。アフガニスタンでは、女性は自転車に乗ることは異常な行為だと思われることが多いようです。2001年にタリバン政権が崩壊するまで、サイクリングだけでなく、車を運転したりスポーツをすることも禁じられていたからです。

タリバン政権が崩壊してからもその意識は根強く、今でも自転車に乗っていると男性から奇異な目で見られることが少なくないようです。しかし、あるNPO法人の活動によって、女性の間であるスポーツが流行しつつあるそうです。

アフガニスタンの少女たちの間で流行りつつあるスケボー

そのスポーツとは、日本でも人気のあるスケボーです。スケボーをアフガニスタンに広めたのは、「スケーティスタン」という非営利団体。スケーティスタンの代表を務めるオーストラリア人のオリバー・ペルコビッチさんは、女の子が12歳を過ぎると公共の場でスポーツをすることができなくなるということを知り、女の子たちが自由にスケートボードを楽しめる学校を設立しました。はじめは反対の声も多かったのですが、団体の設立から2年後には、アフガニスタンの五輪委員会から寄付された土地に屋内スケートパークと教育施設を完成させました。

スケートボード学校では、勉強をすることも制限されている女の子たちに勉強をさせてあげられるように、1時間はスケボー、1時間は勉強というようなカリキュラムを組んでいます。スポーツと勉強をする権利を得た女の子たちがスケボーを楽しんでいる姿は、とても生き生きとしているんだそうですよ。

アフガニスタンと日本の違い

今、アフガニスタンは国民人口の半数が16歳以下と低年齢化が深刻になっています。これまでは女性は勉強をしてはいけない、外で働いてはいけないなどさまざまな制限がありましたが、これから国をつくっていくためにはそれらの制限をなくし、きちんとした教育を受けていかなくてはいけないという考えが徐々に浸透してきているようです。

日本では、男性も女性も同じように学び、働き、遊ぶ権利があります。しかし、そうではない国もまだまだたくさんあるのです。このような文化の違いを学ぶ学問を比較文化学といいます。比較文化学を学ぶと、他国の文化を理解できるだけではなく、日本文化についての理解も深まっていきます。文化と共に言語についても学んでいきますので、グローバル化する社会に対応できるようになるはずです。生まれた国や文化が違っても、お互いに理解し合える世界になっていくといいですね。

この記事のテーマ
文学・歴史・地理」を解説

文学は、長い歴史のなかで変遷してきた人間の生活や社会、人々の考え方や感情の変化などを、文章表現をもとに考える学問です。文献を読み解いて比較検討し、過去から現在、さらには未来に至る人間のあり方や社会について研究します。地理学や歴史学は、今日の私たちの生活や文化、経済活動などについて、基盤となった地形や気候、史実やさまざまな事象、最新の研究結果や歴史的な遺構をもとに、その成り立ちから考える分野です。

「文学・歴史・地理」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「宗教学」
はこんな学問です

実は、欧米の大学でも19世紀末に初めて開講された比較的、歴史の浅い学問である。それまでは、あくまでもキリスト教の神学だけが学問の対象とされてきた。そのタブーを破り神学から独立してできたのが宗教学だった。世界の三大宗教といわれるキリスト教、仏教、イスラム教をはじめ、日本の民間信仰、世界各地の民族宗教、前世紀から今世紀にかけて急成長した新宗教まで、時間・空間を超えて広く宗教に関わる事象を研究対象とする。

「宗教学」について詳しく見る