ミス・ユニバースは「職業」だった!? 大会出場以外に何をしてるの?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

ミス・ユニバースは「職業」だった!? 大会出場以外に何をしてるの?

2016.01.25

提供元:マイナビ進学編集部

ミス・ユニバースは「職業」だった!? 大会出場以外に何をしてるの?

美に敏感な女子高生だけでなく、多くの女性や男性たちにとって気になる存在、ミス・ユニバース。しかし、彼女たちはコンテストが終わった後はどんなことをしているのでしょうか? 知られざるミス・ユニバースの活動についてご紹介します。

この記事をまとめると

  • ミス・ユニバースは1年間でさまざまな社会活動に励んでいる
  • どんな舞台でも任せられる責任感があるかが重要視される
  • 任期後はモデルや女優、ラジオDJなどに転身する人が多い

ミス・ユニバースの本業はボランティア活動!?

女性の美しさを競う「ミスコン」。みなさんの学校でも、文化祭などでミスコンを開催しているかもしれませんね。特にテレビで取り上げられるような大きな大会は、どんな人が参加しているのだろうと、ついつい気になってしまいませんか。

大規模なミスコンはいくつかありますが、その中でも「ミス・ユニバース」という言葉を聞いたことはありませんか? ミス・ユニバースは、約80カ国の代表から「世界一の美女」を決める、世界的なコンテストのこと。日本からも毎年代表が選抜され、世界大会に参加しています。

そんなミス・ユニバースに選ばれた人は、さぞテレビや雑誌に引っ張りだこなんだろうな、と思いきや、実は仕事のほとんどがチャリティやボランティア活動なんだとか。一体、どういうことなのでしょうか。今回は、ミス・ユニバースの裏側について探ってみたいと思います。

世界中を飛び回り、社会活動に励む毎日

ミス・ユニバースというと、世界各国の女性が集まる美人コンテスト、というイメージがあります。しかし、コンテストに優勝して終わり、というわけではなく、翌年のミス・ユニバースが決まるまでの1年間を任期として、さまざまな社会活動を行っているのです。社会活動とは、例えばチャリティ活動や、ボランティア活動、難病と闘うこどもたちの夢を叶える運動、エイズ検査の普及活動、アルツハイマー支援など、休む間もないほど、イベントからイベントへと世界中を駆け回っていきます。

そのため、ミス・ユニバースの選考基準は、単純に「美人であればいい」というわけではありません。容姿の美しさに加えて、知性・感性・人間性・誠実さを兼ね備え、責任感を持って任期をこなしていけるかが重要視されているのです。例えば、大舞台や公式の場で落ち着いてスピーチができるか。テレビで自分の活動をしっかりとアピールできるか。水着審査も、細ければいいのではなく、きちんと筋肉がついていて、自分に自信を持っているか、という点も審査されます。

ある優勝者は、ミス・ユニバースの1年間について「どんなときも自分らしく、今を楽しむ気持ちが大切。時間的や肉体的にしんどいことは多かったけれど、各国のミスやスタッフとの時間も、常にエンジョイするようにしていました」と語っています。

任期後は、モデルや女優へ転身する人が多い

ミス・ユニバースの卒業後は、モデルや女優、ラジオDJなど華やかな世界に飛び込む人が多いようです。関連書籍が多く発行されていますから、ミス・ユニバースの活動に興味がある人や、いつか応募したいという人はぜひ読んでみると面白いかもしれません。

「自己アピール」の機会は受験や就職活動など、これからの人生で何度となく訪れます。どんなふうに自分を見せていけばよいのか、参考にもなりそうです。

この記事のテーマ
マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画」を解説

若い感性やアイデアが常に求められる世界です。番組や作品の企画や脚本づくり、照明や音響などの技術スタッフ、宣伝企画など、職種に応じた専門知識や技術を学び、実習を通して企画力や表現力を磨きます。声優やタレントは在学しながらオーディションを受けるなど、仕事のチャンスを得る努力が必要。学校にはその情報が集められています。

「マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「モデル」
はこんな仕事です

ファッションブランドの服やアクセサリーを身に付けて、雑誌や広告のモデルになったり、ファッションショーに出演するのが仕事。また、手や足など身体の一部分だけで表現するパーツモデルや、彫刻や絵画などの被写体を務める美術モデルもいる。外見、容姿で評価される職業ではあるが、細かな服の着こなし術、シーンごとの表情、ポーズのつくり方など、自らの工夫次第で印象は大きく変化する。すなわち普段のトレーニングが役立つ仕事だ。プロとして活動するためには、モデルエージェンシーに所属することが基本になる。

「モデル」について詳しく見る