肩と同様、実は顔も凝る!? スマホ疲れの顔コリに要注意!

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

肩と同様、実は顔も凝る!? スマホ疲れの顔コリに要注意!

2015.12.24

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

肩と同様、実は顔も凝る!? スマホ疲れの顔コリに要注意!

スマホを使用する際、自分の顔や表情などを鏡でみたことはありますか? 下を向き険しい顔をして「スマホブス」になっていませんか? 今回は、その原因となる「顔コリ」を予防・解消するための簡単な知識を学び、若さ溢れる表情を保ち続けましょう!

この記事をまとめると

  • そもそも「コリ」とはどういう状態のことなの?
  • どうしてスマホのやり過ぎで顔の筋肉が凝るの?
  • どうすればそのコリは解消されるの?

どうしてスマホで「顔」が凝るの!?

そもそも「コリ」とは、筋肉が凝り固まっている状態のこと。 顔の筋肉は30種類以上あり、大きく分けると『表情筋(ひょうじょうきん)』と『咀嚼筋(そしゃくきん)』の2種類に分けられます。表情筋は、その名の通り、しゃべる・笑う・泣く、などの表情を作る際に使う筋肉のことを呼んでいます。また、咀嚼筋は、食べ物を噛む際に使われる筋肉で、表情筋の土台となっている筋肉です。

暇な時間はスマホをいじり、電話よりもLINEやメール。そんな生活を続けていると、筋肉が動かず固まってしまいます。顔の筋肉を動かさずにいることで、血行不良を引き起こしてしまうのです。めぐりが悪くなることで、酸素が不足し、乳酸などの疲労物質が蓄積されていきます。

顔が凝ると見た目も変わるものなの?

前述のように、スマホばかりを触っていることで会話が減ったり、表情をあまり変えないでいたりすると表情筋が衰えていきます。そうすると顔全体が血行不良になってしまい、固まってしまいます。

また、顔が凝ったからといって見た目には分からないような気がしますが、実はその凝りの分だけ顔が大きくなったり、輪郭が崩れて小ジワが目立つようになるケースも!
さらに、血行不良ということはつまり血液の循環が滞っている状態のこと。すなわち「むくみ」の原因にもなるのです。痩せている人も油断大敵です。いくらダイエットをしても、むくみとコリで顔はパンパンに……恐ろしい事実です。

顔コリを解消しよう!

顔コリが気になるけど、スマホはなかなか辞められないというそこのあなた! 大丈夫です、安心してください! 現代人は表情が乏しいといわれているそうですが、コリへの意識を改めることで解消することは可能なのです。そのためには、まず普段から顔をほぐしておくことが大切だとか。代表的なほぐし方は、人差し指の第2関節を顔に垂直に当て、グリグリと筋肉を刺激することです。それだけでもスッキリするんですよね。ただし、強くすぎると肌や筋肉を傷めることにもなるため、力を抜いてマッサージすることを意識しましょう。

また、日ごろから「よく笑う」「よくしゃべる」「時間があれば口を動かす」ことを意識しておくことをおすすめします。たまにはスマホを置いて、友達とおもいきり会話を楽しんで笑っていることで美容にも効果があるなんて最高ですよね! 顔の大きさやほうれい線が気になるかたはぜひ日常に取り入れてみてください!


参考:働く女子の新・常識!?“顔コリ”対策(http://sp.skincare-univ.com/t/1025-yubitamago/)

この記事のテーマ
生活・服飾・美容」を解説

生活・服飾・美容の分野には、生きていくために必要不可欠なものだけではなく、それによって生活がより豊かで快適になることを目的としているものもあります。たとえば生活学では、だれもが安全で快適に暮らせる空間を実現するために、ユニバーサル・デザインの研究を行います。服飾や美容は、トレンドや利用者によって多様化するニーズに対応するために、素材、色、デザイン、施術方法など、あらゆる角度から美を追究しています。

「生活・服飾・美容」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「美容」
はこんな学問です

メイクアップ、ヘアメイク、ネイルアート、ファッションコーディネート、着付けなど、人の美容からフローラルデザインまで、美を創作する知識と技術を学ぶ分野と、ファッション、アートをビジネスとして捉えて商品開発の理論や手法を学ぶ分野に大きく分けられる。学校によりインテリアなどの製品デザイン分野や、エステティックなど美容健康分野、モデルなど芸能分野に進むための学習など、幅広く学べるケースもある。

「美容」について詳しく見る