国のヒミツをネットで暴く!? 正義の味方のようなハッカー集団がいる!?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

国のヒミツをネットで暴く!? 正義の味方のようなハッカー集団がいる!?

2016.01.04

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

国のヒミツをネットで暴く!? 正義の味方のようなハッカー集団がいる!?

国際的なハッキングを行っている、ある匿名ハッカー集団が話題になっています。その集団の特徴、ハッキングの対象についてご紹介します。

この記事をまとめると

  • 社会活動に関わることもある、国際的なハッカー集団「アノニマス」
  • アノニマスはもともとお騒がせ集団だったが、社会的な意図を持つ集団に変わった
  • ネット社会における情報管理の役割を考えてみよう

ハッカーの目的は情報を盗んで、破壊することだけじゃない!?

インターネットが普及して以降、「ハッカー」の存在も一般的に知られるようになりました。コンピューターの知識を使って国や企業のコンピューターへ、セキュリティをかいくぐり、ときには不正なアクセスをし、情報を覗き見て、世界に向けて公開してしまうこともあるハッカー。その活動から、犯罪性と結びつけられることもありますが、ただし、彼らの目的はそれだけではありません。今回は、最近ニュースで取り上げられることで知られている匿名ハッカー集団「アノニマス」について取り上げてみたいと思います。

「匿名」もしくは「名なし」を意味するアノニマス(Anonymous)を名乗る彼らは、他者に対して不当な扱いをした政府や企業へ抗議活動の手段としてハッキング攻撃を仕掛ける、国際的なハッカー集団です。

2015年には過激派組織「イスラム国」(ISIS)に対して宣戦布告を行ったことが世界的に大きく報じられ、そのニュースでアノニマスという名前や、奇妙な仮面を被った集団の姿を見たことがある人もいるかもしれません。彼らはリーダーのもとに一致団結したような1つのグループではなく、アノニマスの名のもとに集まった、ゆるいつながりのハッカー連合であるといわれています。

もともとは「お騒がせ集団」だったアノニマス

アノニマスがネット上の匿名掲示板で活動を始めたのは2003年ごろと言われています。当初、彼らは社会的活動をするわけではなく、ネット上でいたずらをするような単なるお騒がせ集団として認識されていました。ところが、近年は社会的な意図を持った活動にシフトしています。

アノニマスが有名になったのは2008年のアメリカの新興宗教「サイエントロジー教会」への攻撃からだといわれています。サイエントロジー教会が作成した俳優のトム・クルーズが登場する信者向けの動画がYouTubeに流出したのを、同教会が削除させたことを発端し、攻撃が始まったようです。

「他者への不当な扱いを許さない」をポリシーに掲げている彼らは、人権問題に対しても反応し、攻撃に出ることがあるようです。例えば、2014年にミズーリ州で白人警官が黒人少年を射殺した事件において、警官が不起訴になったことに対して抗議運動が行われたことがありました。アノニマスは警察や地元自治体に対するサイバー攻撃、その白人警官を支持し「報酬を与える」と意思表明した白人至上主義団体「クー・クラックス・クラン(KKK)」にも攻撃を行い、団体を支持する約1,000人の個人情報をネットで公開しました。

アノニマスは「自由で束縛されない情報の開示」を求めており、こうした活動にも彼らなりの価値観と、主義主張があります。もちろんアノニマスの活動については賛否両論あり、こうした思想を持って私的制裁を加えるハッカー集団が、インターネット上を常に徘徊していることの危険性を警告している識者も多くいます。

ネット社会における情報管理の役割を考えてみよう

「正義の反対はもう一つの正義」という言葉があります。民意を反映した活動をしているようにも思えてしまうアノニマスですが、彼らの活動ももちろん、私たちが思う「正義」も、危ういバランスの中で成り立っていることを忘れてはいけません。そもそもどんな理由があったとしても、その知識を悪用した違法なハッキングはしてはいけないことなのです。

このようなネット上の情報に関することを研究する学問を「情報学」と呼びます。例えば通信販売などを行う際の個人情報の保護などにも、情報学を学ぶことで得られる知識や技術が役立っています。情報学を学んでみたい人はネット社会における情報管理の役割について考えることから勉強を始めてみてほしいと思います。

この記事のテーマ
情報学・通信」を解説

情報通信産業には、通信業、放送業、情報サービス業、インターネット付随サービス業、映像・音声・文字情報制作業の5分野があります。近年は各分野の垣根が取り払われつつありますが、なかでも注目されているのが、インターネットに代表されるコンピュータを介した情報通信工学でしょう。高度に情報化が進んだ現代において、安全保障や経済政策はもちろんのこと、日常生活に至るあらゆるシーンで必要とされる、活躍の場の広い学問です。

「情報学・通信」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「情報学」
はこんな学問です

情報学という学問名で、文系と理系の2種類の学問を表す。文系学問としては、人文・社会科学系の学問と連携し、社会システムのなかでの情報技術の役割や、マスコミュニケーションにおいての情報メディアの役割、国境を越えての情報コミュニケーションを研究テーマとする。理系学問としては、コンピュータのハードウェアやソフトウェア、情報システムが稼働する原理など、情報についての基礎となる分野を数学的手法によって研究する。

「情報学」について詳しく見る