さわやかイケメンな髪型に! 2016年、流行の髪型を聞いてみた!【男子編】

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

さわやかイケメンな髪型に! 2016年、流行の髪型を聞いてみた!【男子編】

2016.01.08

提供元:マイナビ進学編集部

さわやかイケメンな髪型に! 2016年、流行の髪型を聞いてみた!【男子編】

ヘアスタイリストが男子高生にオススメする、2016年流行のヘアスタイルとアレンジ方法を紹介! 新年とともに思い切ったイメチェンで、モテ男に仲間入りできるかも?

この記事をまとめると

  • 思い切って髪型を変えるだけで、グッと好印象になることも
  • さわやかな雰囲気の中に、やさしさが感じられると◎
  • 美容師さんに髪型を伝える場合は、分かりやすい写真を持って行くとよい

イケメンに生まれ変わるなら、まずは髪型から

「今年こそモテたい!」と思っている男子のみなさん、新年を機に、まずはヘアスタイルから思い切ってイメチェンしてみませんか? 髪を切るだけでも、かなり好印象に変わることができます。でも、いざ髪を切ろうと思っても、どんなヘアスタイルにすればいいか迷ってしまうこともありますよね。そこで、今年はどんなヘアスタイルがおすすめなのか、スタイリストのOさんに聞いてみました!

「女子ウケする男子の髪型は、さわやかな雰囲気の中にもふんわり盛られた、やさしさが感じられるスタイルです。男子には、ベリーショートなど強さを求めるスタイルが人気ですが、女子的にはちょっぴりイカつく見えることもあるのだとか。だからカットをする際は、耳周りはスッキリと切っても、トップには盛れる長さをキープしたヘアスタイルをリクエストするといいでしょう」(Oさん)

今回はこのポイントを押さえつつ、ほどよくトレンドも取り入れた、イケメン度がUPすること確実のヘアスタイルをご紹介します!

イメチェンするならこれしかない! 2016年のトレンドヘア

【ナチュラルでやさしい雰囲気が魅力! マッシュショート】
「去年から引き続き、マッシュルームベースのショートスタイルが人気です。マッシュショートならではのナチュラルでやさしい雰囲気は、中性的な顔立ちの人によく似合いますよ」(Oさん)

マッシュショートにツーブロックを組み合わせれば、いっそう清潔感のあるルックスに。くせ毛の人は、それを活かしてワックスなどで動きをつけるとよりおしゃれにスタイリングすることができます。

【さわやか&ワイルドな男前ヘア! ソフトモヒカン】
「すっきりとしていて爽やか、なのにワイルドな男らしさも醸し出せるソフトモヒカンも、長く人気が続くヘアスタイルです。ソフトモヒカンにもいろいろな種類がありますが、挑戦するならもっともスタンダードなヨーロピアンソフトモヒカンがおすすめです」(Oさん)

自分でスタイリングする際は、毛流れに逆らって髪を立ち上げるようにしながらドライヤーで乾かしてください。仕上げは硬めのワックスを使うと長く立ち上がりをキープできます。

【2WAYにアレンジできる! アップバングショート】
「額を出すことで、明るくポジティブな印象になれるアップバングショートも女子ウケが期待できます! アップバングショートにすると、前髪を上げたり下ろしたりで2WAYのアレンジができるので、ギャップのアピールにも効果的。普段は上げていても、ときどきは下ろしてナチュラルな雰囲気に変えてみるなど、気軽にイメチェンを楽しんでみてください」(Oさん)

アップバングの命である前髪の立ち上がりには、なによりもブローが大切です! まず髪をしっかり濡らしてから、トップ、フェイスライン、襟足、バックの順番で乾かします(乾いた髪だとクセがつかないので、必ず濡らすのを忘れずに!)。トップを乾かす際は、必ず指で髪を持ち上げながら、根元に温風を当ててください。そして、立ち上がりがうまく固定されるように、次は冷風を当てます。フェイスラインは顔に押しつけるように引っ張りながら乾かすのがコツです。仕上げは硬めのワックスを全体に根元からつけて、エアリーな質感を出せば完成。朝時間がないときは、トップだけ濡らして乾かすだけでもOKです。

【多彩にアレンジできる万能ヘアスタイル! ネオ七三】
「“男らしい”“誠実そう”“さわやか”“清潔感がある”“大人っぽい”など、あらゆるモテる要素がそろっている、今イチ押しのヘアスタイルがネオ七三です! ファッションとの組み合わせやスタイリングしだいで、カジュアルにもきれいめにもアレンジできますよ」(Oさん)

モテ要素がそろっている上に、さまざまなアレンジが楽しめるのがネオ七三。例えば、前髪を斜め上にかきあげてジェルで固めればワイルドに、伊達メガネをかければ知的でクールな印象に、など、その日の気分やファッションに合わせて雰囲気を変えることができます。

美容師さんに分かりやすく伝えるためには、イメージ写真が必須!

同じスタイルでもツーブロックやパーマの組み合わせ、その人のクセなどによってカットの仕方が異なります。そのため、美容室で具体的にどんなヘアスタイルにしたいかが決まっている場合は、イメージ写真などを持って行くと美容師さんにも分かりやすく伝わるようです。

その人の毛質によってはできない髪型もありますが、そのときはきっと、美容師さんが髪質に合うヘアスタイルを提案してくれるはず。ヘアスタイルのイメチェンを考えている人は、まずは美容師さんに相談してみてはいかがでしょうか。ヘアスタイルにまつわる、美容師さんのテクニックも知ることができるかもしれませんよ。

この記事のテーマ
美容・理容・メイクアップ」を解説

美容師や理容師、メイクアップアーティストなど、確かな技術と感性を備えた「美」の専門家を目指します。理容師や美容師の国家資格取得を目指すほか、それぞれの職種に応じた技術力や表現力の習得、接客能力を身につけます。従来のように美容室や理容店で働くだけでなく、高齢者や障害者のもとへ出張する技術者へのニーズも高まっています。

「美容・理容・メイクアップ」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「ヘアスタイリスト」
はこんな仕事です

メイクアップアーティストがメイクのプロであるなら、ヘアスタイリストは髪を整えるプロである。お客の要望に応えて髪を整えるのは美容師と同じだが、ヘアスタイリストはメディアに登場するモデルなど著名人が顧客になることが多く、メディアの種類や対象者のキャラクターに応じてアレンジすることを求められる。想像力を持ってさまざまな髪型を提案、スタイリングしなければならない。著名人の専属で仕事をすることも多く、担当したタレントのヘアスタイルが社会現象のように流行することもあれば、不評を買うこともあるので、やりがいと責任の大きな仕事だ。

「ヘアスタイリスト」について詳しく見る