民族的な見た目が魅力! アジアの小物やアクセサリーがある雑貨店ってどんな場所?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

民族的な見た目が魅力! アジアの小物やアクセサリーがある雑貨店ってどんな場所?

2016.01.21

提供元:マイナビ進学編集部

民族的な見た目が魅力! アジアの小物やアクセサリーがある雑貨店ってどんな場所?

街でショッピングをしているときなどに、見かけることのあるアジアン雑貨店。日本でははなかなか見かけない、異国情緒あふれる、個性的なデザインの雑貨が目を惹きますよね。でも、「気になるけど、ちょっと入りにくそう……」と、素通りしてしまっている人もいるかもしれません。しかし実は、お金をたくさん持っていなくても、気軽に楽しめるポイントがたくさんあるんです! 今回は実際にアジアン雑貨の小物やアクセサリーを探してみました!

この記事をまとめると

  • 全国にはさまざまなアジアン雑貨店がある
  • 個性的なデザインの雑貨がお手頃価格で見つかることも
  • 異文化に興味を持つきっかけになるかも

全国にあるさまざまなアジアン雑貨店

みなさんが住んでいる地域でも、街中の商店街やショッピングモールにアジアン雑貨店があるのを見たことがあるかもしれません。そういったお店の中には、小物やアクセサリーだけでなく、エスニックファッションをメインに取り扱っているお店も多くあります。

「チャイハネ」「チチカカ」「マライカ」「仲屋むげん堂」といった人気店をはじめとした、アジア各国のアイテムを集めたアジアン雑貨店は、どこも独特の店構えが印象的です。友だちとのショッピングなどでお店の前を通ると、思わず中に入ってみたくなりますよね。ストールやバッグなどの雑貨が高いところから何種類もぶら下がっていて、なんだかジャングルのような雰囲気のお店を見たこともあるかもしれません。店内にお香の匂いが立ちこめているお店も多いです。

またアジアン雑貨店の多くは、所狭しと個性的な雑貨が並んでいます。中にはほかのお客さんとすれ違うのがやっと、というくらいに店内は雑貨で埋め尽くされているお店もあるでしょう。たくさんある商品のなかでお気に入りを見つけるのは、まるで宝探しをしているような感覚になります。

個性的でおしゃれな商品がお手ごろ価格で見つかることも

アジアン雑貨店は、店内を物色していると、気になる雑貨が次から次へと見つかって、ついつい目移りしてしまいがちです。個性的なプリントのトートバッグやカラフルな帽子、ユニークな柄物のポーチやエスニックなアクセサリーなどなど……。日本のデザインではなかなか見かけないけれど、普段の格好に取り入れられそうなアイテムがたくさん並んでいることが多いです。かわいらしい女子向けアイテムがお手ごろ価格で見つかることもあります。

お金をかけずに、友だちと差をつけるにはぴったりのアイテムが盛りだくさんなので、アジアン雑貨を持っていれば、学校でふとしたときに「それどこの?」なんて聞かれることもあるかもしれません。「これはインドの柄でね……」なんて答えれば、友達も「センスいいね!」と感心してくれたらうれしいですよね。

お香やキャンドルなども豊富に扱っていることが多いので、香りで選んだり、パッケージで選んだり、好きなものをそのまま部屋に飾ってみてもよさそうです。一般的に雑貨店というと、女子向けのアイテムが多い印象ですが、カップルでおそろいのお香やアクセサリーを選んだりするのも楽しそうです。

雑貨を通じて、海外の文化を知るきっかけになる

同じアジア圏とはいえ、日本とはこんなにも違った雰囲気のアイテムが揃うアジアン雑貨店。商品を見るだけではなく、ところどころに貼ってある手書きの説明にもぜひ注目してみてください。「このアイテムは◯◯民族の伝統的なおまじないグッズで……」とか、「◯◯の国ならではの模様を使った……」など、ちょっとした国際文化の勉強にもなります。実際に現地に行くのには手間もお金もかかってしまうけれど、まずはみなさんの身近にもあるアジアン雑貨店で海外に思いを馳せてみるとよさそうです。アジアン雑貨店は、ショッピングモールや商店街をはじめ、さまざまな場所にあるので、ぜひ最寄りのお店を見つけてみてくださいね。

このような海外の文化を知ることは、「国際文化学」という学問にもつながります。国際文化学は、異文化の理解と関係の構築を図る学問です。アジアン雑貨をきっかけに海外の文化に興味を持った人は、国際文化学を通して、異なる文化について知識を深めてみてはいかがでしょうか。

この記事のテーマ
国際・国際関係」を解説

国際問題とひと口に言っても、貧困問題や民族間紛争、資源や食料、環境問題、経済的な競争や協調など、じつにさまざまです。こうした問題を抱えた国際社会で活躍できる人材となるためには、語学力はもちろん、世界各地の文化、経済、政治、法律など、学ばなければならない範囲は多岐にわたります。実際に海外で活動するためには、異文化への理解やデリケートな国際感覚も求められます。留学生との交流や自身の留学も役立つでしょう。

「国際・国際関係」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「国際文化学」
はこんな学問です

国際社会で起こる課題を、文化の視点から捉えて解決策を探る学問。対立ではなく共存の道を探るために、諸国の異文化間相互理解をどのように図ればよいかを研究する。世界各地域から言葉の壁を越えて発信される音楽、絵画、映像、ダンスなどの表象文化が、どのように情報伝達され、受け取られるのかなど、文化への理解が国・民族・性別を超えて人と人を結び付ける方法論を研究する。

「国際文化学」について詳しく見る