センター試験や期末テストで役立つかも? 縁起のいいおやつを調べてみた!

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

センター試験や期末テストで役立つかも? 縁起のいいおやつを調べてみた!

2016.01.13

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

センター試験や期末テストで役立つかも? 縁起のいいおやつを調べてみた!

受験生のみなさん、勉強がんばっていますか? 入試本番が近づいてきましたが、各種お菓子メーカーもみなさんを応援しているようです。今、お店には受験生向けの「縁起をかつぐお菓子」がたくさん並んでいます。これら縁起がいいお菓子を食べれば、試験やテストもうまくいくかもしれません。そこで今回は、実際にどんなお菓子が販売されているのか調べてみました!

この記事をまとめると

  • Toppoは、受験シーズンに縁起のいい「Toppa(トッパ)」に変身する
  • 柿の種は「受験に勝ちの種」に名前を変わって登場することも
  • 縁起がいいお菓子を食べれば、試験やテストで役立つかも

縁起かつぎの大定番!「キットカット」

大定番「キットカット」

大定番「キットカット」

「きっと勝つ」という語呂合わせで、縁起かつぎのお菓子の人気者なのが「キットカット」。さっそく食べてみます。マイルドなミルクチョコレートの甘さがおいしいです。ウェハースの歯ごたえもたまりません。子どもの頃から数え切れないほど食べていますが、飽きない味ですね。ちなみに、カカオに含まれている「ポリフェノール」は脳の活動をサポートする働きがあるそう。そういえば、何となく頭が冴えてきたかも?

キットカットが縁起のいいお菓子として、受験生に知れわたったのは2002年。キットカットを九州地方の言葉で「きっとかつとぉ」と呼ぶことから広まったそうです。筆者も受験生のとき、学校の先生からキットカットを2枚もらった記憶があります。先生いわく、「1枚だと『きっとCut.(カット=切られる)』だけど、2枚なら複数形になって『きっとCuts.(カッツ=勝つ)』」らしいですよ。みなさんも、ぜひ受験会場には2枚以上持っていきましょう。きっと勝つ!

受験という高い壁を突破せよ! 「Toppa(トッパ)」

高い壁を突破=「Toppa(トッパ)」

高い壁を突破=「Toppa(トッパ)」

あの大人気のお菓子、「Toppo(トッポ)」は、“受験を突破する”という意味をこめて、受験シーズンは「Toppa(トッパ)」と名を変えて登場します。香ばしいプレッツェルとチョコレートの絶妙なハーモニーが特徴的。手が汚れにくいので、食べた後すぐに勉強に取りかかれるのもうれしいです。

例年、Toppaを発売しているロッテは、ほかにも受験応援お菓子をリリースしています。まずは、「コアラのマーチ」の特別パッケージバージョン。「コアラは寝ていても木から落ちない」ということから、縁起かつぎとして受験生に人気があるんだとか。また、「クランキーチョコレート」もパッケージを変えて発売されています。「サクサクすすめ!」ということでしょう。これらのお菓子で受験もToppaだ!

GAんBAる受験生に!「メンタルバランスチョコレート GABA」

がんばる=「GABA」

がんばる=「GABA」

「GABA」はストレス社会で闘う人のためにつくられたチョコレート。カカオに含まれているGABAという成分が、心を「ほっ」とさせてくれるそう。実際に食べてみました。う~ん……、甘くてまろやかで、たまりませんね。確かに受験勉強のストレス解消につながりそうです。

GABAのいいところは、袋がスタンドタイプになっているから、デスクの隅に立てておいて、勉強の合間にすぐ食べられるところですね。さらに、開封した後も、ジッパーで閉じられるようになっているので、入試会場に持っていくのにも向いています。GABAを食べて、試験もGAんBAろう!

これで必ず入試に受かる!?「ウカール」

入試に受かる=「ウカール」

入試に受かる=「ウカール」

チョコレートが続いたので、ここでスナック菓子をご紹介。みなさんにもおなじみのお菓子「カール」が、「ウカール」とネーミングを変えて発売されているのを知っていましたか? ウカールは、2002年の受験シーズンに新発売。長年にわたって、受験生を応援し続けてきました。そんな歴史ある商品を食べてみます。サクサクとした軽い歯ごたえ、チーズの風味、後を引くおいしさですね。

ウカールには「カレー味」もあります。脳科学者の茂木健一郎先生いわく、人はカレーの香りをかいだときや食べたとき、脳が活性化している状態になるんだとか。実験も行われていて、カレーを一口食べた後にテストに取り組むと、回答時間が早くなるという結果も出ているのだとか。カレー味を食べれば、どんな難しい学校にもウカールことは間違いなし?

大勝負に勝つぞ!「受験に勝ちの種」

勝つ=「受験に勝ちの種」

勝つ=「受験に勝ちの種」

最後にご紹介するのは、柿の種……ではなく、「勝ちの種」! 受験という大勝負に勝つための、縁起のよいお菓子です。食べてみると、口の中にピリ辛な味とおせんべいの香ばしさが広がります。ピーナッツもおいしいです。辛いものを食べたときって、なんだか元気が出ますよね。勉強もがんばれそうな気分が湧いてきます。

ピーナッツに含まれる「レシチン」という成分には、記憶力や学習能力を高める効果があります。そのため、勝ちの種は受験勉強のおやつにピッタリなのです。勝ちの種を食べて、試験を勝ちに行こう!

縁起のいいお菓子を食べて、ラストスパートをがんばろう!

みなさんを応援するためにお菓子メーカーさんは、さまざまな工夫を凝らしています。受験シーズンに合わせて、ネーミングやパッケージを縁起がよいものに変わることも増えてきました。しかし、何より大事なのは、そのお菓子が“おいしい“ことではないでしょうか。

食べ物に関する学問においては、味や栄養について学ぶだけでなく、どうすればみんなに喜ばれる食べ物をつくれるのかを考えることも大事です。食べ物について研究することで、お菓子をはじめとした、たくさんの人々に愛される新しい食べ物を生み出すことができるかもしれませんね。

この記事のテーマ
メーカー」を解説

日用品から航空機に至るまで、製品として世に出るモノは必ずどこかのメーカーによりつくられています。工業技術を用いてモノを生産する企業がメーカーです。生産技術の基礎は、機械などは物理学、薬や洗剤などは化学、食品などは生物学などさまざまです。自動車会社のように機械、電気・電子、情報などの各工学によりつくられた部品を一つの製品に集約するメーカーもあります。

「メーカー」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「食品」
はこんな業界です

米や野菜、肉などの生産物を調理・加工し、安全性やおいしさを考慮して開発・製造する業界。食品産業は生鮮食品、加工食品、外食の3大ルートに分けられ、スーパーやコンビニエンスストアなどを通じて食品を提供している。少子高齢化に伴い国内の食品市場は減少傾向にあったが、介護食市場や電子レンジを使わない節電食品の発展など、注目の高まる分野も。また、中高年をターゲットにした健康維持や美容効果のある健康食品市場は、年々プラスの成長を見せている。

「食品」について詳しく見る