上手に取り入れたい! 自分に合った古着の探し方を聞いてみた!

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

上手に取り入れたい! 自分に合った古着の探し方を聞いてみた!

2016.01.22

提供元:マイナビ進学編集部

上手に取り入れたい! 自分に合った古着の探し方を聞いてみた!

ファッションやおしゃれが好きな人ならば、ぜひとも上手に取り入れたいのが「古着」。古着は、価格がお手ごろなところも魅力ですが、個性的なアイテムを偶然見つけることもできるなど、思いも寄らない掘り出し物に出会う楽しみもあります。

では、はじめての古着にチャレンジしたいとき、どうすれば上手に取り入れられるのでしょうか? そこで今回は、東京にある老舗の古着店「サンタモニカ原宿店」のスタッフの方に、古着探しのノウハウについて聞いてみました。

この記事をまとめると

  • 古着は、世界に1つだけの1点モノに出会えるのが魅力
  • 最初は、ヘアバンドやキャップなどの小物が取り入れやすい
  • 自分と趣味が合うスタッフがいるお店を見つけるとよさそう

まずは自分の趣味に合ったお店選びから!

古着屋さんに行く前に、イメージを固めるのも大切

古着屋さんに行く前に、イメージを固めるのも大切

――まず、どういうお店を選べばいいのでしょうか?

「古着店には、アメリカで買い付けしているお店もあれば、ヨーロッパのミリタリー(軍服テイスト)モノを集めているお店もあるなど、それぞれお店ごとにコンセプトがあります。自分はどういった方向性のファッションがいいかを決めてから、そのお店に足を運ぶのがよいと思います。そして、そのお店のスタッフの方の服装が自分の趣味と合っているということも大事なポイントです。『このブラウスにはスニーカーではずしてみたらどうだろう』などといった提案をスタッフがしてくれることもあるので、自分と趣味の合うスタッフにどんどん聞くことで、おしゃれのコツを磨くことができます。また、最初はスタッフのコーディネートで好きなポイントやアイテムを真似してみるのも、おしゃれの近道かもしれません」

まずは、なりたいイメージを考えて、そのイメージに合うお店やスタッフの服装が好きなお店を見つけるのですね。スタッフの方とおしゃべりしながら、おしゃれを教えてもらえるのはとっても楽しそう! また、古着店がたくさんある街に行って、いろいろなお店を覗きながら自分はどういう服を着たいのか考えるのもおすすめです。

最初に古着に取り入れるのは、どんなアイテムがいい?

今の季節は古着のコートが重宝しますね

今の季節は古着のコートが重宝しますね

――初心者でも取り入れやすいアイテムはありますか?

「全身古着というよりも、小物から取り入れてみるのが初心者にとっては簡単だと思います。例えば、シルクのスカーフなどは一般のお店で買うと高価なものですが、古着ですとたくさんありますし、非常にお手ごろで手に入ります。ほかには、ヘアバンドやキャップなどの小物も取り入れやすいですよね。ただ、イヤリングなどは個性が強いものが多いので、初めてだと難しいと思います。まずは、取り入れやすそうなものから、一点だけコーディネートに古着を取り入れてみてはいかがでしょうか」

全身古着は難しくても、スカーフなどの小物ならコーディネートに加えてみたくなりますね。スカーフを首に巻いたり、ヘアバンドのように頭に巻いたりして、アクセントにしてみるのも面白そうですね。

――初心者が古着を選ぶ際のポイントを教えてください。

「いろいろな国からやってくる古着は、お店によってもダメージがあるものとないものがあります。状態の良い古着を見つけるならば、普段汚れやすい袖や脇をチェックすることです。袖口や裾には、食べこぼしのシミがあることもありますからね。靴でしたら、かかとの減りがないか、内側に汚れがないかといったところをよく見て下さいね。また、古着店は照明が暗いところも多いので、シミや汚れが見落としがちになります。試着室など明るいところでチェックしみてください」

古着は年月を経ていることもあり、傷んだり汚れたりしているものもたくさんあります。せっかく気に入って買った服だからこそ、長く着ることができるかどうかをきちんとチェックしてから購入しましょう! また、国によってはサイズ表記よりも大きめのつくりの場合があります。試着するのもお忘れなく。

――古着の中でも、お買い得なものがあれば教えてください!

「靴やコートなど、新品のプライスが高いものは狙い目です。冬でしたら、アウターやニットがおすすめ。カシミアのコートやウール100%のニットなどの素材のよいアイテムが、古着だったらお手ごろな価格で購入することができます。購入する際は、品質表示のタグをチェックして、良質なアイテムを見つけてくださいね。そのなかでも、ニットは流行に関わらず着ることができ、初心者でも取り入れやすいアイテムなので、ぜひチャレンジしてみてください」

新品ではなかなか購入できないアイテムにリーズナブルなプライスで出会えるのも古着の魅力の一つですね。品質のよい服は、着心地もよく、自分をより引き立ててくれます。

世界に1つだけの、1点モノに出会える面白さ

――古着の面白さとは、ズバリなんでしょう?

「世界に1つだけの、1点モノに出会えることです。いろいろな国の服にも出会えますし、時代ごとに面白いデザインだったり、さまざまな服があります。いろいろなお店を見に行って、ほしい物がやっと見つかったときのトキメキはかけがえのないものです。きっと、ますます古着の魅力にハマっていきますよ」

古着のよさは、なんといっても1点モノということ。見つける喜びもありますね。自分にとって世界に1つだけの古着に出会うことができれば、どんどんおしゃれを楽しむことができそうです。

古着の取り入れ方をきっかけに、ファッションに興味が湧いた人は、服飾について学べる大学や専門学校に進学することで、より幅広い視点でファッションについて知識を深めることができるはずです。学問としてファッションを学ぶことで、おしゃれにまつわる今までと違った視点が身につくかもしれませんよ。


【取材協力】サンタモニカ原宿店

この記事のテーマ
生活・服飾・美容」を解説

生活・服飾・美容の分野には、生きていくために必要不可欠なものだけではなく、それによって生活がより豊かで快適になることを目的としているものもあります。たとえば生活学では、だれもが安全で快適に暮らせる空間を実現するために、ユニバーサル・デザインの研究を行います。服飾や美容は、トレンドや利用者によって多様化するニーズに対応するために、素材、色、デザイン、施術方法など、あらゆる角度から美を追究しています。

「生活・服飾・美容」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「服飾・被服学」
はこんな学問です

服飾について専門的に学び、より優れた服飾を追究する学問。世界各地の服飾文化について、歴史や存在意義、機能性などを分析し、科学的な視点から服飾文化の向上や創造に役立てるのが主な目的。デザイン、縫製など服飾造形の技能を追究し、習得する「プロダクトデザイン分野」、繊維の性質や加工、管理を学ぶ「テキスタイル化学分野」、商品流通や消費を研究する「消費科学分野」のほか、文化財となる服飾品の保存を学ぶこともあり、領域は幅広い。

「服飾・被服学」について詳しく見る