全国の刑務所を巡るアイドルがいるらしい!

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

全国の刑務所を巡るアイドルがいるらしい!

2015.06.01

提供元:マイナビ進学編集部

全国の刑務所を巡るアイドルがいるらしい!

この記事をまとめると

  • 刑務所内で行われるコンサートで絶大な人気を誇るアイドルがいる
  • コンサートでは手拍子も一緒に歌うことも禁止だが、終了後の拍手は許されている
  • 刑務所内のイベントに関しては、刑務官の意向が反映されることもある

刑務所のアイドルと呼ばれる女性歌手ユニットがいる!?

あまりなじみがないかもしれませんが、刑務所や少年院などの矯正施設には、歌手や芸人などがゲストとして訪れ、芸を披露する「慰問(いもん)」と呼ばれるイベントがあります。そこで最近話題となっているのが、2人組女性歌手ユニット「Paix2(ぺぺ)」です。

「ペペ」は、井勝めぐみさんと北尾真奈美さんによるデュオ。2000年にデビューし、その後およそ15年間で359回(平成27年1月時点)もプリズンコンサートを行っているのだとか! いまや全国の刑務所や少年院から絶大な支持を集める「刑務所アイドル」として知られています。

彼女たちは、自分たちが刑務所や少年院を訪れることに「慰問」という表現は使わず「プリズンコンサート」と呼んでいます。一般社会ではテレビに出ているAKB48やももクロなどが人気ですが、施設の中では彼女たちの知名度の方が高いようです。

刑務所内では普通のアイドルコンサートのように盛り上がれない

彼女たちのコンサートは、やはり一般社会のステージとは違います。刑務所内ということもあり、私語は一切禁止で、曲に合わせて手拍子することも厳しく禁じられています。それだけでなく、一緒に歌ったり口ずさむことも許されません。もちろんアイドル現場の名物・ヲタ芸なんて絶対できません。ただし、歌い終わった後の拍手だけは許されているそうです。

受刑者の私語は一切禁止ですから、ステージからMCで呼びかけられても応えるわけにはいきません。しかし黙っていてはコンサートになりませんから、彼女たちは刑務所ならではの専門用語である「作業報奨金」や「留置金」という言葉を使い「出所したらCDを買って下さいね」などと呼びかけるのだそうです。すると、「ちゃんと自分たちのことを知ってくれている」アイドルだと感じ、受刑者の人たちも身近な存在に思ってくれるのだとか。

刑務官になると慰問の方針などに関わることができるかも

こうした慰問は刑務所や拘置所、少年院などで定期的に行われています。年に1回ほどのコンサートを楽しみにしている受刑者も多いようですが、すべての施設に「ペペ」のようなアイドルが訪れるわけではありません。こうした刑務所の慰問方針に関わるのは、受刑者の管理、更生を任せられる刑務官の仕事の一つです。

刑務官とは、刑務所などに勤務する法務事務官・技官・教官の総称で、国家公務員です。刑務官になるにはいくつか方法がありますが、高校卒業程度の難易度である「刑務官採用試験」を受験して合格するのが一般的です。

刑務官は罪を償うために刑務所にいる受刑者たちがしっかりと更生できるように管理する仕事ですから、自分自身も厳しく律して生きなければなりません。大変厳しい職業ですが、世の中の役に立ちたいという人にとっては、とてもやりがいのある仕事です。

この記事のテーマ
公務員・政治・法律」を解説

公務員採用試験などの対策や司法書士など法律関係の資格取得のための学びが中心で、官公庁や行政機関の採用試験科目を段階的に学び、各種試験の合格を目指します。将来は公務員として行政に携わるほか、政治活動を支える政党職員などの仕事が考えられます。弁護士や検察官など法曹の道へ進みたい場合は、大学や法科大学院への進学が必須です。

「公務員・政治・法律」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「刑務官」
はこんな仕事です

刑務所や少年刑務所・拘置所で、収容者を監督する仕事。工場での労務作業などを指導し、社会復帰のための更生を助ける。健康状態の確認や悩み相談といった日常生活のサポートも行う。また、施設を管理し、安全を守ることも任務の一つ。違反行為をする人がいたり、トラブルが起きた際は、体を張って対処しなければならないことがある。これらを未然に防ぐためには、収容者の行動や人間関係に十分注意を払わなくてはならない。ほかの職員との連携も必要である。

「刑務官」について詳しく見る