台所のお手伝いが一気に楽に!? 料理の時間をぐっと短くする、魔法の鍋がある?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

台所のお手伝いが一気に楽に!? 料理の時間をぐっと短くする、魔法の鍋がある?

2015.12.28

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

台所のお手伝いが一気に楽に!? 料理の時間をぐっと短くする、魔法の鍋がある?

短時間で調理したいときに役立つ「圧力鍋」。一体どんな秘密が隠されているのでしょうか? この便利な調理器具の仕組みを紹介します。

この記事をまとめると

  • 火の通りにくい野菜や肉でも短時間で調理できる「圧力鍋」
  • 圧力鍋は、圧力がかかると水の沸点が高くなるので高熱で調理ができる
  • 圧力鍋には2種類あり、初心者なら「おもり式圧力鍋」がおすすめ

短時間でおいしい料理ができる「圧力鍋」のすごさとは?

食事づくりを手伝ったことがある人や料理が趣味の人はよく分かると思いますが、手の込んだ料理ほど、やっぱり時間がかかってしまいます。特に、じゃがいもやかぼちゃ、人参などの野菜や、分厚く切った肉は火を通すのに時間がかかりますし、煮込み料理に味を染み込ませるには一晩時間を置かなくてはいけないこともあります。

もっと早く火を通したい、味を染み込ませたい、料理の時間を短縮したい! と、いうときに便利なのが「圧力鍋」。圧力鍋とは、密封状態で中の気圧を上げて調理することができる鍋のことです。

なぜ短時間で料理ができるのかというと、気圧が強くかかっている場所では水の沸点が高くなるせいで、通常よりも高い温度で食材を調理できるのです。逆に山の頂上など、気圧の低いところでは90℃で水が沸騰することもあるのだそう。

圧力鍋を使うと短時間で料理ができる上に、煮崩れも起きにくくなります。また、圧力鍋で煮込み料理をつくると普通の鍋よりも少ない水で調理できるので、水に溶けてしまう水溶性の栄養分もしっかりと摂取することができます。しかも、調理時間が短いおかげでガス代の節約にもなり、うれしいことづくめですね。

「おもり式圧力鍋」と「スプリング式圧力鍋」、どう違う?

圧力鍋には、鍋の中に圧力がかかるとシューという音とともに蒸気が出てくる「おもり式圧力鍋」と、ピンが上にあがり、圧力がかかったことを知らせてくれる「スプリング式圧力鍋」の2種類があります。おもり式は圧力がかかったことが分かりやすいので初心者向け、スプリング式は圧力のかかりかたを調節できる一方で、扱いが難しく、ややベテラン向けといわれています。

では、圧力鍋で調理をするときには、具体的にどんなプロセスになるのでしょうか。例えば、みんな大好き、カレーをつくるとして、一つの調理法をご紹介します。下準備は省略しまして、具材と水を鍋に入れていきます。そしてしっかりふたをして、強火にかけて一気に圧力を上昇させます。圧力がかかるとシューと音がしはじめるので、火加減を弱火にしてコトコト煮込みます。加圧しながら火にかけて煮込む時間は、5分以内で大丈夫です。

火を止めた後も、すぐにふたを開けてはいけません。ふたを開けず、圧力をかけたまま、5~20分ほど放置します。これがとても大事。放置している間にも食材に味が染み込んでいるんですよ。圧力が下がったらふたを開けて、火にかけて再度沸騰させ、あくを取りましょう。火を止めたあとにルーを入れ、とろみが出るまで煮込んでいって、完成です。圧力鍋を使った、カレーの調理法の一例です。

圧力鍋を使って料理をつくってみよう!

はじめて圧力鍋を使って料理をするなら、カレーやシチュー、豚汁などがおすすめです。シチューはカレーとほぼ一緒、豚汁も具材を煮込んで味噌を入れるだけなのでとても簡単です。短い時間でおいしい料理がつくれてしまうので、「ちょっと夕飯づくりをお手伝いしてみようかな」という気持ちになりやすいのではないでしょうか?

圧力鍋のように、新しい調理器具の役割や使い方と、それを利用した調理方法について学ぶのが調理学です。調理学というと、実際に料理をすることや食材について学ぶイメージを持つかもしれませんが、それを上手にこなすためには便利な調理器具をしっかりと使いこなすことも重要です。調理器具を使いこなせるようになると、作れる料理もどんどん増えていくはず。もし家に圧力鍋があるなら、ぜひ一度、圧力を使いこなした料理を作ってみてください。

この記事のテーマ
栄養・食物」を解説

食べることから健康な生活にアプローチすることを目的としています。ただ生きるために食べるのではなく、より良く生きるために食べるという考え方です。栄養学は食物に含まれる栄養素について学び、生理学の知識を踏まえ、適切な栄養指導を行います。そのためには栄養学や病理学などの広範な知識も必要です。食物学では人によっては摂取しにくい食材を食べやすくしたり、よりおいしく食べるための調理方法の研究なども行います。

「栄養・食物」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「調理学」
はこんな学問です

おいしく食べられる調理方法だけでなく、栄養学などの観点からも適切でより効果的な調理理論、技術を学ぶ学問。調理過程における食材の化学変化などを研究し、食材の本来の風味や食感、色合いなどを生かし、かつ必要な栄養を十分に得るために必要なことを学習する。器具、設備、切る・混ぜるなどの取り扱い方法、加熱方法、保存方法などを科学の視点から追究する。調理士のほか、管理栄養士、フードコーディネーターなどへ進む道がある。

「調理学」について詳しく見る