話し相手にウンザリされてない? 人前で分かりやすくお喋りするコツって何?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

話し相手にウンザリされてない? 人前で分かりやすくお喋りするコツって何?

2015.12.25

提供元:マイナビ進学編集部

話し相手にウンザリされてない? 人前で分かりやすくお喋りするコツって何?

学校生活において人前でしゃべる機会はたくさんあります。そんな場面で役立つ、話し相手を納得させる話し方のコツを紹介します。

この記事をまとめると

  • 人前で話すのが苦手な人がうまく話すコツがある
  • シンプルに余計なことは話さずに相手に内容を伝える
  • 社会ではキチンとした伝え方・話し方ができる人が重宝される

「人前で話すのが苦手」な人でも、相手を納得させる話し方がある!?

学校生活では、クラスでの会話だけでなく、授業で調べもの発表をしたり、学級会で話したりと、人前で話す機会がたくさんあります。「人前で話すのが苦手……」という人もいると思いますが、これから先、社会に出るときには就職活動の面接で自分のことを伝えて、お仕事の中では大勢の人を前にしてプレゼンテーションをしなければならない場面も出てきます。

そこで今回は、高校生活でも実践できる、話し相手を飽きさせず、納得させる話し方のコツを伝授します。

人前で出ると、話をする以前にとても緊張してしまい、言葉がうまく出てこないときがありませんか? そんなときはもしかすると、準備不足からくる「自信のなさ」が原因なのかもしれません。学習発表会などでも、事前に話す内容を整理して充分な準備をしておくことで自信が生まれ、堂々と話すことができるのです。まずは「充分に準備ができているか?」を確認することから始めましょう。

シンプルに、必要なこと以外を話さないようにしよう

準備万端、さあ話すぞ! と意気込み過ぎて、ついついしゃべり過ぎてしまい、結局何が言いたいのか分からなくなってしまうこともあります。そんなことにならないようにするためには、とにかくシンプルに、余計な言葉をつけて話さない、ということです。つい自分があまり知らないようなことを知識として挟んでしまったり、言葉を飾ってしまったりすると、本来相手に伝えるべき内容を見失ってしまいます。まずはシンプルに、本当に伝えなくてはいけないことに絞り込んで的確に話すことを心がけましょう。

それ以外にも、話が伝わらない人の特徴として「~で、~で……」といったように、話の区切りがないことがあります。興味のある内容でも、いつまでもメリハリなく話が続くとうんざりされてしまいます。細かい言葉で、できる限り相手に伝わっているか表情を見ながら話すといいでしょう。また、専門用語を使い過ぎるのも禁物です。プレゼンテーションなどでは、自分が相手に話すことが目的ではなく「相手に内容を理解してもらう」ために話をするのです。自分くらいしか理解していない言葉を連発して、相手にまったく内容が伝わっていないのでは、意味がありません。分かりやすい言葉で短めに、が重要です。

その上で、大事なところは「ここが重要なんですが」と強調し、身振り手振りを交えて、相手に「伝えたい!」という情熱を示すことも大事です。どんなに話の内容が面白くても、機械的、事務的に話すのでは伝わることも伝わらなくなってしまいますね。

しっかりとした話し方・伝え方ができる人は社会でとても重宝される

こうした、人に届くプレゼンテーションを学んで、人前でお喋りをする訓練を積むことは、これから先、大学での研究発表や、仕事をはじめてからでも非常に役に立つでしょう。そんなプレゼンテーションの技術や経営理論、会社のマネジメントの方法を学ぶのが「ビジネス学」です。

ビジネス学は、高校生のみなさんにとっては少しお堅いものに聞こえるかもしれませんが、学校生活にも通ずるものが多くあります。例えば、それぞれの学年からいろいろな性格の人が集まる部活を、部長としてどうまとめていくかを考えるためには、「マネジメント」の知識が必要になります。ビジネス学を学ぶことで、会社と学校、ともに違う個性を持った者同士が同じ場所で日常生活をともにする上でのコミュニティのあり方について考えていくきっかけになります。みなさんも、クラスでの日常的なコミュニケーションの取り方が社会に出てからの生活につながっていると意識しておくと、将来役に立つかもしれませんよ。

この記事のテーマ
社会学・マスコミ・観光」を解説

あまり共通性のないように思われる3分野ですが、じつは密接な関係があります。観光業界にとってマスコミは「広報」そのものです。マスコミの存在なくして観光業界の発展はないでしょう。もともとマスコミは商品を情報化するために社会学を重視しています。社会が求めている漠然としたニーズを精査し、わかりやすいイメージとして変換して提供するのです。今後、観光業などにおけるマスコミの存在はますます大きくなるはずです。

「社会学・マスコミ・観光」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「ビジネス学」
はこんな学問です

経営学、商学、経済学などの講座で開講されていたビジネスに関連する技術を身に付けることを目的とした科目や、関連する学際的な研究科目を集約したビジネス特化型の学問である。たとえば、経営に携わるために必要な科目を集めた起業家・経営者コースや、スペシャリストをめざす企業会計・税務コース、ビジネスリーダーをめざす組織マネジメントコースなどに分かれていることが多い。

「ビジネス学」について詳しく見る