思わず口ずさんでしまうのには理由がある? 名曲に隠されたヒットの仕組みって!?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

思わず口ずさんでしまうのには理由がある? 名曲に隠されたヒットの仕組みって!?

2015.12.25

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

思わず口ずさんでしまうのには理由がある? 名曲に隠されたヒットの仕組みって!?

思わず口ずさんでしまう名曲に隠されている秘密、それが「コード進行」。実際に人気曲で使われているコード進行を参考に、ヒットの秘密を紹介します。

この記事をまとめると

  • ヒット曲の秘密は「コード進行」にある!?
  • 「カノン進行」が現代のヒット曲にも使われている
  • 音楽を好きで続けていると、知らないうちに身につく知識もある

「コード進行」がヒット曲の秘密!?

学校で吹奏楽部に入っている人や、軽音楽部でバンドをやっている人は大勢いると思います。最近ではパソコンやスマホで手軽に音楽をつくることもできるので、「いつか自分の手で大ヒット曲をつくってやる!」なんて意気込んでいる人もいるかもしれません。そんな人に知っておいてほしい、名曲に隠されたヒットの仕組みをご紹介します。ヒットの秘密は「コード進行」にあるのです!

コード進行の概念がないクラシックの曲「カノン」が現代ヒット曲のひな型に

学校の音楽の授業で、「音楽の3要素」を学んだ覚えがありませんか? その要素とは、メロディーとリズムとハーモニー。この3つのことです。その中で、コード進行はハーモニーに該当する要素です。コード進行とは、和音でつくられた「コード」を並べて曲にしたときの進み方、コードの順番のことです。ギターの弾き語りで歌に合わせてジャカジャカ弾いているのは、このコード進行に合わせてギターを弾いているのです。

逆に、吹奏楽でクラシックをやっている人にはバンドのようなコード進行という概念がありません。「ハ長調」などの「調性」をもとにして、楽譜に書かれた音符を忠実に演奏するからです。ただし同じ音楽ですから、どんなハーモニーで曲が進んで行くかはやはりコード進行で表すことができます。そして、その古典クラシックで使われたコード進行が、現代のヒット曲のひな型となっているのは知っていましたか? それが、「カノン進行」です。

「カノン」の中でも一番有名な、バッハの師匠であるヨハン・パッヘルベルという音楽家がつくった「パッヘルベルのカノン」。きっとみなさんも一度は聞いたことがあるはずです。このパッヘルベルのカノンで使われているコード進行、「カノン進行」は300年ほど前のバロック音楽時代から存在する、由緒正しいコード進行なのです。気になるそのコード進行は、「C→G→Am→Em→F→C→F→G」(曲のキーがCの場合)。そして、最後のGからまた頭に戻ります。

そして、カノン進行は大衆音楽においてとてもポピュラーなものとして知られており、これを利用した大ヒット曲もたくさんあります。その中でも、AKB48「恋するフォーチュンクッキー」、山下達郎「クリスマス・イブ」、井上陽水「少年時代」などは、聞いたことがある人も多いかもしれません。もしかすると、多くの人に親しまれるヒット曲を生み出すためには、この「カノン進行」を上手に使うのが近道なのかもしれませんね。

音楽の知識には、夢中で取り組んでいるうちに自然に身につくものがある

「音楽」は「好きこそものの上手なれ」で、興味を持って夢中で取り組んでいるうちにいつの間にか知識や技術を自然に身についていることもあります。「カノン進行」も、それを知っていなくても曲づくりや演奏の中でなんとなく、自然に取り入れている人もきっといるはずです。そうした音楽の構成などは、座学として改めて勉強してみると、新しい発見があるかもしれません。それまで気がつかなかった音楽の魅力を再発見できるかもしれませんよ。

この記事のテーマ
芸術・表現・音楽」を解説

絵画や造形、声楽や楽器演奏、演劇や芝居、マンガやアニメーションなど、さまざまな芸術分野で、表現者としての感性や技術を磨きます。近年では、活躍の場を広く海外に求め、高い評価を受けている人たちも多くいるようです。作品の制作や演習などの実技はもちろんのこと、それを裏打ちするために専門分野の歴史や理論の授業も行われます。そのため、アーティストとして作品を発表する以外に、指導者や研究者としての道もあります。

「芸術・表現・音楽」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「音楽」
はこんな学問です

器楽、声楽、作曲、指揮など音楽についての深い専門知識と高い技能を身に付ける学問。専攻する分野ごとにコースや学科が分かれている場合が多く、理論を学びつつも実技を主体としたカリキュラムが中心となる。学校によって音楽理論と音楽史を専門に学べるコースもある。器楽であれば鍵盤楽器、弦楽器、管楽器、打楽器などから一つの楽器を選んで専門的に学び、声楽であればオペラ、独唱、合唱などを専攻して学ぶ。

「音楽」について詳しく見る