キャビンアテンダントやホテルスタッフに求められる英語力

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大20校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

キャビンアテンダントやホテルスタッフに求められる英語力

2021.05.19

提供:日本外国語専門学校

キャビンアテンダントやホテルスタッフに求められる英語力

どんな場面でも、どんなお客様を対応をしても活躍するために、接客業をする人にとって欠かせないのが語学力です。ですが、一体どれぐらいの会話ができればいいのでしょうか?今回は人気の職業である、客室乗務員やホテルスタッフに必要とされている語学能力がどれほどなのかを紹介します。

この記事をまとめると

  • キャビンアテンダントやホテルスタッフは英語が必須
  • 国内線エアライン、日本国内のホテルでも語学力がますます必要に
  • これから求められるのは英語+αの力

英語の得意な人がキャビンアテンダントやホテルスタッフになれる?

高校生にも人気の職業であるキャビンアテンダント、グランドスタッフやホテルスタッフ。
これらの仕事は人気も高いですが、募集の条件として語学力を求められる場合が少なくありません。
一般的に航空会社のキャビンアテンダントに求められる語学の募集条件は「TOEIC(R)600点以上」とも言われています。グランドスタッフも同様に、「TOEIC(R)550点」が基準。

外資系ホテルの場合でも、外国人のお客様との意思疎通ができるレベルの英語力は必要です。TOEIC(R)600点以上という明確な線引きはありませんが、点数は高い方が面接は有利に働くでしょう。

また、英語だけに限らず、中国語や韓国語などの第2外国語も使えることがサービス業界で働く上で求められているものと言えます。
ただ話せるだけではなく、高いコミュニケーション能力を持っていることが必要になってきます。

丁寧な英語や中国語、韓国語を使い、誰とでも打ち解けられる人になることが大事です。

今や国内線エアライン、日本国内のホテルでも英語力は必須

キャビンアテンダントもグランドスタッフも、その採用過程において英語力が重視されるのは前述のとおり。日本と海外を結ぶ便はもちろん、今や国内線に関する業務も英語を使う場面が多くあります。例えば、お客様は日本人だけでなく多国籍。「私は英語ができないから日本人のお客様しか対応しません」などと選ぶことはできません。搭乗案内や機内サービスなど、外国人のお客様も日本人と平等におもてなしするために、臨機応変に英語を使える力が必要なのです。

高い語学力があれば、目指すエアラインも国内だけでなく、海外まで広がります。世界の空をつなぐ仕事に国境はありません。活躍の舞台を広げるためにも、英語力はあなたの強い味方となります。

また、ホテルへの就職、特に国内名門ホテルや外資系ホテルで働く場合には高い英語力が求められます。一流ホテルとなれば利用するお客様も日本人だけとは限りません。外資系ホテルでは、1日のお客様のほとんどが外国人ということも珍しくありません。さらに、一緒に働く仲間や上司が外国人といった場合もあります。チームワークが大事なホテルの仕事において、同僚と円滑にコミュニケーションをとることはとても大事。
国際共通語として英語を身につけておくことが、一流のホテリエへの道へ導いてくれるのです。

「日本にいるんだから、日本語だけできれば働ける」という考えは通用しなくなってきました。これからエアラインやホテルなどのホスピタリティ業界へ就職をするには、世界水準の「英語力」が必須なのです。

英語+α、そして海外研修etc.で、夢への最短ルートを実現!

日本外国語専門学校では、英語・第2外国語や国際マナー、一般教養など、就職後に求められる知識や技能を入学直後から実践を通して身につけることができます。

国際エアライン科では、世界のエアラインで活躍してきたCA出身の先生たちが「エアライン業界専門知識」や「日本人としてのマナー・教養・身だしなみ」そして「実践的な英語力」を経験や実践を交えて教えてくれます。各航空会社の傾向に合わせた試験・面接対策も万全で個別に徹底トレーニングを行い、航空会社で行う研修やインターンシップも充実。世界に羽ばたくCAやグランドスタッフへの夢を現実にします。

国際ホテル科では、国内外の名門ホテルで通用する高いレベルのホスピタリティ・マインドと、実践的な語学力を身につけることができます。専用の「ホテル実習室」で、実際の接客で使用する場面を体験しながら学べます。「ビジネスマナー」や「美しい日本語」といった接客に欠かせない要素はもちろん、「ホテル中国語・韓国語」「接遇手話」にも磨きをかけ、帝国ホテルやディズニーホテル、外資系ホテルなどへ就職。一流のホテリエを目指します。

また、担任制のもと、試験・面接対策も学生一人ひとりの希望に合わせて実施しています。

あなたも英語+αの力を身につけ、日本外国語専門学校で夢への最短ルートを実現させませんか?

【広告企画】提供 : 日本外国語専門学校

この記事のテーマ
自動車・航空・船舶・鉄道・宇宙」を解説

陸・海・空の交通や物流に関わる仕事です。自動車や飛行機、船舶、鉄道車両などの整備・保守や設計・開発、製造ラインや安全の管理、乗客サービスなど、身につけるべき知識や技術は職業によってさまざま。宇宙分野に関しては、気象観測や通信を支える衛星に関わる仕事の技術などを学びます。

「自動車・航空・船舶・鉄道・宇宙」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「客室乗務員(フライトアテンダント)」
はこんな仕事です

航空機の客室で、安全運航のための保安業務や搭乗客へのサービスを行う仕事。航空会社によって、「客室乗務員」「フライトアテンダント」「キャビンアテンダント(CA)」など、呼び方はさまざま。具体的には、搭乗客の案内、手荷物の収納確認、救命胴衣や酸素マスクの使い方の説明、機内アナウンス、食事や飲み物の提供、体調不良者への対応などを行う。搭乗客が機内で快適に過ごせるよう、常に気配りと笑顔が求められる。また、非常時には搭乗者の避難誘導にあたるなど、保安要員としての役割も大きい。

「客室乗務員(フライトアテンダント)」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「空港業務スタッフ(グランドスタッフ)」
はこんな仕事です

空港内で、搭乗客の案内やサービスにあたる仕事。具体的には、搭乗手続きや発券業務、搭乗客の誘導や、勤務先の会社や空港によっては空港ラウンジでの接客、空港内のアナウンスや案内業務なども行う。スムーズで正確な接客・応対は、利用者に快適な旅を提供するためのサービスであると同時に、航空機を定時運航するためにも欠かせない機能の一つ。空港内のさまざまな施設やサービスについても熟知する必要があり、覚えるべきことは数多い。搭乗客を最初に迎える航空会社の「顔」として、重要な役割を担っている。

「空港業務スタッフ(グランドスタッフ)」について詳しく見る

この記事のテーマ
旅行・ホテル・ブライダル・観光」を解説

ゲストに非日常的なサービスや空間を提供し、心身のリフレッシュを手伝うとともに、心に残る思い出となるように努めることが、旅行・ホテル・ブライダル・観光の仕事に求められる役割です。接客技術やサービス精神を磨くことが不可欠。また外国からの観光客をもてなすための語学修得も必要になります。

「旅行・ホテル・ブライダル・観光」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「ホテルスタッフ」
はこんな仕事です

宿泊客が心地よくホテルを利用できるようもてなすことが仕事。ホテルスタッフと一口にいっても、その職種は実にさまざま。ホテルの従業員の先頭に立って指示を出すホテル支配人をはじめ、ホテルに着いた宿泊客を迎えるドアスタッフ、チェックイン・アウトの管理や会計を行うフロントスタッフ、荷物の預かり役を担うクロークなど多岐にわたる。24時間体制でスタッフが交代しながら営業するのが基本。ホテルの規模によっては職種を兼務することもある。

「ホテルスタッフ」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける