デザインとアートの新しい価値を生みだす「Kobe DU PROJECT」とは?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大20校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

デザインとアートの新しい価値を生みだす「Kobe DU PROJECT」とは?

2021.05.01

提供:神戸芸術工科大学

デザインとアートの新しい価値を生みだす「Kobe DU PROJECT」とは?

自分のために絵を描いたり、何かをつくったりするのは、とても楽しいことです。その一方で、デザインやアートは、人々の生活や心に直結する欠かせないものであり、社会の課題を解決する力を持っています。「誰かのために」を考え、新しい価値を生み出す。そんなデザイナー、アーティスト、クリエイターをめざして実践的に学べる「Kobe DU PROJECT」の魅力ある取り組みを紐解きます。

*写真は「アートウォール in 三井アウトレットパーク マリンピア神戸 ライブペインティング」プロジェクトの制作風景

この記事をまとめると

  • “神戸”という立地を活かした「Kobe DU PROJECT」
  • “ヒト・モノ・コト”をつなげる学び
  • 「誰かのために」を考え、社会に貢献できるプロになる

キャンパスが神戸に立地する大学ならではの学び

同学と神戸市はデザインとアートの力で、神戸の新たな魅力と活力の創造と次代を担う創造的な人材の育成に寄与することを目的とした「『デザイン都市・神戸』推進のための連携協力に関する協定書」を締結している。

同学と神戸市はデザインとアートの力で、神戸の新たな魅力と活力の創造と次代を担う創造的な人材の育成に寄与することを目的とした「『デザイン都市・神戸』推進のための連携協力に関する協定書」を締結している。

「Kobe DU PROJECT」とは、地域社会、企業や行政、そして世界とつながる神戸芸術工科大学の独自のプロジェクトです。“神戸”という立地を活かしたさまざまな産官学連携を行い、多彩な交流を通しながら、新しいデザインとアートを数多く生み出しています。

神戸芸術工科大学がある「神戸」は、北野の異人館街や外国人居留地に見られる異国情緒あふれる街並み、ジャズや洋菓子に代表されるモダンでお洒落な文化が漂う街で、「ユネスコ創造都市ネットワーク」の「デザイン都市」として認定されています。神戸市ではデザインの視点から誰もが幸せを感じる街づくりを進めており、同学はそんな「デザイン都市・神戸」で唯一*のデザインとアートの総合大学となります。「Kobe DU PROJECT」では、実社会の問題や課題を自らのデザインによって解決するという取り組みを通じて、キャンパスの中だけでは得られない経験や知識を身につけていくプロジェクトを実施しています。

例えば、3階建集合住宅内の2住戸を1住戸に改修した「神撫町キッチン」は、同学の「リノベーション総合実習」と大和船舶土地株式会社との産官学連携プロジェクトです。住戸内部と外部がつながる空間構成や大きなキッチンテーブルによって、賃貸マンションの一角に新たな集いのスペースを生み出しました。「神撫町キッチン」は、2020年度のグッドデザイン賞を受賞。同実習の優秀作品は、5年連続受賞の快挙となりました。

また、JR西日本からの依頼で「三ノ宮駅ターミナルビル撤去工事壁」のデザインを制作しました。ビジュアルデザイン学科主任のディレクションのもと、学生がイラストレーションとデザインを担当。大規模工事の囲い壁をアーティスティックに装飾し、まちの景観に美的価値を付加しました。

その他にも、明石城築城400周年記念事業「光の明石城」では、光のアート作品を展示し、その周辺に4,000本のキャンドルを並べて点灯することで来場者と感動を共有。さらに、コープこうべとの「神戸メロンパン」ネットCM制作では、企画やシナリオづくりから携わりました。

|「グッドデザイン賞」公式サイト|https://www.g-mark.org/award/describe/50829?token=ns4USt409v

*出典元:文部科学省HP「私立大学(近畿地区)」「国立大学」「公立大学」一覧ページより

アートやデザインの力で社会の課題解決や活性化をめざせる実践型教育

集合住宅の老朽化と空き家の増加が問題となっている現代。「神撫町キッチン」は、不動産ストックを再生して新たな価値を与えるとともに、地域全体の価値向上をめざしたプロジェクトの一環である。

集合住宅の老朽化と空き家の増加が問題となっている現代。「神撫町キッチン」は、不動産ストックを再生して新たな価値を与えるとともに、地域全体の価値向上をめざしたプロジェクトの一環である。

「Kobe DU PROJECT」によって制作された作品はまだまだあります。「減災ファッションショー&展示」「竹中大工道具館『大工さん展』キャラクター制作」「有馬温泉クリスマスマーケットのツリー制作」など、作品は多種多様で、他にも学生主体による数多くの新しいデザインやアートが生み出されています。また、神戸市とだけではなく、兵庫県や近隣の府県の地域や自治体、企業とも産官学連携によるさまざまなプロジェクトを行っており、学生主体によって制作された作品は多岐にわたります。

このように同学では、学年・学科を越えて、地域の活性化や社会ニーズに対応した課題解決型プロジェクトを毎年数多く展開しています。その多くは、実社会での課題を地域の方々と学生とが共有し、提案と講評を繰り返しながら到達点を見極めてゆくスタイルで、キャンパスの中だけでは触れられない経験と知識が蓄積されてゆく実践型教育と言えます。

神戸芸術工科大学が実践する「芸術工学」では、ただ絵を描く、デザインをするだけではなく、社会のさまざまな課題を解決して人々の生活や心を豊かにするために必要な“ヒト・モノ・コト”をつなげる学びを実現しています。

「基礎」を固めることで、応用力をより高める

デザインやアートの表現者になるためには「デッサン力」が欠かせない。デッサンの基礎をしっかりと学ぶことによって「描く力」だけでなく「観察力」も磨かれ、伝えたいことを的確に表現できる力を養うことができる。

デザインやアートの表現者になるためには「デッサン力」が欠かせない。デッサンの基礎をしっかりと学ぶことによって「描く力」だけでなく「観察力」も磨かれ、伝えたいことを的確に表現できる力を養うことができる。

“ヒト・モノ・コト”をつなげる力を培うために、まずは確かな「基礎」を養うことが大切です。同学では、芸術工学の基礎力と専門性を同時に習得するとともに、柔軟な思考力、デジタル時代に不可欠な知識・技術などを徹底的に身につけます。基礎を固めることは、専門家としての豊かな知性や創作に必要な応用力を高め、あらゆる場面でも乗り越えられる力になるからです。

また、世界課題の問題解決にもつながる実践力を身につけるために、「Kobe DU PROJECT」は地域連携だけではなく、世界最大規模の国際家具見本市「ミラノサローネ」に作品を出展するなど、国際連携も積極的に行っています。さらに、“専門の壁”を乗り越えるために、7学科の多様な技術や感性を磨くことができるよう、学科(分野)を横断した「学内プロジェクト」も行っています。

このように、しっかりと基礎を固め、「Kobe DU PROJECT」による大学という枠組みを超えた経験を積み重ねていくことで、「理論に基づいた確かな技術」「人の感性を刺激する表現」「その地に息づく歴史の理解」が総合的に養われ、将来は「誰かのために」を考え、デザインとアートの力で、社会に貢献できるプロフェッショナルとしての活躍をめざせます。

【広告企画】提供 : 神戸芸術工科大学

この記事のテーマ
工学・建築」を解説

工業技術や建築技術の発達は、私たちの生活を快適で安全なものに変えてきました。先人たちが生み出した知恵に新しい技術をプラスすることで、技術はいまも進歩し続けています。インフラの整備や災害に強い街作り、エネルギー効率の高い動力機械やロボット開発など、暮らしを豊かにする先端技術を学びます。

「工学・建築」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「インテリア」
はこんな学問です

建築物の内側にある空間を設計、デザインする知識と技術を学ぶ学問。対象となる空間は、住宅のほか、オフィス、商業施設、イベントスペース、ステージなどさまざま。その空間の照明や家具がどうあるべきかを設定するコンセプトづくり、空間演出のためのデザインやコーディネート、思い浮かぶ空間イメージを手描きや3DCG(コンピュータグラフィックス)で表現する技術などを学ぶ。また、コンセプトやデザインを伝えるプレゼンテーション力など実践力も養う。

「インテリア」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「デザイン工学」
はこんな学問です

工業製品や建築物はもとより、都市や生活環境、情報にまで及ぶ広範囲な対象物を、工学と芸術双方の視点から捉えてデザインを追究する学問。「空間・環境・建築デザイン工学分野」では、建築学や景観論、生活文化を学ぶことで、豊かな住環境デザインを考える。「ヒューマンインターフェース分野」は、光や音、熱の物理的な解析などから、マルチメディアのデザインを考える分野。商品開発から都市開発、建築、機械と研究を生かす領域は幅広くある。

「デザイン工学」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける