保育士をめざすなら、資格取得でワンランク上のプロになろう!

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大20校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

保育士をめざすなら、資格取得でワンランク上のプロになろう!

2021.04.01

提供:青森明の星短期大学

メイン
テーマ

保育士をめざすなら、資格取得でワンランク上のプロになろう!

子どもに寄り添い、見守る。それは保育士にとっての基本です。しかし、保育も多様化の時代。これからの保育士には、園の特色や子どもたちの個性に応じた「専門性」も求められます。青森明の星短期大学 保育専攻は、英語、音楽、社会福祉、造形、情報処理、レクリエーション、体育など、様々な資格や知識を持つための学びが充実しています。あなたがなりたいのは、どんな保育士ですか?

この記事をまとめると

  • 時代のニーズに応えるため、これからの保育士に必要なこと。
  • 青森明の星短期大学 保育専攻の資格取得を目指すカリキュラム。
  • 専門性の高さを武器に、保育の現場で活躍する保育士を目指す!

「保育士」なだけでは、子どもや保護者に応えられない。

保育士を取り巻く環境は時代とともに変化し、求められる保育も多様化しています。近年は、支援が必要な子どもや食物アレルギーへの対応、英語教育などが特に求められ、子どもの成長を支える特色豊かな保育園が登場しています。

また、子育て世代の共働きにより、幼稚園と保育所の機能を併せ持つ認定こども園も増加中です。認定こども園で働くためには、保育士と幼稚園教諭免許状の両方が必要になります。

青森明の星短期大学は、確かな保育力と教育力を育成する、1965年設立の伝統校です。保育専攻のコンセプトは「子どもが真ん中、あたたか保育」。2年間で、子どもの成長や保護者の子育てを支えるための専門知識・技能を確実に身につけ、専門職に特化した資格取得を目指せます。同専攻の強みは、子どもの英語教育に特化した学びや一流の講師陣が揃う音楽教育など、多彩な専門科目が用意されていること。単なる保育士ではなく、専門性を持った保育士を目指すことが可能です。

多くの学生が、複数の資格を取得!

青森明の星短期大学 保育専攻で取得を目指せる資格は、保育⼠だけではありません。幼稚園教諭⼆種免許状、社会福祉主事任⽤資格、保育⼼理⼠(⼆種)、⼩学校英語指導者、ピアヘルパー、教育カウンセラー補、認定ベビーシッター、児童厚生⼆級指導員、レクリエーション・インストラクター、おもちゃインストラクター、幼児体育指導者、幼保英検、リトミック指導員など、10種類以上の資格・免許の取得を目指すことができます。

「小学校英語指導者資格」は、就学前の子どもたちへの英語指導法にそのまま通じるもの。「リトミック」は、音楽を使って子どものリズム感や集中力、自主性、協調性を養う教育手法で、近年は遊びにリトミックの手法を取り入れる保育園なども増えています。また、音楽教育では、初⼼者から経験者までレベルに合わせた丁寧なピアノ指導を行うため、未経験の方も心配いりません。

保育専攻では、実際に多くの学生が複数の資格を取得しています。卒業生は、保護者が求めるワンランク上の保育士として活躍しています。

資格・知識は、さまざまな場面で役立ちます!

現場で活躍する卒業生から「青森明の星短期大学は、保育の知識や技術はもちろん、さまざまな資格取得のための授業がとても充実していました。自分のスキルが向上していくことを実感でき、とても嬉しかったです。これらの経験の全てが、今の自分に繋がっています」「保育に関係なさそうな情報処理の資格も、現在、園のブログ投稿などに活用できています」「子どもの心理について授業でたくさん学び、心理分野の資格も取得することができました。ピアノは初心者でしたが、在学中に身につけた演奏技術が、保育園で伴奏するときに役立っています」など、資格が現場で役立っているという声を多く聞くことができます。
幅広い学びを通してさまざまな知識や資格を持っていることで、臨機応変に対応ができ保護者の信頼や給与は変わるかもしれません。就職活動ではアピール材料にもなるでしょう。

保育の道で生きていくなら、専門性が欠かせない時代です。
さらにステップアップするための資格取得を目指せ、知識を身につけられるようカリキュラムを組んでいる本校で専門性の高い保育士を目指しませんか。

【広告企画】提供 : 青森明の星短期大学

この記事のテーマ
教育・保育」を解説

子どもの成長段階に応じたさまざまな保育・教育施設(保育園・幼稚園・小中高等学校・大学など)で、子どもたちを健康に成長させ、学習能力を高めるための教育方法を学びます。教育の歴史や教育理論、教育や保育に携わる専門職(教員や保育士など)になるための指導や手法を、実習を通して学びます。

「教育・保育」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける