「資生堂のイメージの固定化」を「デザイン」で解決!

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大20校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

「資生堂のイメージの固定化」を「デザイン」で解決!

2021.05.01

提供:御茶の水美術専門学校

メイン
テーマ

「資生堂のイメージの固定化」を「デザイン」で解決!

御茶の水美術専門学校(OCHABI)の産官学連携授業では、化粧品メーカーの資生堂が抱える課題解決に取り組みました。社会に存在する課題を発見する行為を「アート」、その課題を改善する行為を「デザイン」と呼び、両者をまとめて「クリエイティブ」と定義するOCHABI。はたして、資生堂にはどのような課題が存在し、学生たちはどのような解決策を見い出したのでしょうか。そこにあったのは、クリエイティブの学校ならではの柔軟な発想と感性でした。

この記事をまとめると

  • 企業や地域の課題解決に、デザインとアートが武器になる。
  • よい“目のつけどころ”が、よいアイデアにつながる。
  • 視野が広がり、ロジカルで柔軟な考え方が身に付く学びとは?

静的な資生堂に、動的な印象をプラスする。

産官学連携授業の成果発表会では、企業関係者にプレゼンテーションして、意見交換をします。

産官学連携授業の成果発表会では、企業関係者にプレゼンテーションして、意見交換をします。

御茶の水美術専門学校(OCHABI)の学生が、企業や行政機関をクライアントとして迎え、その出題にクリエイティブの力で応える産官学連携授業。ある回では、化粧品メーカーの資生堂から、「これからの消費行動をリードするアクティブコンシューマーをターゲットとした、動的な資生堂を印象付けるマーケティング企画」という課題が提示されました。

担当者はブランド方針について「今の資生堂は静的だ」と表現し、何か変化を取り入れる必要があると感じていました。実現したい目標は、時代に対応した「柔軟なブランディング」です。日頃からSDGsを意識したデザイン・アートで、社会のさまざまな課題解決に挑戦するOCHABIの学生たち。資生堂が新たな価値を世界に提供していくために、OCHABI生はその発想と感性で、どんなアイデアを生み出すことができるでしょうか。

既存ブランドINTEGRATEのターゲット拡張を提案。

プレゼンテーションをわかりやすくするためにモックアップも作成します。

プレゼンテーションをわかりやすくするためにモックアップも作成します。

着目したのは、メンズメイクでした。情報収集のため、化粧品売り場に行って現場を調査したり、メンズメイク商品の市場範囲や売り場をネットで調べたりしました。わかったのは、「メンズメイク市場は盛り上がりつつあるが、触れにくさがある」ということ。化粧品売り場への入りにくさ、メンズメイクブランドの店舗の少なさ(都心部に集中)など、女性と比べてメンズメイクの自由度は低く、その原因の一つに人の視線、つまり従来の性的価値観があると考えられました。

そこで、男女カップル(特に男性)に向けた、既存ブランドINTEGRATEのターゲット拡張プロモーションを提案。大型商業施設での個室完備のポップアップストア、男性俳優を起用するブランドCM、メイクのやり方をまとめたHow To Book。この3つの企画により、カップルがコスメを共有し、カップルに憧れる男性も真似るという効果を狙いました。

自分以外の価値観に触れ、企業のビジョンや課題を知ること。

プロジェクトチームは毎回メンバーが変わるので、クラスメイトの多様な価値観を知れます。

プロジェクトチームは毎回メンバーが変わるので、クラスメイトの多様な価値観を知れます。

資生堂からは、新ブランドの立ち上げではなく、売り方や価値観に着目したことを絶賛されました。もし、資生堂がより強くジェンダーの平等・自由を意識したプロモーションを行えば、美容市場全体に影響が及び、全ての人がメイクを楽しめる世界が早くに実現するかもしれません。

御茶の水美術専門学校の産官学連携授業は、企業が抱えるリアルな課題を学生がデザイン・アートで解決する授業です。チームメイトや先生とディスカッションを重ねながら企画を練る。その過程で、自分以外の人間の価値観に触れ、企業が見据える未来や課題を知り、視野は格段に広がります。そして、自分の周りにはどんな課題や需要があり、どんな行動を起こせばいいか、ロジカルで柔軟な考え方を身に付けることができます。成果発表会では企画ディスプレイの制作やクライアントへのプレゼンテーションも経験。プロジェクト全体を把握して動く感覚が養える授業です。

【広告企画】提供 : 御茶の水美術専門学校

この記事のテーマ
経済・経営・商学」を解説

「どうすればお互いにとって必要な物資が手に入れられるか」という単純な動機から始まった商取引。今後いっそう高度化する中で、どうすれば現状を正確に把握し最適な選択ができるかを探る学問です。単純に取引価格だけでなく、国家間の争いや異常気象などさまざまな要素を加味して考え、学んでいきます。

「経済・経営・商学」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「経営学」
はこんな学問です

主に企業の経営管理について研究する学問。企業は、働く人、設備や機械、資金などで構成されているが、さらに人に役割を与えて配置した組織、資金をどういう配分で使うかという戦略、顧客ニーズをどうつかむかという情報なども重要である。また、企業活動を方向付ける経営理念の研究は欠かせない。それぞれの企業が設定した理念が、意思決定の基準となるからである。そして、株主や取引先、地域社会との関係をどう管理していくかも研究の対象となる。

「経営学」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける