地域は本当に消滅してしまうのか?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大20校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

地域は本当に消滅してしまうのか?

2021.05.01

提供:九州国際大学

メイン
テーマ

地域は本当に消滅してしまうのか?

人口減少と少子高齢化によって地域や地方が衰退し、やがて消滅すると
言われています。多くの地方自治体では税収減で財政難に陥ったり、過疎化が進む限界集落では地域の担い手が不足しています。このコロナ禍の中でも観光客が減ったり、地域の商店街に人が集まらずシャッター街が広がっているところもあります。では、本当にこのまま地域は消滅に向かうのでしょうか。私たちにできることはないのでしょうか。

この記事をまとめると

  • 地域活性化 地域の持続可能性
  • 実習活動 地域の多様性 オンライン実習
  • 地方公務員 地域貢献企業

本やメディアに惑わされず地域の現場に足を運んで自分の目で確かめることが大事

九州国際大学法学部 花松 泰倫准教授

九州国際大学法学部 花松 泰倫准教授

地域といっても実に様々で、それぞれの地域の特性によって抱える問題も多様です。また、法学部でよく扱われる地方自治体は地域のアクターの一つに過ぎません。たとえ自治体が潰れても、その地域に住む人々の暮らしや文化が消えることはありません。行政に頼らない持続可能なまちづくりを試みる地域もあります。このような実態は、実際に地域の現場に足を運ばなければ把握できません。地域の持続可能性を解明する鍵は、本ではなく現場にあります。

離島、中山間地域、都市部といった 様々な地域で行う実習活動やコロナに負けない!地域とのオンライン実習

大学近くの黒崎商店街でのフィールド調 査

大学近くの黒崎商店街でのフィールド調 査

花松ゼミでは、地域の多様性を肌で感じるために様々なタイプの地域を訪問します。大学近くの黒崎商店街や国境離島である長崎県対馬市、豊かな山間地である福岡県八女市などで、行政や地域住民との交流を行っています。
また、このコロナ禍では地域への訪問が難しくなっています。そこで、学生が教室または自宅からZoomを駆使して自治体職員や地域住民と交流を図るオンライン実習を行っています。新しい時代に対応した地域社会との関わり方を学生自身が見つけ出そうとしています。

卒業生の多くは地方公務員や 地域貢献企業に就職

長崎県対馬市とのオンライン実習

長崎県対馬市とのオンライン実習

ゼミ生の多くが地域の現場で学んだことを活かして、行政と市民の協働によるまちづくりをサポートする地方公務員や、地域の持続可能性を高める事業を行う地域貢献企業に就職しています。

【広告企画】提供 : 九州国際大学

この記事のテーマ
環境・自然・バイオ」を解説

エネルギーや環境問題の解決など、自然や環境の調査・研究を通じて、人の未来や暮らしをサポートする仕事です。また自然ガイドなど、海や山の素晴らしさを多くの人に伝える仕事もあります。高い専門性を必要とする仕事なので、職業に応じて専門知識や技術を学び、資格取得や検定合格をめざす必要があります。

「環境・自然・バイオ」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける