子どもや美と健康の業界でも活躍中! 栄養士が今、大人気のヒミツとは!?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大20校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

子どもや美と健康の業界でも活躍中!
栄養士が今、大人気のヒミツとは!?

2021.04.01

提供:名古屋文理栄養士専門学校

子どもや美と健康の業界でも活躍中!
栄養士が今、大人気のヒミツとは!?

栄養指導や給食の管理を行う「栄養士」。仕事内容は、栄養バランスの取れた献立の作成や調理法の助言、実際の調理作業まで含まれます。飲食関連はもちろん学校や福祉施設、子どもや美容に関する領域でも求められる職種であり、いずれにおいても仕事にヤリガイを感じることが可能です。業界を問わず即戦力として活躍するためには、養成学校での実習体験が多いほど有利だと言えるでしょう。

この記事をまとめると

  • 栄養士は、2年制以上の養成校で取得できる国家資格
  • 幅広い業界・現場で活躍することが可能
  • 即戦力になるには、学生時代の豊富な実習が大切

栄養バランスの取れた献立作成から調理作業まで

みんなが知ってるつもりで、じつはあまり知られていないのが、栄養士という職業。ここでは仕事内容について、基本的なところからご紹介していきましょう。まず栄養士とは、科学的な知識技術に基づいて栄養指導や給食の管理を行う専門職のこと。具体的な役割としては、職場によっても異なりますが、栄養バランスの取れた献立の作成、調理法の助言、自ら調理作業にも取り組みます。
栄養士になるには免許(国家資格)が必要であり、厚生労働省認可の養成校で2年以上の知識と技能を修得することで取得できます。養成校を卒業後は、医療施設や小中高など各種の学校、福祉施設をはじめ、給食委託会社、食品関連会社などに就職可能。「食」と「栄養」に関わる幅広い分野で活躍できます。
人々の「健康」に対する意識が高まる中、栄養士として3年間の実務経験を経て、管理栄養士としてステップアップを目指す人も増えています。

育ち盛りの子ども、キレイになりたい女性のミカタ!

「食」と「栄養」の知識と技術で、健康を生み出す栄養士。その活躍フィールドは、飲食業界だけではありません。前述した学校のほか、保育園や幼稚園での給食つくりも大切な仕事です。子どもが苦手な食材を栄養士の知恵と工夫で残さず食べられた時、美味しくて栄養のあるおやつを食べた子どもの笑顔を見たときには、栄養士という仕事ならではの大きな喜びが味わえます。
また、意外に思うかもしれませんが、美と健康に関連する業界でも多くの栄養士が活躍しています。体の外側だけでなく、内面からの健康的な食生活のサポートを行います。
園に通う子どもたちから「おいしかった、ありがとう!」、お客様から「健康的にキレイになれたのはアナタのおかげ!」といった声を聞けるのが人気の理由です。

年間400時間以上の実習授業で、現場で使えるスキルを養成

長寿社会を背景に健康志向が高まる中、熱い視線を集めているのが栄養士の養成校。なかでも卒業後、即戦力として活躍できる人材育成で高い評価を獲得しているのが「名古屋文理栄養士専門学校」です。実験室や実習室、コンピュータ教室、視聴覚教室、図書館などの施設が充実。設備を存分に活かした実習中心の指導で、現場での実践力を強化しています。栄養・食品の知識に加え、医学に基づく栄養管理の技術をもとに、人々の健康増進と食生活の改善に貢献できる栄養士を育成していることが特長です。
注目すべきは「年間400時間」を超える実習授業。学校や各種団体で給食を作る技能が身に付きます。また、献立立案という授業では、メニューの作り変えのトレーニングに力を入れています。これは病気ごとに献立を変える病院食にも対応するためで、名古屋文理栄養士専門学校ならではの取り組みです。

【広告企画】提供 : 名古屋文理栄養士専門学校

この記事のテーマ
食・栄養・調理・製菓」を解説

料理や菓子などの調理技術を生かしてサービスを提供したり、栄養に関する知識を生かして豊かな食生活を提供したりする仕事です。栄養に関する知識はもちろん、メニュー開発や盛りつけ、店のコーディネートに関するアイデアやセンス、食材や飲料に関する幅広い知識も求められます。

「食・栄養・調理・製菓」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「栄養士」
はこんな仕事です

給食施設において栄養指導や食事管理を行うのが仕事。業務内容は幅広く、例えば、学校では栄養バランスや予算を考慮した給食の献立を考え、調理担当者への調理指導から食材の仕入れ先の選定まで担当する。病院では、患者の食事管理・栄養指導が主な仕事となり、医師や看護師と相談しながら食事メニューを決めるなどして患者の健康を支える。企業では、社員への給食業務の他、加工食品や飲料の新商品開発に携わることも。食と栄養の知識を駆使し、さまざまな人の健康をサポートするのが役目だ。

「栄養士」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける