「家庭ごみが原因の食品ロス」を「食物学」で解決!

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大20校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

「家庭ごみが原因の食品ロス」を「食物学」で解決!

2021.05.01

提供:愛国学園短期大学

メイン
テーマ

「家庭ごみが原因の食品ロス」を「食物学」で解決!

みなさんは「食品ロス」という言葉を聞いたことがありますか?飲食店やコンビニでの廃棄されるシーンが印象的な食品ロス問題ですが、実は食品ロスの大半が、家庭からの廃棄なんです。愛国学園短期大学では、そんな家庭から出される食品ロス問題の解決のために、様々なアプローチを行っています。今回の取り組みは、なんと『カレー』!?学生が挑んだ取り組みをご紹介します。

この記事をまとめると

  • 社会問題となっている食品ロス。その大半は家庭での廃棄だった!
  • 食品ロス問題を改善する切り札は、みんなが大好きなカレー。
  • 地域に密着した家政系短大だからこそできること。

家庭から生まれている食品ロス問題を解決せよ!

食べ残しや売れ残り、賞味期限切れ……さまざまな理由から、まだ食べられる食品が廃棄されてしまう食品ロス。日本の食品ロスの量は、年間600万トンを超えるとも言われており、大きな社会課題となっています。しかも、その50パーセント弱は家庭から排出されており、市民レベルでの取り組みが急務となっているのです。そこで、日々「食」や「栄養」について学んでいる愛国学園短期大学の「家政科 食物栄養専攻」の学生が、カレー関連の商品を幅広く展開しているハウス食品の協⼒のもと、カレーでできる食品ロス削減に貢献するプロジェクトに他短大2校と連携して参加しました。作り方も簡単で、さまざまな食材を有効に活用することができるカレーのポテンシャルに着目した取り組みです。家政系の短期大学として食に関連するカリキュラムを充実させ、地域との連携も進めている愛国学園短期大学には、地域や社会に対してプロジェクトの価値を波及させていく役割が期待されました。

レシピ開発~動画配信まで。食品ロス削減×カレーの可能性を発信

小松菜の根元まで使った”ムダなしカレー!~地産地消を考える~“

小松菜の根元まで使った”ムダなしカレー!~地産地消を考える~“

プロジェクトでは、「食品ロス削減に貢献したくなるカレー」をテーマにハウス食品のカレールウを活用したレシピを開発し、プレゼンや実演を含む3校対決⽅式によるコンテストを行うことに。まずは授業で各自課題に取り組み、その後1・2年生混合のチームを5つ編成。食品ロスの調査結果や自身の実体験などを話し合ってレシピを考案し、チームごとにプレゼンや実演の練習を重ねていきました。最終的に本学からの代表として、小松菜を葉から根元までくまなく使用した「ムダなしカレー!~地産地消を考える~」が選出。コロナウイルスの影響により、学校給食に使用される江戸川区特産の小松菜が大量に余ってしまったことに着目したレシピで、食品ロスだけではなく地産地消も期待できることがポイントになっています。コンテストの特設サイトでは食品ロス問題やカレーがもつ可能性、優勝レシピが決定するまでの過程などを動画で情報配信することで、世の中に対して興味を喚起していく工夫が行われました。

地域社会の課題に取り組む学生のチャレンジを力強く支援!

従来から江戸川区と連携し、食品ロス削減をテーマにした「食べきりレシピ」の提案や区内で子育て支援活動をする協会の情報新聞へのレシピ提案など、地域に根ざした社会貢献活動を展開している愛国学園短期大学。学長をはじめとする教職員とも距離が近く面倒見のよい学風を活かして社会課題に挑戦する学生のチャレンジを後押ししてきました。今回のプロジェクトでも、リサーチやレシピ開発、企業へのプレゼンまで、自ら主体的に取り組むことで社会人基礎力や自己効力感など社会で必要となる力を身につけていく学生も多くいました。特に「他者からの評価に耳を傾けることで自己満足に陥らない」「試作を繰り返しながらチームでひとつのものを完成させていく」といった能力は、将来社会人になって他者と協働する際には欠かすことができません。プロジェクトを通じてこれらの能力を学生一人ひとりが養うことにもつながっています。

【広告企画】提供 : 愛国学園短期大学

この記事のテーマ
栄養・食物」を解説

生きるためだけではなく、よりよく健やかな毎日を支えることが、栄養・食物を学ぶ目的です。栄養学は食物に含まれる栄養素や、生理学の知識をふまえた栄養指導法を学びます。食物学では人によって摂取しにくい食材を食べやすくしたり、よりおいしく食べるための調理方法の研究なども行います。

「栄養・食物」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「食物学」
はこんな学問です

栄養や食品について専門知識を学び、科学的な視点から食の問題を解決するための学問。食品学、栄養学、調理学を総合的に用いて研究を行う。食品学の視点からは、成分や加工についての専門知識を学び、栄養学の視点からは食品が人の身体にもたらす影響について学ぶ。また、調理学からは加熱や冷凍など食品成分の変化や味について学び、総合的な専門性を身に付ける。生活との関連性が強いことから、家政学、生活科学を併せて学ぶことも多い。

「食物学」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける