見せ方を少し変えるだけで伝わり方が大きく変わる! 言葉の壁も超える、インフォメーションデザインとは?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大20校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

見せ方を少し変えるだけで伝わり方が大きく変わる!
言葉の壁も超える、インフォメーションデザインとは?

2021.04.01

提供:大同大学

見せ方を少し変えるだけで伝わり方が大きく変わる!
言葉の壁も超える、インフォメーションデザインとは?

たとえば、外国のお土産でもらったインスタントラーメンのパッケージ。何が書いてあるかはわからないけど、どれくらいのお湯で何分茹でればいいのかだけでなく、どんな味かまでわかった。こんな経験、あなたにもありませんか?また、旅行先で案内所を探すときには、無意識のうちに「?」マークの看板を探していませんか。パッと見るだけで、何をどうすればよいのかがなんとなく分かり、目的に正しくたどり着く。この“なんとなく”のカギを握るのが、インフォメーションデザインと呼ばれる「伝える」ためのデザインです。

この記事をまとめると

  • 伝えたいことを言葉だけで伝えるって、実は至難の業。
  • インフォメーションデザインに、センスの有無は関係ない!
  • デザイナーのリアルを学生のうちに体験し、実践的デザインを知る。

言葉の限界を、ひとつのピクトグラムで超えられる!

「営業・休業...」or「営業を〇・休業を-...」どちらがわかりやすい?

「営業・休業...」or「営業を〇・休業を-...」どちらがわかりやすい?

インフォメーションデザインとは、「物事をわかりやすく伝える」ことに主眼を置いたデザインのこと。1990年代ごろから急速に発展してきた、まだまだ新しいデザイン分野です。インフォメーションデザインのなかでもわかりやすいのが、ピクトグラム。人物や場所の特徴をシンプルな記号で表現したもので、私たちの身近でいうとトイレや非常口のサインに使われている、あのイラストと記号が合わさったようなマークのことです。インフォメーションデザインによるコミュニケーションの速さとわかりやすさは、言葉以上と言っても過言ではありません。たとえば風邪薬のパッケージに、妊婦さんのピクトグラムの上に大きく赤い×がついていると、「これは妊娠している人は飲んではいけない」という情報が、外国人旅行者などの日本語が読めない人にでも、直感的にわかります。どれだけ文字や言葉で説明してあっても、その言語を知らない人には伝わらない。この言葉の壁を超える力が、ピクトグラムをはじめとしたインフォメーションデザインにはあります。

インフォメーションデザインは、センスや美的感覚に左右されない。

「誰に、何を伝えたいのかを意識することが大切」と語る桐山先生。

「誰に、何を伝えたいのかを意識することが大切」と語る桐山先生。

ところで、デザインを学ぶには美的感性やセンスが必要ではないか、と思っている人も多いのではないでしょうか。しかし、インフォメーションデザインには、実はセンスの有無はそれほど重要ではありません。なぜなら「情報+デザイン=伝わりやすくなる」という、足し算・引き算のような理論で語れるデザインでもあるからです。「この種類の情報を伝えるときは、こうすれば伝わりやすい」という理論に従ってデザインすれば、経験や勘といったものに頼ることなく、誰もが伝わりやすいデザインを作ることができる。それがインフォメーションデザインの大きな特徴でもあります。現在まだ言葉や文字頼りの分野にインフォメーションデザインが浸透すれば、さまざまなシーンで物事が直感的かつ正確に理解できるようになるでしょう。そうすれば、「買いたい商品があるけど、ショッピングサイトの構造が複雑で見つけられなかった」というような、今まで逃していた販売機会を獲得して、売上アップにもつながるかもしれません。しかし、インフォメーションデザインにおいては理論の他にもうひとつ、とても大切なことがあります。

作品ではなく、製品を作る。誰かのためのデザインであること。

学生が考案した資格対策講座のパンフレット。選ばれたのはどちら?

学生が考案した資格対策講座のパンフレット。選ばれたのはどちら?

「伝えたい情報を、伝えたい相手に、いかにわかりやすく伝えるか」を研究しているのが、大同大学情報学部情報デザイン学科で、インフォメーションデザインを研究する桐山先生です。メインの研究テーマはPowerPointなどを使って作るプレゼンテーションスライドのデザインですが、現在はグラフィックデザインの力を情報発信に取り組んでいこうと、情報デザイン学科の学生たちに声をかけ、大同大学が発行しているパンフレットなどの制作に携わってもらっています。学生たちは大学、つまりクライアントにどんな冊子をいつまでに作りたいかをヒアリング。その後デザイン案をまとめ、プレゼンテーションします。学生たちが一番良いと思っていた案が、不採用になることも。厳しい現実を突きつけられるこの体験こそが、学生にとって大きな気づきになるのです。「自分が作りたいものを作る“作品”ではなく、相手が求める“製品”を作るという意識で臨むことが大切です」と桐山先生。情報を届けたいターゲットファーストで考えること。これこそが、インフォメーションデザイン成功のカギなのです。

【広告企画】提供 : 大同大学

この記事のテーマ
芸術・表現・音楽」を解説

最近では、国内外を問わず活躍し、高い評価を受けているクリエイターが多くいます。絵画や造形、声楽や楽器演奏、演劇や芝居、マンガやアニメーションなど、さまざまな芸術分野で多くの人を感動・共感させる感性や技術を磨きます。また、それを裏打ちする理論や歴史を学び、指導者や研究者としてのスキルも高めます。

「芸術・表現・音楽」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「デザイン」
はこんな学問です

物や空間をデザインするための技法と創造力を養う学問。広告、服飾、雑貨、建築物、環境、空間など、あらゆるところにデザインは必要で、分野としては「ビジュアルデザイン」「プロダクトデザイン」「スペースデザイン」「テキスタイルデザイン」などがある。美しさだけではなく、使いやすさなどの機能性が求められる点で、絵画・彫刻とは異なる。現在では、デジタル時代に対応した制作物も出ており、常に最新の文化とともに変化していく学問といえる。

「デザイン」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける