「人材不足」を「情報工学」で解決!

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大20校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

「人材不足」を「情報工学」で解決!

2021.05.01

提供:新潟工科大学

メイン
テーマ

「人材不足」を「情報工学」で解決!

IoTという言葉を聞いたことがありますか?IoTは、「モノのインターネット化」とも呼ばれ、さまざまなモノがインターネットで繋がる状況を指す言葉です。この技術を社会課題解決に結びつけるために、新潟工科大学は地域のものづくり企業を支援するIoT機器を製作しています。

この記事をまとめると

  • ものづくり産業の人材不足に、IoTで活路を見出す。
  • 必要な時に、必要な量だけ……植物の水やりを最適化するIoT技術。
  • 試行錯誤を繰り返し、社会で通用する人材へ。

ものづくりの街に、IoTを。

少子高齢化の影響で課題となっている企業の人材不足。特にローカルエリアでは状況が深刻化しています。新潟県柏崎市では、ものづくり産業の人手不足に直面し、技術を継承する人材の雇用や新たなビジネスの創出が急務となっています。新潟工科大学情報機器応用研究室では、情報産業の振興に取り組んできた柏崎市の歴史に注目し、「地域社会におけるIoT(Internet of Things=建物や家電製品などさまざまなモノがネットワークを通じて相互に情報交換する仕組み)の実装」を研究テーマにしました。「柏崎IoT推進ラボ」と呼ばれるプロジェクトでは、この優れた情報産業技術を活かし、ものづくり企業に対するIoT・AI技術導入支援、サプライチェーン全体の最適化や高度IT人材やIoT・AI活用人材の育成、産業横断的な相乗効果によるスマートファクトリ―の実現を目標に取り組んでいます。

自己満足に陥らない、ニーズにあった技術の提供を。

▲様々な視点から、ニーズを満たしたシステム構成を考えます。

▲様々な視点から、ニーズを満たしたシステム構成を考えます。

「柏崎IoT推進ラボ」の活動の一環として、柏崎市内の企業から相談を受け、IoT機器の試作開発を行っています。その一つである「ハウス栽培における土壌水分の見える化」では、ハウス栽培を行っているバナナの木の根元に水やりをしてから土が乾くまでの状況を把握し、ハウスに適用可能な土壌水分モニタリングシステムを開発しています。見える化により、必要な時に必要な量だけ水をやることができるので、節水効果を期待できます。またデータの分析により、誰もが同じ品質で栽培できる手順データを作成し、農法をデータとして次世代に引き継ぐことも可能です。開発にあたっては、現地を視察し、ハウス内のバナナの木の配置や電源の取口、インターネット通信環境等を調査したり、企業の担当者との協議によって観測条件を決定するなど、システムを使用する方の立場で仕様を決めていきます。技術の押し付けにならないよう、ニーズへ的確に応えていきます。

新潟工科大学での研究を通して、社会人基礎力を身につける。

▲実際のハウスの様子。現地を訪れ、現場を知るのも大切な過程です。

▲実際のハウスの様子。現地を訪れ、現場を知るのも大切な過程です。

今回の土壌水分モニタリングシステムでは、土壌水分を計測する観測子機をハウス内に数箇所設置し、観測データを集約する観測親機を1台設置する構成にしています。試験を行った結果、各観測子機はソーラーパネルで自己発電し、設定した時間間隔で観測データを送信していることを確認。今後は観測子機の数をさらに増やし、適切に観測データを収集できるようにします。情報機器応用研究室では「地域社会におけるIoTの実装」のほか、「小水力発電に関する研究」や「小学校におけるプログラミング教育に関する研究」を実施。いずれのテーマも学外の企業や学校、自治体等と連携する必要があり、今まで学んだ知識だけで対応できないケースもあります。このような場合でも目標を見失わず、試行錯誤を繰り返す努力を怠らないことが大切です。本学では、こうした社会人に求められる基礎力=「NIIT人間力」が身につく教育をめざしています。

【広告企画】提供 : 新潟工科大学

この記事のテーマ
情報学・通信」を解説

情報通信産業には、通信業、放送業、情報サービス業、インターネット付随サービス業、映像・音声・文字情報制作業の5分野があります。中でも注目されているのが、インターネットに代表される情報通信工学。政治や経済、日常生活など、情報化社会のあらゆる面でますます必要とされる、活躍の場の広い学問です。

「情報学・通信」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「情報工学」
はこんな学問です

情報工学の研究対象は、コンピュータ端末のハードとソフトに始まり、情報通信を数学的に考察する情報理論、さらにさまざまな通信技術、マルチメディア技術に及ぶ。研究する分野も幅広く、コンピュータを設計してコンピュータシステムを構築する「計算機工学」、情報システムの設計・プログラミング・データベースなどを扱う「ソフトウェア」、現実の問題をコンピュータと数学を用いて解決する「数理情報工学」などがある。

「情報工学」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける