社会的に孤立した人を見逃さない! 保健師と地域が連携する見守りシステム

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大20校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

社会的に孤立した人を見逃さない!
保健師と地域が連携する見守りシステム

2021.05.06

提供:四日市看護医療大学

社会的に孤立した人を見逃さない!
保健師と地域が連携する見守りシステム

核家族化が当たり前になり、特に都市部では昔ながらのご近所づきあいも少なくなっています。四日市看護医療大学 看護医療学部 看護学科 多次淳一郎先生は、ましてや極力人との接触を避けなければならないコロナ禍という時代で、“社会的孤立”が問題視されていると言います。その問題解決にあたって「保健師」がいかに重要かを見ていきましょう。

この記事をまとめると

  • 保健師の仕事と役割とは
  • “きざし”を把握するための連携システム
  • 10年後のまちづくりのために保健師が必要なわけ

社会的孤立の問題が明らかに。その中で保健師の役割とは。

今、困りごとの相談や、ちょっとした助けを求める身近な存在がいない、いわゆる社会的孤立状態にある人が増えています。社会的孤立は心身の健康問題や孤独死とも関連し、特に高齢単身世帯や夫婦だけの世帯が増えている昨今で重要な課題です。そこで期待されているのが「保健師」です。保健師は、看護師に比べてその役割を正確に理解している人が少ないようですが、地域の健康課題を把握し、予防的に介入する介護専門職と位置付けられています。
四日市看護医療大学 看護医療学部 看護学科の多次淳一郎先生は、予防的に介入するために、異変があらわれる前のきざしの時点での状況把握が重要だと言います。しかし保健所や保健センターなどの行政機関に所属する保健師の限られた人員体制で、地域全員を把握することは不可能です。これまでその役割を補完していたご近所づきあいが希薄となった今、保健師が違う形で地域と関わっていくことが求められています。

民生委員や自治会役員と連携し、見守りのシステム化をめざす

多次先生は、地域住民同士で見守る体制づくりを目的として、見守りのおもな担い手である「民生委員」への調査を実施。彼らが今どんな活動をしているのか、またどんな支援を求めているのか、実態を把握することから始めています。その上で、民生委員を中心に、見守りの質を高めてもらうような研修会を開いたり、どのような“きざし”があれば保健師へ連絡するのかなど、民生委員と保健師とのネットワークを構築し、システム化をめざして動き始めたところです。一方で、「高齢者の増加に伴い、以前は保健師が行なっていた訪問入浴も、今では民間業者が請け負っており、住民と保健師との距離ができてしまった」と語る多次先生。研究室では、こうした昔ながらの保健師と住民との良好な関係性を維持しつつ、まったく新しいシステムにより、地域全体の見守りの質を高めるために何をするべきかを考え、実践しています。

地域全体で互いを見守り、支えていく

保健師の役割は「みて、つないで、動かす」と言われます。多次先生は、地域に潜む問題を見つけ、地域で支援を頑張る人同士をつなぎ、最後に住人たち自ら健康づくりのために協力して、町ぐるみで取り組めるようにサポートすることが大事だと語ります。一例として、東日本大震災の時、住民の食事バランスがよくないと相談を受けた町の保健師は、婦人会と一緒に食事の塩分濃度を調査。地域の人に注意を呼びかけたそうです。このように、問題になる前に課題を見つけ出すことが特に重要だと多次先生は言います。10年後は団塊世代が80代に突入します。現在のスキームでは地域全体で高齢者を支えることは困難で、これからは元気な高齢者が後期高齢者を支えていかなければコミュニティは成り立ちません。そのために、支援する人と保健師との連携は今以上に重要となり、いつまでも自分の町で生きていくため、保健師が果たす役割はますます大きくなります。

【広告企画】提供 : 四日市看護医療大学

この記事のテーマ
医学・歯学・薬学・看護・リハビリ」を解説

高齢化社会では、長生きするだけでなく健康でいることが何よりも重要です。病気やけがなどによる身体・生理機能の変化を探り、元気に生活できるように治療するのが、医師、薬剤師、看護師、理学療法士などの専門家の役割。専門的知識と技術を身につけ、チームとして連携することで医療の質を向上させる方法を学びます。

「医学・歯学・薬学・看護・リハビリ」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「看護学」
はこんな学問です

看護学は、看護師などを養成するための学問である。具体的には、専門科目は「基礎看護学」「臨床看護学」「地域看護学」の3つの科目から構成されている。「基礎看護学」はすべての学習の基本となる看護理論と看護技術を学ぶ。「臨床看護学」では実際に患者と接する臨床という場を視野に入れた看護理論を扱う。「地域看護学」はさまざまな生活スタイルや病状の患者が混在する地域社会の中で患者の生活の質を上げていく看護理論を学ぶ。

「看護学」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける