TOEICの目的はスコアアップじゃない!? プロセスが社会で必要なスキルとなる。

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大20校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

TOEICの目的はスコアアップじゃない!?
プロセスが社会で必要なスキルとなる。

2021.05.01

提供:岐阜聖徳学園大学

TOEICの目的はスコアアップじゃない!?
プロセスが社会で必要なスキルとなる。

「メディアリテラシー」が課題とされる現代社会。今後、よりグローバルな舞台で活躍していくために、情報を整理する力はもとより、自らの意見を発信する力を強化することが求められています。そのための教材として取り上げられているのがTOEIC。なぜTOEICが発信力に役立つのか、実際にゼミで行われている取り組みについて紹介します。

この記事をまとめると

  • 勉強方法を電子書籍にして出版。
  • 学び合い教え合うことが、スコアアップの起爆剤に。
  • 継続力、戦略力、効率力が身に付く。

発信スキルの向上を目的に、電子書籍の出版を目指す。

岐阜にいながらグローバルな環境が、モチベーション維持を支える。

岐阜にいながらグローバルな環境が、モチベーション維持を支える。

日本人は「情報発信が苦手」と言われます。最近ではSNSで発信する機会が増えたとはいえ、「事実と意見」を明確にして発信できる人は少ないのが現状です。主観に偏りすぎていて、発信内容を見ただけでは事実がどこにあるのかわからないこともあります。外国語学部の宮原ゼミでは、学生に、英語力を身に付けるだけでなく情報の「発信力」を高めてもらいたいと、TOEICを教材としてみんなでスコアアップを目指しつつ、その勉強方法を、電子書籍にして出版するというゼミ活動を行っています。

TOEICの学習方法を発信し合うことの意義

じっくり勉強に没頭できる学内環境が、戦略の熟慮を支える。

じっくり勉強に没頭できる学内環境が、戦略の熟慮を支える。

TOEICを教材としているのは、スコアという明確な目標を立てやすいこと、就職活動にも活かされること、さらに社会人になってからも関わる機会が多い試験だからです。いかにスコアアップするか、その学習方法を、ゼミ生全員がスマホで記録し、定期的にチャットツールを使って発信します。勉強方法を公開し合うことによって、ゼミ内での学び合い、教え合いというコミュニティができ、これがスコアアップの起爆剤になります。また、学習意欲の向上や効率のいい学習方法の発見にもつながります。

学びに必要な力を培うことが社会での活躍に繋がる。

仲間の刺激がある学習環境が、自分の特性発見を支える。

仲間の刺激がある学習環境が、自分の特性発見を支える。

スコアアップのために学び、効果的な勉強法を電子書籍にして出版する過程を通じて、社会で必要な3つのスキルを獲得できます。まず「継続力」、自分の特性を生かしてモチベーションを維持する方法が身に付きます。次に「戦略力」。戦略を立てて取り組まなければ大幅なスコアアップは不可能です。そして「効率力」。仲間と比較し工夫することで、自分にとって効率の良い方法を見つけることができます。これらは、社会に出てからも一生続いていく学びにおいて、大いに役立つ力となります。

【広告企画】提供 : 岐阜聖徳学園大学

この記事のテーマ
語学・外国語」を解説

言語は思考の原点です。世界中の言語の数だけ異なる考え方や文化が存在し、幸福に暮らすには相互理解が欠かせません。その架け橋となるのが語学です。言語の成り立ちや文法、発音などの特徴を研究し、外国語によるコミュニケーション能力を高めることで、国際人としてのグローバルな視野を養います。

「語学・外国語」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「語学(外国語)」
はこんな学問です

専攻する言語を選び、その言語を高いレベルで使いこなせる能力を習得する学問。文法や構造、意味など言語学的な観点からの研究のほか、各言語が使われる地域の歴史や政治、文化なども研究することで、世界への理解を深めることにもつながる。また、言語社会心理や言語教育などより深く踏み込んだ視点からの応用研究を行う学校もある。古典小説などの読解力よりも、実用的な語学力に重点を置く学校が多い。

「語学(外国語)」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける