スポーツで社会課題を解決! スポーツ思考がビジネスで活用される時代へ。

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大20校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

スポーツで社会課題を解決!
スポーツ思考がビジネスで活用される時代へ。

2021.05.01

提供:びわこ成蹊スポーツ大学

スポーツで社会課題を解決!
スポーツ思考がビジネスで活用される時代へ。

スポーツの仕事といえば、プロスポーツ選手やマネージャー、試合開催を支えるスタッフなど、プロスポーツに携わる仕事をイメージしがちです。しかし、ビジネスや街おこしにもスポーツの力が生かされていることをご存じでしょうか。スポーツで集客を図るビジネスプランや地域の人々をつなぐスポーツイベントなど、内容はさまざま。多様なテーマとスポーツをコラボレーションさせることで、仕事のフィールドはぐんと広がります。早速、スポーツを用いて社会課題の解決に取り組んでいる、びわこ成蹊スポーツ大学の研究について見ていきましょう。

この記事をまとめると

  • 「スポーツ・エンタテインメント」は経営戦略に生かせる。
  • スポーツは地域社会の人々をつなぐ架け橋になる。
  • スポーツを用いて新しいビジネスを生み出せる人が求められている。

音楽や演劇のように、スポーツを楽しむ時代へ

「スポーツ・エンタテインメント」とは、音楽や演劇と同じように、スポーツを通じて人々に喜びを提供することです。日本では競技イメージの強いスポーツですが、海外ではアフターファイブをスポーツの時間にあてたり、試合の合間にショーが実施されたりということが日常的に行われており、スポーツをエンタテインメントとして楽しむ文化が根付いています。
近年は日本でも、アーティストのコンサートと野球の試合を同時開催するなど、「スポーツ・エンタテインメント」の取り組みが見られるようになりました。
ビジネスシーンだけではありません。核家族化や人口減少など数々の課題を抱える市町村では、人々をつなぐコンテンツの1つとしてスポーツを取り入れています。少子高齢化が進むこれからの時代は、地域に合ったスポーツを提案できる企画力やスムーズな運営を行うことのできるマネジメント力がますます求められるようになるでしょう。

地域課題×スポーツ×創造力が、新しいサービスを生み出す

人口減少や少子高齢化といった社会課題をスポーツで解決する研究を進めているのが、びわこ成蹊スポーツ大学スポーツ学部の石井智教授です。ご自身が企業の社会人野球チームで活躍されていた経験から、プロスポーツ引退後のあり方に疑問を感じ、長年のスポーツ経験を別のジャンルで生かすことはできないかと研究に身を投じるようになったそう。
「トップアスリートと接した子供は『世界で活躍できる人になりたい』と夢を抱きます。本物から学べる機会の創出は、日本の教育にとって非常に有意義だと言えるでしょう。スポーツの魅力を多面的に捉え、スポーツで何ができるかを追究してください」と石井教授は学生に指導。石井教授はこれまでに「メダリストによる地域に根差した運動・陸上クラブ」の立ち上げや、「<スポーツ・健康><歴史・文化><食・ガストロノミー>のコラボレーションによる街おこし」を企画し、成功へと導いてきました。

学生の企画がビジネスプランコンテストに入賞

2018年度には、学生グループが「ドッグスポーツを活用した健康寿命延伸プロジェクト」を企画し、創業を目指す人を対象にした『しがニュービジネスプランコンテスト2018』で見事入賞を果たすことができました。
野良犬の殺処分という課題に向き合った彼らは、保護犬と人を「散歩」でつなぐことによって、保護犬のケアと人の運動不足を解決する企画に仕上げました。
スポーツビジネスコースでは、スポーツ観戦者の心理行動特性を測定・分析してマーケティングに生かす『スポーツビジネス専門演習』や、スポーツの価値や収益性を高める施設利用方法を知る『スポーツ施設イベントマネジメント』などの学びを通して、企画立案に必要な知識やスキルを修得できます。
「スポーツのみならず、目標を持って実現した経験のある方、達成に向けて努力した経験のある方ならやりがいを持って学べる分野です」と石井教授。スポーツでサービスを生み出せる人材が待ち望まれています。

【広告企画】提供 : びわこ成蹊スポーツ大学

この記事のテーマ
体育・健康・スポーツ」を解説

病気やけがの予防、治療後のケアを通して、人々が健やかに暮らせるようにするのが健康学の考え方です。食生活や運動、心理状態、検査やリハビリテーションなど、学ぶ内容は多岐にわたります。体育やスポーツは、健康維持の身近な方法を学ぶとともに、競技技術の向上、メンタルや栄養、指導者としてのスキルも学びます。

「体育・健康・スポーツ」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「スポーツ学」
はこんな学問です

スポーツが身体にもたらす影響を中心に、コーチング理論やスポーツを取り巻く環境まで科学的に考察、研究する学問。身体活動との関わりについては、医学、生理学、栄養学など、さまざまな観点から科学的に研究する。コーチングの理論や手法については、心理学など関連諸学も交えて学習。スポーツ環境については、施設経営などのマネジメントやマーケティング論も学ぶ。競技指導者の育成については専門のコースを設置している場合もある。

「スポーツ学」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける